東洋 大学 女子 サッカー - 板倉キャンパスでサッカー部女子部門が始動 | 東洋大学

サッカー 女子 東洋 大学 第35回関東大学女子サッカーリーグ戦 後期第10節

『感謝』 1年 村岡由梨|東洋大学体育会サッカー部女子部|note

サッカー 女子 東洋 大学 『感謝・恩返し』 4年

『感謝・恩返し』 4年 大内梨央|東洋大学体育会サッカー部女子部|note

サッカー 女子 東洋 大学 スポトウ|東洋大学スポーツ新聞編集部 ニュース

東洋大学サッカー部(関東大学サッカー)メンバー2022│出身校や監督、スタメンは?

サッカー 女子 東洋 大学 『集大成』 4年

『出会えて良かった人』 2年 村岡由梨|東洋大学体育会サッカー部女子部|note

サッカー 女子 東洋 大学 東洋大学出身のスポーツ選手

サッカー 女子 東洋 大学 東洋大学体育会サッカー部

サッカー 女子 東洋 大学 関東地方 大学女子サッカー部スポーツ推薦・セレクションのご案内

サッカー 女子 東洋 大学 関東地方 大学女子サッカー部スポーツ推薦・セレクションのご案内

『出会えて良かった人』 2年 村岡由梨|東洋大学体育会サッカー部女子部|note

サッカー 女子 東洋 大学 東洋大学体育会サッカー部

サッカー 女子 東洋 大学 関東地方 大学女子サッカー部スポーツ推薦・セレクションのご案内

『出会えて良かった人』 2年 村岡由梨|東洋大学体育会サッカー部女子部|note

沢山の人の支えや、応援 があっての4年間 ただ言葉や文で表しても 私の4年間は表現できない だからこそ、インカレで体現する チャンピオンになってこそ、証明できる インカレにかける想い 今まで先輩達が伝えてくれていた 気づいたら自分が4年生 今度は自分たちが伝える時 普通の公式戦とは 何か違う雰囲気、緊張 全て何かに支配されてるかのような その会場の独特な空気 その張り詰めた空気の中で 勝つことの難しさ 勝った時の嬉しさ 点を決めた瞬間の感動 言葉では表せない程 今まで味わったことのない 素晴らしいもの。 私たちが目指す「パスサッカー」を一緒にできる日を楽しみにしています! 東洋大学女子サッカー部 寮内部 トレーナールームにはベッド4つ、製氷機も完備 1階には食堂があり、栄養管理士が献立を作成 バランスの良い食事が選手の力の源に プロジェクターと大きな鏡があるミーティングルーム 2階の選手の部屋に行くためにはカードキーが必要。 全然上手く行かなくて サッカーが愉しくない時もあった そんな時でも常に隣にいて 『絶対に折れないんだ』 『上に行くんだ』 そう思って高めあってきた。 どんなに遠方の試合でも 応援に駆けつけてくれる両親 何かの縁で同じチームになり 出会えた同期や後輩、指導者 県リーグから大学リーグ1部昇格まで 作りあげてきてくれた 指導者、先輩方 だから今私たちが インカレに出場することができる。 じゅり! 最後まで読んでいただきありがとうございます! 次は同部屋のなつです! いつも美味しそうなお昼ご飯を食べていて 気づいたら同じようなものを作って食べてしまいます。 こんにちは! なんて紹介されるのかなーと ドキドキしていましたが 何だかすごく褒めてもらっちゃって 読みながらニヤニヤしてしまいました。 だからこそ 一緒に頑張りたいと思うし 一緒にプレーしたいと思うし 頑張れ、頑張ろうって思うし 負けてられないと思う。 1年、和氣とよく2人でお互いを励ましあって毎日踏ん張ってたな〜 まだ出会ってすぐだけどサッカーとかチームのことで鈴子とよく熱い話したな〜 2年、同部屋の瑠南の部屋の綺麗さに負けじとお掃除頑張ってたな〜 オフ期間、光とトレーニング通ってその帰りにホテルの43階でお食事したな〜(身内ネタですみません) 3年、よく由唯と亜美と藍と集まってしょうもないことばっかりしてたな〜(授業前、由唯パソコンのカメラにマスキングテープ貼って画面が映らないドッキリとか) 4年、奈央との同部屋は毎日がライブ会場で(最近はけん玉同好会)美味しいご飯もいっぱい作ったな〜 おっはよー!ってトレ室に来るみのりを無視するノリ最近定着してきたな〜 個性豊かで、みんながチームの太陽みたいな存在で、周りの人を笑顔にさせたり、人を惹きつける魅力がある人達。 試合に出るのがゴールではなく 私の得点で勝利に貢献する 誰にもこのポジションを譲らない 入学した時からずっと変わらない モチベーションでやり続けました。 