みて み ぬ そ ぶり め つぶし て しまえ - ガラムを30年ぶりくらいに吸ってみた的な話

て そ つぶし め み みて ぶり しまえ ぬ 視テ見ヌ素振リ眼潰シテシマヘ

たのしい万葉集: 萩(はぎ)

て そ つぶし め み みて ぶり しまえ ぬ たのしい万葉集: 萩(はぎ)

て そ つぶし め み みて ぶり しまえ ぬ うちなーぐち辞典 沖縄弁を学んでうちなーぐちを楽しみましょう

て そ つぶし め み みて ぶり しまえ ぬ たのしい万葉集: 萩(はぎ)

て そ つぶし め み みて ぶり しまえ ぬ 検索してはいけない言葉に【見テ見ヌ素振リ目潰シテシマヘ】というものがあるの

て そ つぶし め み みて ぶり しまえ ぬ 泉鏡花 沼夫人

ワクチン接種後の発熱や倦怠感「普通にみられる反応、安心してOK」 接種後データ集める三重病院

て そ つぶし め み みて ぶり しまえ ぬ ガラムを30年ぶりくらいに吸ってみた的な話

て そ つぶし め み みて ぶり しまえ ぬ 拾遺和歌集/巻第十六

て そ つぶし め み みて ぶり しまえ ぬ 鈴木三重吉 古事記物語

ガラムを30年ぶりくらいに吸ってみた的な話

て そ つぶし め み みて ぶり しまえ ぬ ガラムを30年ぶりくらいに吸ってみた的な話

後撰和歌集/巻第一

ワクチン接種後の発熱や倦怠感「普通にみられる反応、安心してOK」 接種後データ集める三重病院

上では、 俯向 ( うつむ )きさまに、髪が揺れたが、唇の色が燃え、得も言われぬ 微笑 ( ほほえ )みして、 「変った処で……あんまりだから、お化だと思うでしょう。 途端に 白布 ( しろぬの )の包は、草に乗って一つ動く。 命はその者を 呼 ( よ )びよせて、 「おまえは何者か」とお聞きになりますと、 「私はこの地方の神で 宇豆彦 ( うずひこ )と申します」とお答えいたしました。 みんなは、命が、 「さあ、今だ、うて」とお歌いになると、たちまち一度に太刀を 抜 ( ぬ )き放って、 建 ( たける )どもをひとり残さず切り殺してしまいました。 その太刀と弓矢をもって、そちのきょうだいの 八十神 ( やそがみ )どもを、山の下、川の中と、逃げるところへ追いつめ切り 払 ( はら )い、そちが国の神の 頭 ( かしら )になって、 宇迦 ( うか )の山のふもとに御殿を立てて住め。 その泣く声が風にはこばれて、大空まで聞こえて来ますと、若日子の父の 天津国玉神 ( あまつくにたまのかみ )と、若日子のほんとうのお嫁と子供たちがそれを聞きつけて、びっくりして、下界へおりて来ました、 [#「おりて来ました、」はママ]そして泣き泣きそこへ 喪屋 ( もや )といって、死人を寝かせておく小屋をこしらえて、がんを 供物 ( くもつ )をささげる役に、さぎをほうき持ちに、かわせみをお 供 ( そな )えの 魚 ( さかな )取りにやとい、すずめをお供えのこめつきに 呼 ( よ )び、きじを泣き役につれて来て、 八日 ( ようか ) 八晩 ( よばん )の間、若日子の死がいのそばで楽器をならして、死んだ 魂 ( たましい )を 慰 ( なぐさ )めておりました。 伊弉諾神 ( いざなぎのかみ )は 永 ( なが )い間戸口にじっと待っていらっしゃいました。 それは、 「 蝦夷 ( えびす )どもをたいらげながら、 常陸 ( ひたち )の 新治 ( にいばり )や 筑波 ( つくば )を通りすぎて、ここまで来るのに、いく夜寝たであろう」とおっしゃるのに対して、 「かぞえて見ますと、 九夜 ( ここのよ )寝て 十日目 ( とおかめ )を迎えましたのでございます」という意味でした。 すると 大多根子 ( おおたねこ )は、 「私は 大物主神 ( おおものぬしのかみ )のお 血筋 ( ちすじ )をひいた、 建甕槌命 ( たけみかづちのみこと )と申します者の子でございます」とお答えいたしました。 これをすっかり 亡 ( ほろ )ぼしたいと思うならば、 大多根子 ( おおたねこ )というものにわしの 社 ( やしろ )を 祀 ( まつ )らせよ」とお告げになりました。 しかしこの皇子は、後にすっかりご 成人 ( せいじん )になって、長いお下ひげがお 胸先 ( むねさき )にたれかかるほどにおなりになっても、お口がちっともおきけになりませんでした。 しかし皇后のほうでも、天皇がきっとそんなお 企 ( くわだて )をなさるに違いないと、ちゃんとお感づきになっていましたので、そのときの用意に、前もってお 髪 ( ぐし )をすっかりおそり落としになって、そのお毛をそのままそっとお 被 ( かぶ )りになり、それからお 腕先 ( うでさき )のお 玉飾 ( たまかざ )りも、わざと、つなぎの 緒 ( ひも )を 腐 ( くさ )らして、お腕へ 三重 ( みえ )にお巻きつけになり、お 召物 ( めしもの )もわざわざ酒で腐らしたのをおめしになって、それともなげに皇子を 抱 ( かか )えて、とりでの外へお出ましになりました。 