リップル 裁判。 【2021年最新】リップル(XRP,Ripple)はオワコン?今後の価格や動向などを詳しく解説!

リップル訴訟まとめ──仮想通貨XRPへの影響・弁護士の見解

裁判 リップル 裁判 リップル

👎 【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】. 今の時価総額は明らかに大きすぎます。 8億ドルに上るXRPの発行が、1933年証券法に規定される証券募集の登録届出義務に違反して行われたものであると主張している。 クリス・ラーセンはこれまでもCEOの経験があり、ジェド・マケーレブは世界最大のビットコイン取引所であった「マウントゴックス」を設立者です。

19
Ripple社はリップルが時価総額ランキングで3位となるなど仮想通貨業界を引っ張る会社となり、リップルを管理する「RippleNet」も高い評価を得ています。

リップル訴訟まとめ──仮想通貨XRPへの影響・弁護士の見解

裁判 リップル 裁判 リップル

❤️ リップルの訴訟問題はいつ決まるのか? SECの過去の有価証券問題の事例 ビッサムグローバルでも現在も実際に取引が行われています。

しかし、Ripple社の中央集権的な管理を評価している声もある中で、あまり評価していない声があるのも事実です。

SECのリップル社に対する告発は「完全に間違っている」―SEC元委員長|仮想通貨ニュースと速報

裁判 リップル 裁判 リップル

👍 SECに証券取引所として登録せずに、リップルの取引サービスを継続する取引所は法執行措置などのリスクに直面するが、リップル社が裁判で勝訴すれば、取引所はリップル(XRP)を再度、取り扱うことができるだろう。 (詳細:) ODLへの影響は Chervinsky氏が影響として注目すべきポイントに挙げたのは、有価証券問題を巡る米国下のトランザクションの問題もある。 しかし、それはSWIFTのシェアを奪えなかったことを意味しますから、明らかに今の時価総額は高すぎです。

5
この動きを博打といってしまうのは簡単ですが、それだけでしょうか? コロナ禍における 未曽有の世界的な金融緩和は、 壮大なバブル相場を形成させており、 価格がマイナス価格まで大暴落した原油価格でさえ、現在は暴落前の水準まで戻しているのです。 0円で推移。

リップル社顧問、米SECの訴訟を真っ向から否定

裁判 リップル 裁判 リップル

👌 I actually have stopped hating on for some time now, but I am praying that this finally, irrevocably gets people to stop pointing at large US exchanges listing an asset as something being safe. ないしは一部の制限ではなく、「そのビジネスそのもの自体が終わってしまう」という結果が最悪のシナリオだと。

7
サポート体制も充実していて、24時間365日サポート対応が可能となっています。 XRPホルダーはとても幸せです。

SEC元幹部「リップル側は訴訟に勝つチャンスがある」|SEC側敗訴の可能性を示唆

裁判 リップル 裁判 リップル

😋 ちなみに、 XRPでの資金援助は、 XRPの実用性が高まり、エコシステムの価値を高めるためだ!という反論もありますが、これは誤りです。 一方、リップル社側の見解としては、11月末にポッドキャスト番組に出演したGarlinghouse氏が、仮想通貨XRPが規制当局から有価証券と判断されたら際に影響についてコメントしている。 もはや、何のためのコインなのでしょうか?これらも直接的な売り圧となります。

10
デジタル通貨が過去に失敗した理由は、集中型デジタル通貨を規制で殺すのが容易すぎるためです。 すでに、司法省と財務省のFinCenを含む米主要政府省庁がXRPを通貨とみなしているため、XRPのトランザクションは連邦証券法の管轄外にある。

リップル社、米SECの提訴に対する反論文書を提出

裁判 リップル 裁判 リップル

📲 米証券取引委員会(SEC)が暗号資産「リップル(XRP)」の売却をめぐってリップル社を提訴する意向だと、リップルCEOのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏が21日に声明で述べた。

1
今後も訴訟の行く末に注目する必要がありそうだ。

リップル(XRP)が将来的にもう上がらない8つの理由【2020】

裁判 リップル 裁判 リップル

💅 現時点では、和解なし 今回の共同文書に記載された、和解の見通しの項目では、「両当事者の弁護士が面会して協議したものの、現時点では、和解の見通しはないと考えている」としている。 あとの半数はいまだ公表していません。

14
米国の裁判所はグラムを米国内だけでなく、世界的に流通させることはできないと宣言しました。 米国においても、Ripple社が最終的に米国で勝利を勝ち取ると強く信じています。