この3年間違うチームが優勝する姿を観て 本当に悔しかった 決勝戦を自分がなんで観客席で観ているんだ どうして東洋がここで戦ってないんだ 高校の時一緒にやっていた同期が活躍する所をみて ほんとに悔しいし、観るのが嫌だった でもインカレで負けるたび 自分の実力を思い知らされて 毎年毎年優勝には程遠かった 3年間悔し涙でしか終われてない でも今、目の前に挽回する 舞台がある インカレという 特別なもの 絶対に叶えたい、叶える このチームで最高の景色を観たい この仲間で嬉し泣きで終わりたい 両親に活躍した姿を見せたい 金メダルを自分達のものにしたい 後輩たちに残して終わりたい どこのチームよりも最高なんだぞって 見せつけたい 監督コーチを胴上げしたい 考えるだけで 胸が高鳴るワクワクする いくらでも口で言うことは簡単だし それらしいことは言える だから行動で表す 最後のチャンス 最後胸張って、4年間やり切ったぞ って言えるように 今までの悔しい思いは 無駄じゃなかった って言えるように 4年間のありがとうを 恩返しにできるように 感謝の気持ちを 結果で返す 置かれた環境があたりまえだと思わず ありがとうの感謝の気持ちをもって 恩返ししたい だから私は 点を決めてチームを日本一に導く 声を切らさない 最後みんなで笑って終われるように 自分の為にも チームの為にも 応援してくれてる人の為にも 全力で戦います。 そんな時 自分で解決することも大切ですが 愚痴ったり なんでもないことを話したりすることで 気が楽になります。 2020年12月21日 伊賀フットボールクラブくノ一公式HPより 姉妹のコンビプレーはまだまだ続いていく(右から常田菜、常田麻) (写真提供:東洋大学体育会サッカー部女子部) なでしこリーグ1部の伊賀フットボールクラブくノ一は、MF常田麻(食4=大商学園)、DF常田菜(食4=大商学園)の来季加入内定をHP上で発表した。 私は東洋大学に来て 優しすぎて尊敬している先輩 個性溢れる同期 最高のスタッフ に出会うことが出来ました。 時の経過の早さが身に染みて え?もう金曜日?って1週間過ぎるのが早くて 気づいたら1ヶ月終わってて 気づいたらもう 生意気で先輩を困らせてた 私たちが4年生になってて 大学4年間本当に 自分にとっては 愉しくて愉しくて 辛いやしんどいに値することが無く 悩んだこともあったけど 何もかもが今しか出来ない大切な時間や経験で サッカーがもっともっと好きになって 上手くないけど 技術が付いてきた また目標や課題もできた 大きな怪我も経験した 真面目に勉強できた ユニバーシアード日本代表に選ばれた 理科の教員免許もとれた 全て入学前には考えていなかったことが起きて 充実した日々を過ごせた 時には上手くいかない時だってあった でもそう言う時は何か自分自身に問題があって 周りに求めている自分がいたり どこかで甘えていたり 目的を間違えていたり 結局は自分で 自分が変わればって思ってやってきた そうやって思えたのも 東洋に来たからだし 気づくことができた 東洋に来て本当に良かったなって 心から思えるし 私の自慢 心から居心地のいいと思える場所で 仲間や環境から刺激をもらい成長できる場所で 自分が必要とされている場所で 何かあれば支えてくれる仲間がいる場所で この場所であたりまえのように 過ごしてきたのは、 本当に沢山の人のおかげ。 そして4年生になり、 いつもあたりまえのように 過ごしてきた時間がいつのまにか 残り30日になっていて あたりまえと思っていたけど あたりまえではない時間 過ぎていく1分1秒が 私にとって大切なもの 練習前のトレーニング室 音楽流して、筋トレして、 サビのわかる部分しかみんな歌えないから 歌って、静かと思ったら歌えない部分。 10番だからプレーで見せないと そういうことじゃなくて 10番を与えてもらった以上 期待以上のプレーをする 結果を残して チームに影響力のある人になる 1年生の頃から思ってました。 まだ高校3年生の頃 進路が決まらず 東洋の練習参加に行った時、 練習後に「10番をつけて是非東洋に来て欲しい」 この言葉が私が東洋に入ろうと思った 1つの理由でもあり、苦しい時や辛い時 何度も助けられた言葉です。.

  • .

  • .




2022 www.electionhackathon.com