その時ふっとまた、 褄 ( つま )の水に映るのが、 薄彩色 ( うすさいしき )して目に見えたが、それならば、夢になろう、夢ならば、ここで覚める! 膝に倒れたのは、あの人だ。 建御雷神 ( たけみかずちのかみ )は大国主神に向かって、 「ただ今事代主神はあのとおりに申したが、このほかには、もうちがった意見を持っている子はいないか」とたずねました。 が、風がまたどこからか吹いて来て、湿っぽい、 蒼臭 ( あおくさ )い、 汗蒸 ( いき )れた 匂 ( におい )が、薬の香に交って、むらむらとそこらへ泳ぎ出す。 きたないものは、 酔 ( よ )ったまぎれに 吐 ( は )いたのであろう。 寝覚 ( ねざめ )の思いの取留め無さも、 酒精浸 ( アルコオルづけ )の 蝮 ( まむし )が、瓶の口をば開けて 給 ( た )べ、と夢枕に立った、とまでになる、と結句 可笑 ( おかし )く、幻に見た 婦 ( おんな )の顔が、寝た間も忘れぬその人を、いつもの通り 現 ( うつつ )に見た、と合点が 行 ( ゆ )くと、いずれ一まず安心が出来たので、そのまま 仰向 ( あおむ )けに、どたりと寝た。 裙 ( すそ )が落ちて、畳に 颯 ( さっ )と 捌 ( さば )けると、薄色の壁に美しく 濡蔦 ( ぬれづた )が 搦 ( から )んで絵模様、水の垂りそうな 濡毛 ( ぬれげ )を、くっきりと 肱 ( ひじ )で 劃 ( くぎ )って、透通るように 櫛 ( くし )を入れる。 そんなわけで、大空の神々たちは、たいそうお 困 ( こま )りになりまして、みんなで 安河原 ( やすのかわら )という、空の上の 河原 ( かわら )に集まって、どうかして、天照大神に岩屋からお出ましになっていただく方法はあるまいかといっしょうけんめいに、相談をなさいました。 これはひとつ 天迦久神 ( あめのかくのかみ )をおさしむけになりまして、尾羽張神がなんと申しますか聞かせてご覧になるがようございましょう」と申しあげました。 命はその 相模 ( さがみ )の 半島 ( はんとう )をおたちになって、お船で 上総 ( かずさ )へ向かってお 渡 ( わた )りになろうとしました。 どうだね、 可哀想 ( かわいそう )だとは思わないかね。 もうちっとで、もうちっとで……と乗出すけれども、もうちっとで 絡 ( まとま )らない。 腑効 ( ふがい )なさもそのドン 詰 ( づまり )に…… しゃ! 要こそあれ。 ……沼は、と見れば、ここからは一面の 琵琶 ( びわ )を中空に据えたようで、 蘆 ( あし )の 葉摺 ( はず )れに、りんりんと鳴りそうながら、 一条 ( ひとすじ ) 白銀 ( しろがね )の糸も 掛 ( かか )らず、暗々として漆して鼠が 駈廻 ( かけまわ )りそうである。 初日2時間くらいで出る生理の血の量を見たい?」 主人「 ガバッとパソコンから目をあげてこちらを見る え、あ、どうしよう、知りたいけど、どうしよう」 私「(あ、ちょっと困ってるな……)別に見たくないならいいで~」 主人「それって、よく『嫁さんが旦那に聞いてほしい願望』みたいなやつに含まれる?見て欲しいってこと?なら、見る」 私「え?見て欲しいか見てほしくないかで言うと、見て欲しいわけではないけど、なんか、私への理解は促進するかなーと思って」 主人「んじゃ、見る」 主人はちょっと戸惑っているように見えたが、お手洗いについてきてくれた。 皇子はびっくりなすって、みんなとごいっしょに船に乗ってお 逃 ( に )げになりました。 そうすると、まもなく、 綿津見神 ( わたつみのかみ )の 娘 ( むすめ )の 豊玉媛 ( とよたまひめ )のおつきの女が、玉の 器 ( うつわ )を持って、かつらの木の下の 井戸 ( いど )へ水をくみに来ました。 すると 八玉神 ( やたまのかみ )は、 うになって、海の 底 ( そこ )の土をくわえて来て、それで、いろんなお供えものをあげるかわらけをこしらえました。 媛 ( ひめ )のおうちは、 狹井川 ( さいがわ )という川のそばにありました。 落ちても 逆捲 ( さかま )かず、走っても 迸 ( ほとばし )らぬ。 宿禰 ( すくね )はそのおおせを聞いて、 「では、 恐 ( おそ )れながら、今、皇后のお腹においでになりますお子さまは、男のお子さまと女のお子さまと、どちらでいらっしゃりましょう」とうかがいますと、 「お子はご 男子 ( なんし )である」とお告げになりました。 」 と軽く 扱 ( あしら )って 誘 ( さそい )を入れた。 この向こうには 荒 ( あ )らくれた神たちがどっさりいます。 且つ 現 ( うつつ )から我に返った、 咄嗟 ( とっさ )には、内の細君で……返事をしたが、かくの通り、続いてちっとも音沙汰のないのを思え。 恋 題しらず 初雁のはつかに声を聞きしよりなかぞらにのみ物を思ふかな (古今481) 【通釈】初雁の声を耳にするように、あの人の声をほのかに聞いてからというもの、うわの空で物思いをしてばかりいるよ。 