メイン テート。 ビソプロロール:メインテート

メインテート錠5mg│お薬事典│メインテート錠5mgの詳細情報ならここカラダ

テート メイン テート メイン

🤛 不整脈の中でも、脈拍が早すぎる状態として頻脈が知られています。

10
心臓の異常な興奮をしずめ、乱れた脈のリズムを正常にします。 5mg経口投与から開始し、効果が不十分な場合には1日1回5mgに増量する。

メインテート錠2.5mg

テート メイン テート メイン

⚐ 年齢・症状により開始用量は更に低用量で、増量幅は更に小さくなる場合もあります。 休薬するときについては、高齢者では徐々に減量していく必要があります。

5
手術前48時間• また、その後約9時間後に血液中での薬の濃度が半分になりますが、メインテートの効果はほぼ24時間持続するように配合されているため、1日1回の服用で効果が期待できます。 服用中の薬は、医師に報告しておいてください。

医療 薬 : ビソプロロールフマル酸塩 (Bisoprolol fumarate) [メインテート錠]

テート メイン テート メイン

⚛ 心拍が抑えられることにより、血圧が下がります。

5
(8).眼[本態性高血圧症、狭心症、心室性期外収縮、頻脈性心房細動の場合]:(頻度不明)霧視、涙液分泌減少。 以下の病気・症状がみられる方は、• ・使い慣れている。

メインテート錠2.5mg│お薬事典│メインテート錠2.5mgの詳細情報ならここカラダ

テート メイン テート メイン

🚀 徐脈の症状として、めまいや息切れがあり、メインテートを飲んだ時にめまいが起こる場合などは徐脈による可能性があります。

4
異型狭心症• 相加的に作用(降圧作用)を増強させる。 症状によっては、入院して医師の管理下で治療を開始します。

医療 薬 : ビソプロロールフマル酸塩 (Bisoprolol fumarate) [メインテート錠]

テート メイン テート メイン

👋• 高血圧症(軽症〜中等症)、狭心症、心室性期外収縮:通常、成人は1回1錠(主成分として5mg)を1日1回服用しますが、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。

6
アルコール(お酒)については薬との影響からあまりお勧めされません。 • また、重大な副作用が起こってしまった場合には、薬の量を減らしたり薬の服用を中止するなどの処置がとられます。

メインテートの副作用や効果について、添付文書を参考にわかりやすく解説

テート メイン テート メイン

🌏 狭心症• 重症慢性心不全患者に対する本剤の投与では特に慎重な管理を要するので、 投与初期及び増量時は 入院下で投与すること。

9
• 高齢者への使用 心血管系の障害をもっている人は高齢者に多いです。 用法用量に関連する使用上の注意 メインテート錠2. 〕 末梢循環障害のある患者(レイノー症候群、間欠性跛行症等)〔末梢血管の拡張を抑制し、症状を悪化させるおそれがある。

メインテート(薬)について

テート メイン テート メイン

👋 メインテート(薬)について ここ2~3ヶ月前から動悸を感じるようになり、1ヶ月前に循環器内科に行きました。 5).慢性心不全の場合、2週間以上休薬した後、投与を再開する場合には、「用法・用量」の項に従って、低用量から開始し、段階的に増量する。 心臓の働きすぎを抑え心筋の異常な収縮をしずめます。

13
心拍数が多くなると血管により多くの血液が流れてしまい、血管に圧力がかかることにより高血圧になってしまいます。 心不全など重大な副作用が起こる危険性は低いですが、服用の際には十分に注意しましょう。

メインテート錠5mg│お薬事典│メインテート錠5mgの詳細情報ならここカラダ

テート メイン テート メイン

👀 1).本態性高血圧症、狭心症、心室性期外収縮、頻脈性心房細動: (1).循環器[本態性高血圧症、狭心症、心室性期外収縮、頻脈性心房細動の場合]:(0. 〕 高齢者では徐脈等の心拍数・心リズム障害があらわれやすいので、このような症状があらわれた場合には減量又は投与を中止すること。 625mgを1日1回服用から開始します。

なお、肝機能、腎機能、血液像等に注意すること。