その 体 ( てい )は……薄汚れた青竹の 太杖 ( ふとづえ )を突いて、 破目 ( やぶれめ )の目立つ、蒼黒い道服を 着 ( ちゃく )に及んで、 丈 ( せい )高う 跳 ( のさ )ばって、天上から 瞰下 ( みおろ )しながら、ひしゃげた腹から野良声を振絞って、道教うる仙人のように見えた。 が、まだ 威 ( おど )かしではないか、と思う未練があった。 天皇はさっそくご前にお 召 ( め )しになって、 「そちはだれの子か」とおたずねになりました。 そして、さっそくお 呼 ( よ )びいれになりました。 (でも水の上よりは 増 ( まし )ですわ。 弟さまは、 「 私 ( わたし )はおあにいさまのつり針を借りてりょうをして、その針を海の中へなくしてしまったのです。 建御雷神 ( たけみかずちのかみ )はそれを聞くと、すぐに 天鳥船神 ( あめのとりふねのかみ )を 御大 ( みお )の 崎 ( さき )へやって、 事代主神 ( ことしろぬしのかみ )を 呼 ( よ )んで来させました。 」 咽喉 ( のど )を 斜 ( ななめ )に手を入れて、 痩 ( や )せた胸を 圧 ( おさ )えながら、 「見たまえ、いまだにこの 動悸 ( どうき )を、」 「色は白くっても、野郎の 癪 ( しゃく )を 圧 ( おさ )えたってはじまらない。 それというわけは、 大多根子 ( おおたねこ )から五 代 ( だい )もまえの世に、 陶都耳命 ( すえつみみのみこと )という人の 娘 ( むすめ )で 活玉依媛 ( いくたまよりひめ )というたいそう美しい人がおりました。 するとちょうどそのとき、一人の神さまが、海の上一面にきらきらと光を 放 ( はな )ちながら、こちらへ向かって近づいていらっしゃいました。 この天皇の 御代 ( みよ )には、はやり 病 ( やまい )がひどくはびこって、人民という人民はほとんど死に絶えそうになりました。 幽になって 外 ( おもて )の 木 ( こ )の葉を、夜露が伝うように遠ざかる。 [#改ページ] この 大国主神 ( おおくにぬしのかみ )には、 八十神 ( やそがみ )といって、何十人というほどの、おおぜいのごきょうだいがおありになりました。 猿田彦神は、その後、 伊勢 ( いせ )の 阿坂 ( あざか )というところに住んでいましたが、あるときりょうに出て、ひらふがいという大きな貝に手をはさまれ、とうとうそれなり海の中へ引き入れられて、おぼれ死にに死んでしまいました。 八十神 ( やそがみ )たちはそれを見ると、 「おいうさぎよ。 ……立さん、そんなに 吃驚 ( びっくり )なさらないでも、 貴下 ( あなた )が昨日、お 医師 ( いしゃ )様の 許 ( とこ )へおいでなすった事は、私もう知っています。 「水差が漏るのかな……」 亀裂 ( ひび )でも 入 ( い )っていたろう。 そんなわけで、もういよいよどこにも天皇におさからいする者がなくなって、天下は平らかに治まり、人民もどんどん 裕福 ( ゆうふく )になりました。 …………小松原は、 俯向 ( うつむ )けに蒼沼に落ちた処を、 帰宅 ( かえり )のほどが遅いので、 医師 ( せんせい )が見せに 寄越 ( よこし )した、正吉に救われた。 来たてには、手荷物の始末、掃除の手伝いかたがた、 馬丁 ( べっとう )と、小間使と女中と、三人が附いて来たが、 煮炊 ( にたき )が間に合うようになると、一度、新世帯のお手料理を 御馳走 ( ごちそう )になった切り、その二人は帰った、年上の女中だけ残って。 [#改ページ] そのうちに大空の 天照大神 ( あまてらすおおかみ )は、お子さまの 天忍穂耳命 ( あめのおしほみみのみこと )に向かって、 「下界に見える、あの 豊葦原水穂国 ( とよあしはらのみずほのくに )は、おまえが治めるべき国である」とおっしゃって、すぐにくだって行くように、お言いつけになりました。 ) とあの人が、 摺寄 ( すりよ )って、 (もう一つの路はどうでしょうかしら。 海の神はそれを聞くと、あとで命に向かって、 「さきほど 娘 ( むすめ )が申しますには、あなたは三年の間こんなところにおいでになりましても、ふだんはただの一度も、ものをお 嘆 ( なげ )きになったことがないのに、ゆうべはじめてため息をなさいましたと申します。 」 「あの人ッて?」 「…………」 「ははあ、 対手 ( あいて )の貴婦人だね。 私はもはや、この国のけがれた火で 炊 ( た )いたものを食べましたから、もう二度とあちらへ帰ることはできますまい。 若い神は、すぐそのわけをおさとりになって、足の下を、とんときつく 踏 ( ふ )んでごらんになりますと、そこは、ちゃんと下が大きな穴になっていたので、からだごとすっぽりとその中へ落ちこみました。 命 ( みこと )はこんなにして、お 道筋 ( みちすじ )の 賊 ( ぞく )どもをすっかり 平 ( たい )らげて、 大和 ( やまと )へおかえりになり、天皇にすべてをご 奏上 ( そうじょう )なさいました。 (田も 畦 ( あぜ )も構わない、一文字に駈け抜けるんです、 怪我 ( けが )があると 不可 ( いけ )ません。 お察し下さい、今でこそ話すが、こりゃ 冥土 ( めいど )へ来たのかと思った。 まあまあ -- 名無しさん 2022-03-23 09:33:24• 浜で 手鍋 ( てなべ )の時なんかは、調子に乗って、 (お房さん。 また、 皇子 ( おうじ ) 倭日子命 ( やまとひこのみこと )がおなくなりになったときに、人がきといって、お墓のまわりへ人を生きながら 埋 ( う )めてお 供 ( とも )をさせるならわしがはじまりました。 それから七日目に、 橘媛 ( たちばなひめ )のくしがこちらの浜へうちあげられました。 後がたちまち 真暗 ( まっくら )になるのが、白の 一重芥子 ( ひとえげし )がぱらりと散って、 一片 ( ひとひら )葉の上に 留 ( とま )りながら、ほろほろと落ちる風情。 その格子戸の 潜 ( くぐり )の上へ手を掛けて、 (健ちゃん、) と呼んでみたが、黙っていた。 そしてとうとう悲しさに 堪 ( た )えきれないで、おんおんお 泣 ( な )きだしになりました。 塩椎神 ( しおつちのかみ )はそれを聞くと、たいそうお気の毒に思いまして、 「それでは私がちゃんとよくしてさしあげましょう」と言いながら、大急ぎで、水あかが少しもはいらないように、かたく編んだ、かごの 小船 ( こぶね )をこしらえて、その中へ 火遠理命 ( ほおりのみこと )をお乗せ申しました。 [#改ページ] 須佐之男命 ( すさのおのみこと )は、大空から追いおろされて、 出雲 ( いずも )の国の、 肥 ( ひ )の 河 ( かわ )の 河上 ( かわかみ )の、 鳥髪 ( とりかみ )というところへおくだりになりました。 これこれ申し天子さま、 あなたをお殺し申そうと、 前の戸に、 裏 ( うら )の戸に、 行ったり来たり、 すきを 狙 ( ねら )っている者が、 そこにいるとも知らないで、 これこれ申し天子さま。 御名方神は、まっさおになって、いっしょうけんめいに 逃 ( に )げだしました。 天皇はそれ以来、 小碓命 ( おうすのみこと )のきつい 荒 ( あら )いご 気性 ( きしょう )を 怖 ( おそ )ろしくおぼしめして、どうかしてそれとなく命をおそばから遠ざけようとお考えになりました。 そうすると 若日子 ( わかひこ )の父と 妻子 ( つまこ )たちは、 「おや」とびっくりして、その神の手足にとりすがりながら、 「まあまあおまえは生きていたのか」 「まあ、あなたは死なないでいてくださいましたか」と言って、みんなでおんおんと 嬉 ( うれ )し 泣 ( な )きに泣きだしました。 足はちょうど船のかじのように曲がってしまった」とおっしゃって、お 嘆 ( なげ )きになりました。 【参考歌】「拾遺集」 逢ふことはかたわれ月の雲隠れおぼろけにやは人の恋しき 【主な派生歌】 あふことをはつかに見えし月影のおぼろけにやはあはれともおもふ [新古] 雑 越の国へまかりける人によみてつかはしける よそにのみ恋ひやわたらむしら山の雪見るべくもあらぬわが身は (古今383) 【通釈】遠くからずっと恋い慕ってばかりいるのでしょうか。 生れて 以来 ( このかた )、かよわきこの 女性 ( にょしょう )に対して、男性の意気と力をいまだかつて一たびもために 露 ( あら )わし得た 覚 ( おぼえ )がない。 そして、国の神の 頭 ( かしら )になって、 宇迦 ( うか )の山の下に 御殿 ( ごてん )をおたてになり、 須勢理媛 ( すぜりひめ )と二人で楽しくおくらしになりました。 八十神たちはそれを聞くとたいそう 怒 ( おこ )って、みんなで大国主神を殺してしまおうという相談をきめました。 浜に人影がなくなって、 海松 ( みる )ばかり打上げられる、寂しい秋の晩方なんざ、誰の発議だったか、小児が、あの 手遊 ( おもちゃ )のバケツを 振提 ( ぶらさ )げると、近所の八百屋へ交渉して、 豌豆豆 ( えんどうまめ )を二三合……お三どんが風呂敷で提げたもんです。 御名方神はすっかりこわくなっておずおずとしりごみをしかけますと、 御雷神 ( みかずちのかみ )は、 「さあ、こんどはおれの番だ」と言いながら、御名方神の手くびをぐいとひっつかむが早いか、まるではえたてのあしをでも扱うように、たちまち一 握 ( にぎ )りに握りつぶして、ちぎれ取れた手先を、ぽうんと向こうへ投げつけました。 そこで弟さまの 神沼河耳命 ( かんぬかわみみのみこと )がその刀をとってお進みになり、ひといきに命を殺しておしまいになりました。 」 と正吉が言う処を、立直って見れば、村の 故道 ( ふるみち )を横へ切れる細い路。 ) 誰も落着いてはいないのを、 汝 ( うぬ )が 周章 ( あわ )てて 捲立 ( まくした )てて、それから、水にかかると、あの人が、また渡るのか、とも言わないで、踏込んでくれたんだ。.

  • その 天窓 ( あたま )から顔へかかるのが、塵塚から何か出て、冷い舌の先で 嘗 ( な )めるようです。 その内に波立ちもしないで、水の色が濃くなって、 小濁 ( ささにご )りに濁ると思うと、ずっと深さが増して、ふうわり草の生えた土手へ 溢 ( あふれ )るんだがね、その土手が、 城趾 ( しろあと )の 濠 ( ほり )の石垣らしくも見えれば、田の 畔 ( あぜ )のようでもあるし、沼か、池の一角のようでもある。 天皇は非常にお 嘆 ( なげ )きになって、どうしたらよいか、神のお告げをいただこうとおぼしめして、 御身 ( おんみ )を 潔 ( きよ )めて、 慎 ( つつし )んでお 寝床 ( ねどこ )の上にすわっておいでになりました。 すると 熊襲建 ( くまそたける )きょうだいは、命をほんとうの女だとばかり思いこんでしまいまして、その姿のきれいなのがたいそう気にいったので、とくに自分たち二人の間にすわらせて、大喜びで飲みさわぎました。 それからやはり岩屋の前へ、あきだるを 伏 ( ふ )せて、 天宇受女命 ( あめのうずめのみこと )という女神に、 天香具山 ( あめのかぐやま )のかつらのつるをたすきにかけさせ、かつらの葉を 髪飾 ( かみかざ )りにさせて、そのおけの上へあがって踊りを踊らせました。 此方 ( このほう )づれの 体 ( てい )は、と見ると、私が 尻端折 ( しりぱしょり )で、下駄を持った。 この小さな天皇には、ご 誕生 ( たんじょう )のときに、ちょうど、 鞆 ( とも )といって 弓 ( ゆみ )を 射 ( い )るときに左の 臂 ( ひじ )につける 革具 ( かわぐ )のとおりの形をしたお 盛肉 ( もりにく )が、お 腕 ( うで )に盛りあがっておりました。 神八井耳命 ( かんやいみみのみこと )はあとで弟さまに向かって、 「私はあのかたきを殺せなかったけれど、そなたはみごとに殺してしまった。 ) 愚図々々 ( ぐずぐず )していたので、 ( 可 ( い )いんですよ、構やしない。 雨上 ( あまあが )りにちっと水が 殖 ( ふ )えて、畔へかかった処が無類で。 どうぞこれからすぐに、 須佐之男命 ( すさのおのみこと )のおいでになる、 根堅国 ( ねのかたすくに )へ 遁 ( に )げておくれ、そうすれば 命 ( みこと )が必ずいいようにはからってくださるから」 こう言って、 若 ( わか )い子の神を、そのままそちらへ立ってお行かせになりました。 これさえ引いておけば、 田圃 ( たんぼ )は近くっても虫の飛込む悩みもないので、窓も一つ開けたまま、小松原は、昼間はその上へ患者を 仰臥 ( あおむ )かせて、内の 国手 ( せんせい )が聴診器を当てようという、 寝台 ( ねだい )の上。 それで、どうぞ今しばらくの間はご出産にならないようにとお祈りになって、そのお 呪 ( まじな )いに、お下着のお 腰 ( こし )のところへ石ころをおつるしになり、それでもって当分お腹をしずめておおきになりました。 そういたしますと、その玉が、ご 覧 ( らん )のように、どうしても底から離れないのでございます」と言いました。 」 と殊勝に正吉が、せめ念仏で畳掛けるに連れて、裂目が 鰭 ( ひれ )のように水を 捌 ( さば )いて 行 ( ゆ )く、と 小波 ( ささなみ )が立って、後を送って、やがて沼の中ばに、 静 ( じっ )と留まる。 すると賊兵のあるものは、苦しまぎれにうんこが出て下ばかまを 汚 ( よご )しました。 あの 広場 ( ひろっぱ )を手探りでどうするもんかね。 そうするとその矢は、若日子がちょうど下界であおむきに 寝 ( ね )ていた胸のまん中を、ぷすりと突き 刺 ( さ )して一ぺんで殺してしまいました。 しかし、その神は口を 閉 ( と )じたまま名まえをあかしてくれませんでした。 どうもひどく 疲 ( つか )れて歩けない」とおっしゃいました。 すると、力の強い、大男の 命 ( みこと )ですから、力いっぱいずしんずしんと 乱暴 ( らんぼう )にお歩きになると、山も川もめりめりとゆるぎだし、世界じゅうがみしみしと 震 ( ふる )い動きました。 [#改ページ] 天照大神 ( あまてらすおおかみ )と、二番目の弟さまの 月読命 ( つきよみのみこと )とは、おとうさまのご命令に従って、それぞれ大空と夜の国とをお治めになりました。 かかなべて、 夜 ( よ )には 九夜 ( ここのよ )、 日には 十日 ( とおか )を。 …… 明白 ( あからさま )に云うと、この上降続いちゃ、秋風は立って来たし、さぞ 厭 ( あ )き厭きして、もう引上げやしまいか、と何だかそれが寂しかったよ。 【参考歌】「万葉集」巻八 神な月時雨にあへるもみち葉の吹かば散りなむ風のまにまに よみ人しらず「後撰集」 唐衣たつたの山のもみぢばは物思ふ人のたもとなりけり 【主な派生歌】 わび人のたもとしなくは紅葉葉のひとりや雨にぬれて染めまし 題しらず 見る人にいかにせよとか月影のまだ宵のまに高くなりゆく (玉葉2158) 【通釈】見る人にどうしろというのだろうか、まだ日暮れて間もないうちから、月がどんどん高くなってゆく。 「それからこの日本の国は、今、皇后のお 腹 ( なか )にいらっしゃるお子がお治めになるべきものだ」とおっしゃいました。 それに…… もうこう 夜 ( よ )も遅くなっては、何事もなく無事に家に帰るとして、ただ二人で今までなんだから、女中はじめ変に思おう。 ざあざあ、 地 ( じ )の底を吹き荒れる風のような水の音。 それで玉依媛にことづけて、 赤玉は、 緒 ( お )さえ光れど、 白玉 ( しらたま )の、 君が 装 ( よそお )し、 貴 ( とうと )くありけり。 そして、みんながちりぢりに 逃 ( に )げまわるのを追っかけて、そこいらじゅうの坂の下や川の中へ、切り 倒 ( たお )し 突 ( つ )き落として、とうとう一人ももらさず 亡 ( ほろ )ぼしておしまいになりました。 ソレソレ手に取るばかり、その人が、と思いながら、投出して見ても足がまだ水へは 達 ( とど )かぬ。 」 現 ( うつつ )と幻との 見境 ( みさかい )さえ附きかねた。 大国主神の生みのおかあさまは、それをお聞きになると、たいそうお 嘆 ( なげ )きになって、 泣 ( な )き泣き大空へかけのぼって、 高天原 ( たかまのはら )においでになる、 高皇産霊神 ( たかみむすびのかみ )にお助けをお願いになりました。 後は御存じの通り、空を飛ぶような心持で、足も地につかず、夢中で手を 曳合 ( ひきあ )って 駈出 ( かけだ )した処を、あっと云う間もなく、 終 ( しまい )汽車で 刎飛 ( はねと )ばされた。 そして、はるばると 大和 ( やまと )まで運ばせて、 市師 ( いちし )の池という池にお 浮 ( う )かべになり、その中へごいっしょにお乗りになって、皇子をお遊ばせになりました。 大毘古命 ( おおひこのみこと )は、その歌の 言葉 ( ことば )がしきりに気になってならないものですから、とうとうそこからひきかえしてきて、天皇にそのことを申しあげました。 そちこち聞合せると、私が借りていた家から、 田圃 ( たんぼ )の方へ一町ばかり行った処に、村じゃ古店で 商 ( あきない )も大きく 遣 ( や )っている、家主の人柄も 可 ( よ )し、入口が別に附いて、ちょっと式台もあって、座敷が二間、この頃に普請をしたという湯殿も新しいし、畳も入替えたのがある。 命は、みんながすっかり 興 ( きょう )に入ったころを見はからって、そっと 懐 ( ふところ )から 剣 ( つるぎ )をお取り出しになったと思いますと、いきなり片手で兄の 建 ( たける )のえり首をつかんで、 胸 ( むね )のところをひと 突 ( つ )きに突き通しておしまいになりました。 そうすると、そのくしの歯が 片 ( かた )はしからたけのこになってゆきました。 しかし、おあにいさまが助けてくれとおっしゃられておわびをなさるなら、こちらのこの 干潮 ( ひしお )の玉を出して、水をひかせておあげなさいまし。 建 ( たける )はあとからのそのそあがって来て、 「よろしい取りかえよう」と言いながら、うまくだまされて命のにせの刀をつるしました。 」 と力強く云って、また小松原は 溜息 ( ためいき )で居る。 天皇はそれらの者たちから、 「お 髪 ( ぐし )をつかめばお髪がはなれ、玉の 緒 ( ひも )もお 召物 ( めしもの )も、みんなぷすぷす切れて、とうとうおとりにがし申しました」とお聞きになりますと、それはそれはたいそうお 悔 ( くや )みになりました。 もう 爽快 ( さっぱり )したろう。 何骨とか言って、仏家では 菩薩 ( ぼさつ )の化身とさえしてある。 そうしてこう骨になってから、全体 具 ( そなわ )っているのは、何でも非常な 別嬪 ( べっぴん )に違いない。 夢を見て 遁出 ( にげだ )すなんざ、いやしくも男子たるべきものが……と云って 罵倒 ( ばとう )するわけじゃないが、ちとしっかりしないかい。 「 貴郎 ( あなた )、」 とこの時、細君の声は、果せる 哉 ( かな )、 太 ( いた )く震えて、 「貴郎……」 「うむ、」 小松原も蚊帳の中に 悚然 ( ぞっ )として、 「酒田。 それにはだれをつけてやったらよかろうと、また占わせてごらんになりますと、 曙立王 ( けたつのみこ )という方が占いにおあたりになりました。 命はこれこれこういうわけで、つり 針 ( ばり )をさがしに来たのですとおっしゃいました。 そして、その勢いに乗ってお 暴 ( あば )れだしになって、女神がお作らせになっている田の 畔 ( あぜ )をこわしたり、みぞを 埋 ( う )めたり、しまいには女神がお 初穂 ( はつほ )を 召 ( め )しあがる 御殿 ( ごてん )へ、うんこをひりちらすというような、ひどい 乱暴 ( らんぼう )をなさいました。 ( 不可 ( いけな )い! 貴女 ( あなた )、そりゃ 塵塚 ( はきだめ )だ。 ふもとで待ち受けていらしった大国主神は、それをご覧になるなり、大急ぎでかけ寄って、力まかせにお組みつきになったと思いますと、からだはたちまちそのあか焼けの石の 膚 ( はだ )にこびりついて、 「あッ」とお言いになったきり、そのままただれ死にに死んでおしまいになりました。 ……で、投出して 駈出 ( かけだ )したか、格子戸が 開放 ( あけっぱな )し、 框 ( かまち )の障子も半分開いて、奥の長火鉢の端が見えた。 そのきついお力ぶみで、お庭の 堅 ( かた )い土が、まるで 粉雪 ( こなゆき )のようにもうもうと飛びちりました。 その中のある神さまには、とくに赤色の 盾 ( たて )や 黒塗 ( くろぬり )の盾をおあげになりました。 自分で正気づいたと、心が 確 ( たしか )になった時だけ、 現 ( うつつ )の 婦 ( おんな )の 跫音 ( あしおと )より、このがたがたにもう 堪 ( たま )らず、やにわに 寝台 ( ねだい )からずるずると落ちた。 」 いつまで続く、ともうげんなりして、 思慮 ( かんがえ )が、ドドドと 地 ( じ )の底へ 滅入 ( めい )り込む、と今度は、戸棚の 蔽 ( おおい )が 纏 ( まとま )って、白い顔にはならない替りに、窓の外か、それとも内か、 扉 ( ひらき )の方角ではなしに、何だか一つ、変な物音……沈んだ 跫音 ( あしおと )。 そうするとそこにやなをかけて 魚 ( さかな )をとっているものがおりました。 【主な派生歌】 よの中はさてもやうきと桜花ちらぬ春にもあひ見てしがな おなじ所に宮仕へし侍りて常に見ならしける女につかはしける 伊勢の海に塩焼く海人の藤衣なるとはすれど逢はぬ君かな (後撰744) 【通釈】伊勢の海で塩を焼く海人の粗末な衣がくたくたに褻 な れているように、見慣れてはいるけれど逢瀬は遂げていないあなたですよ。 宇受女命 ( うずめのみこと )は、お 乳 ( ちち )もお 腹 ( なか )も、もももまるだしにして、足をとんとん 踏 ( ふ )みならしながら、まるでつきものでもしたように、くるくるくるくると 踊 ( おど )り 狂 ( くる )いました。 ちとやそっとの、ぶんぶんなら、夜具の襟を 被 ( かぶ )っても、成るべくは、蛍、 萱草 ( かやくさ )、行抜けに見たい 了簡 ( りょうけん )。 神はそれをご覧になると、急いでそこにあった大きな大岩をひっかかえていらしって、それを 押 ( お )しつけて、坂の口をふさいでおしまいになりました。 こちらは 香坂 ( かごさか )、 忍熊 ( おしくま )の二皇子は、それをお聞きになりますと、案のとおり、ご自分たちがあとを取ろうとおかかりになりました。 すると、 高皇産霊神 ( たかみむすびのかみ )は、 蚶貝媛 ( きさがいひめ )、 蛤貝媛 ( うむがいひめ )と名のついた、あかがいとはまぐりの二人の貝を、すぐに下界へおくだしになりました。 「ね、 小児 ( こども )だって、本場の 苦労人 ( くろうと )が裸で出張ってる処へ、膝までも出さないんだ、馬鹿にするないで、もって、一本参ったもんです。 また、 底筒男命 ( そこつつおのみこと )、 中筒男命 ( なかつつおのみこと )、 上筒男命 ( うわつつおのみこと )の三人の神も、いっしょに申し 下 ( くだ )しているのだ」と、そこではじめてお名まえをお告げになりました。 大気都比売命 ( おおけつひめのみこと )は、おことばに従って、さっそく、鼻の 穴 ( あな )や口の中からいろいろの食べものを出して、それをいろいろにお料理してさしあげました。 命は、ほとんどとほうにくれておしまいになりましたが、ともかく、ようやくのことで山をおくだりになって、 玉倉部 ( たまくらべ )というところにわき出ている 清水 ( しみず )のそばでご休息をなさいました。 「私が 木色咲耶媛 ( このはなさくやひめ )に、わざわざ 石長媛 ( いわながひめ )をつき添いにつけましたわけは、あなたが 咲耶媛 ( さくやひめ )をお嫁になすって、その名のとおり、花が 咲 ( さ )き 誇 ( ほこ )るように、いつまでもお栄えになりますばかりでなく、 石長媛 ( いわながひめ )を同じ御殿にお使いになりませば、あの子の名まえについておりますとおり、岩が雨に打たれ風にさらされても、ちっとも変わらずにがっしりしているのと同じように、あなたのおからだもいつまでもお変わりなくいらっしゃいますようにと、それをお祈り申してつけ添えたのでございます。 その夢の中で、 天照大神 ( あまてらすおおかみ )と 高皇産霊神 ( たかみむすびのかみ )のお 二方 ( ふたかた )が、 建御雷神 ( たけみかずちのかみ )をおめしになりまして、 葦原中国 ( あしはらのなかつくに )は、今しきりに 乱 ( みだ )れ 騒 ( さわ )いでいる。 またそれを求むる位なら、なぜ、行方も知れず 捉 ( とら )うる影なきその人を、かくまで慕う。 これは、 「赤い玉はたいへんにりっぱなもので、それをひもに通して 飾 ( かざ )りにすると、そのひもまで光って見えるくらいですが、その赤玉にもまさった、白玉のようにうるわしいあなたの貴いお 姿 ( すがた )を、私はしじゅうお 慕 ( した )わしく思っております」という意味でした。 伊弉諾神 ( いざなぎのかみ )はこのお 三方 ( さんかた )をご覧になって、 「わしもこれまでいくたりも子供を生んだが、とうとうしまいに、一等よい子供を生んだ」と、それはそれは大喜びををなさいまして、さっそく玉の 首飾 ( くびかざ )りをおはずしになって、それをさらさらとゆり鳴らしながら、 天照大神 ( あまてらすおおかみ )におあげになりました。 どうぞその間は、どんなことがありましても、けっして私の 姿 ( すがた )をご 覧 ( らん )にならないでくださいましな。 ところが、 命 ( みこと )もお供の軍勢もこの大ぐまの毒気にあたって、たちまちぐらぐらと目がくらみ、一人のこらず、その場に気絶してしまいました。 」 「やあ、それだがね…… 先刻 ( さっき )から気い付けるだか、どうも勝手が違ったぞよ。 その上でただ一つのおねがいは、どうぞ私の 社 ( やしろ )として、大空の神の 御殿 ( ごてん )のような、りっぱな、しっかりした御殿をたてていただきとうございます。 思金神 ( おもいかねのかみ )とすべての神々は、 「それではいよいよ、 天安河 ( あめのやすのかわ )の 河上 ( かわかみ )の、 天 ( あめ )の 岩屋 ( いわや )におります 尾羽張神 ( おはばりのかみ )か、それでなければ、その神の子の 建御雷神 ( たけみかずちのかみ )か、二人のうちどちらかをお 遣 ( つかわ )しになるほかはございません。 ) と原抜きにして、高慢に 仇気 ( あどけ )なく高声で呼ぶ、小児の声が、もうその辺から聞えそうだ、と思ったが、出て来ない。 それからからだじゅうには、こけや、ひのきやすぎの木などがはえ 茂 ( しげ )っております。 その代わりお 手近 ( てぢか )のご用は、わざとほかの者にお言いつけになって、それとなく二人をおこらしめになりました。 18首 5首 10首 1首 12首 10首 計56首 春 雁 かり の声を聞きて、 越 こし にまかりける人を思ひてよめる 春来れば雁かへるなり白雲の道ゆきぶりにことやつてまし (古今30) 【通釈】春が来たので、雁が帰って行くようだ。 」 と 髯 ( ひげ )を 捻 ( ひね )って、 冴々 ( さえざえ )しい。 「いいえ、申し聞かせました」と 命 ( みこと )はお答えになりました。 命は、その野の中でつくづくと、おうちのことをお思いになり、 おとめの、 床 ( とこ )のべに、 わがおきし、 剣 ( つるき )の 太刀 ( たち )。 」 「何、貴婦人に違いはないが、その 対手 ( あいて )が悪い。 すると、その当たった矢が名鳴女の 胸 ( むね )を 突 ( つ )き通して、さかさまに大空の上まではねあがって、 天安河 ( あめのやすのかわ )の 河原 ( かわら )においでになる、 天照大神 ( あまてらすおおかみ )と 高皇産霊神 ( たかみむすびのかみ )とのおそばへ落ちました。 ) と思わず口へ出たが、はっと気が付いて、直ぐびちゃびちゃと 歩行 ( ある )き出した。 命はびっくりして、どんどん 逃 ( に )げ出しておしまいになりました。 しかし女神はちっともお 怒 ( おこ )りにならないで、 「何、ほっておけ。 大空の神のお子がおくだりになろうとするのに、そのお通り道を 妨 ( さまた )げているおまえは何者かと、しっかり 責 ( せ )めただして来い」とお言いつけになりました。 そうすると、あるおじいさんとおばあさんとが、まん中に一人の 娘 ( むすめ )をすわらせて三人でおんおん 泣 ( な )いておりました。 すると弟の 弟宇迦斯 ( おとうかし )が、こっそりと 命 ( みこと )のところへ出て来まして、命を 伏 ( ふ )し拝みながら、 「私の兄の 兄宇迦斯 ( えうかし )は、あなたさまを 攻 ( せ )め 亡 ( ほろ )ぼそうとたくらみまして、兵を集めにかかりましたが、思うように集まらないものですから、とうとう御殿の中につり天じょうをこしらえて待ち受けております。 まずおれがおまえの手をつかんでみよう」と言いながら、大岩を投げだしてそばへ来て、いきなり 建御雷神 ( たけみかずちのかみ )の手をひっつかみますと、 御雷神 ( みかずちのかみ )の手は、たちまち氷の柱になってしまいました。 それ、今言った通り 跣足 ( はだし )です。 それから 前 ( さき )は、……寝しなに細君が 串戯 ( じょうだん )に、 「夜中に出掛けますかも知れません、 婦 ( おんな )だって言いますから。 ) と美しく 微笑 ( ほほえ )みながら、 (いっそ 袂 ( たもと )を担ぎましょうか。 須勢理媛 ( すぜりひめ )は、そんなことはちっともご存じないものですから、美しい若い神は、きっと焼け死んだものとお思いになって、ひとりで 嘆 ( なげ )き悲しんでいらっしゃいました。 若日子のお 嫁 ( よめ )の 下照比売 ( したてるひめ )は、びっくりして、大声をあげて 泣 ( な )きさわぎました。 それを弁解するんじゃないが、田圃だの、水浸しだの、と誇大に 妄想 ( もうぞう )した訳ではありません。 このとおりだ」とお 呼 ( よ )びになりました。 すると同じ 大和 ( やまと )の、 高佐士野 ( たかさじの )という野で、七人の若い女の人が野遊びをしているのにお出会いになりました。 命はそこから 筑前 ( ちくぜん )へおはいりになりました。 天皇の高いお徳は、後の 代 ( よ )からも、いついつまでも 永 ( なが )くおほめ申しあげました。 命はそのときにはさっそく 満潮 ( みちしお )の玉を出して、大水をわかせてお防ぎになりました。 下りの 終 ( しまい )汽車らしい、と思った時、 (あ 痛 ( いつ )、 痛 ( つ )。 【主な派生歌】 鶯はいたくなわびそ梅の花ことしのみちるならひならねば 題しらず なくとても花やはとまるはかなくも暮れゆく春のうぐひすの声 (続後撰149) 【通釈】啼いたとて、花は散るのを止めてくれるだろうか。 うさぎは泣き泣き、 「私は、もと 隠岐 ( おき )の島におりましたうさぎでございますが、この本土へ 渡 ( わた )ろうと思いましても、渡るてだてがございませんものですから、海の中のわにをだまして、いったい、おまえとわしとどっちがみうちが多いだろう、ひとつくらべてみようじゃないか、おまえはいるだけのけん族をすっかりつれて来て、ここから、あの向こうのはての、 気多 ( けた )のみさきまでずっと 並 ( なら )んでみよ、そうすればおれがその 背 ( せ )中の上をつたわって、かぞえてやろうと申しました。 」 と 莞爾 ( にっこり )する。 それにひきかえ 大和 ( やまと )には、われわれにもまして、すばらしいお方がいられたものだ。 するとそれといっしょに、今まで荒れ狂っていた海が、ふいにぱったりと静まって、急に 穏 ( おだや )かななぎになってきました。 」 と正吉は 前 ( さき )へ立った。 そのとき 須佐之男命 ( すさのおのみこと )は、 大気都比売命 ( おおけつひめのみこと )という女神に、何か物を食べさせよとおおせになりました。 」 ……と寝台の横手、窓際に 卓子 ( テエブル )があるのに、その 洋燈 ( ランプ )を 載 ( の )せながら話したが、中頃に腰を掛けた、その椅子は、患者が 医師 ( せんせい )と 対向 ( さしむか )いになる一脚で、 「何ぼ、男でもヒヤリとしましたそうですよ。 一度も 小児 ( こども )の時だった、やっぱりそういう折に大怪我をしたのを覚えている。 窓は開いているし、 扉 ( ひらき )の外は 音信 ( おとずれ )は絶えたり、外に開けるものは、 卓子 ( テエブル )の 抽斗 ( ひきだし )か、水差の 蓋 ( ふた )…… いや、有るぞ、有るぞ、棚の上に瓶がある。 You can see it anywhere in Japan.

  • .




2022 www.electionhackathon.com