人事 異動 決め方 - 教職員の人事異動ってどうやって決めるんですか?教育委員会が決めるんです...

異動 決め方 人事 銀行の転勤・異動の時期は?頻度は?【元銀行員が全部答えます】

異動 決め方 人事 どうやって決める?人事異動成功のポイント

異動 決め方 人事 人事異動が多い人の特徴6選|部署異動や転勤をさせられる理由とは?

異動 決め方 人事 人事異動の流れや手順を、時系列に沿ってわかりやすく解説!

異動 決め方 人事 異動希望が通らないのはなぜ? 4月異動はどう決まるかを人事のプロが解説(やつづかえり)

異動 決め方 人事 公務員の人事異動はどうやって決まるのか【元公務員人事が解説】

人事異動の決め方は?適材適所の解決方法

異動 決め方 人事 【異動希望は無意味?】公務員の人事異動の決め方・仕組みを解説!

元教師が解説。教師の異動って誰がどうやって決めてるの??

異動 決め方 人事 人事異動の決め方は?多い人の特徴やネガティブな人事異動を避けるコツを紹介

異動希望が通らないのはなぜ? 4月異動はどう決まるかを人事のプロが解説(やつづかえり)

異動 決め方 人事 人事異動が多い人の特徴6選|部署異動や転勤をさせられる理由とは?

異動 決め方 人事 公務員の人事異動の裏側を元人事が解説

公務員の人事異動の裏側を元人事が解説

〇特別職(知事・副知事)が部長・局長(一般職のトップ)の人事異動を決める 〇部長・局長が総括課長や課長の人事異動を決める 〇人事課長が課長以下の職員の人事異動を決める 注 政令市でも局長職がない市や、逆に政令市でないのに局長職がある市があるなど紛らわしいので、 県庁における役職を例に解説しています。 1:首長などの特別職が部長職・局長職を決める 2:人事部長、人事課長が課長職を決める 3:人事課長、人事係長が係長職、ヒラ職員を決める ステップ1:首長などの特別職が部長職・局長職を決める 一般職のトップにあたる部長職や局長職は、 特別職(=市長・知事といった首長と呼ばれる人、首長に任命される副市長、副知事といった人)が決めています。 バランス的な問題で、人事から提案することも 希にありますが、個人レベルの異動を検討することはなく、 あくまでも人数調節がメインで、可能な限り採用~配属で調節 します ただ、人事というのも直属上司の好き嫌いだけで人材を埋没さ せる訳にはいかないので、データとしての成績や、自己評価、 面接等々のさまざまな情報で優秀な人材を評価しようとします。 それで、これは推論になるのですが、上記のような場合、 まず一番上から、社長及びその周辺(常務会?)が取締役を決めて、 取締役会が(各県ごとにおかれた)各支店長を決める、 その各支店長がまたその支店内の主要人事を決める、 その流れで、各部署の長(部長)がその部内の人事を決める、 という風に一連の人事が行われると考えてよいのでしょうか? (つまり自分の人事は、直属の上司の意向と思えばよいのでしょうか?) 組織内でいつもある意味不気味に感じております。 人事異動はどのように決まるのか ・関係者と協議して決めた方が適切な内容になる可能性が高い ・関係者と協議して決めた方が配置に失敗があったときの逃げ道が出来る 人事の本音の一つ 起案や発令という人事異動に関わる手続きは人事が行うことになるため人事が独断で人事異動を行うことは可能ですが、通常はやりません。 人それぞれ価値観やものの見方も異なりますし、自分はAさんが最適だと思っても、別の人はBさんしかいないと思っていることが往々にしてありますから、複数の候補者を挙げて 「誰が一番能力が高いか?」 を基準にするのではなく、あくまでも 「 誰がこの職務に適しているか?」 を基準に選んでください。 人事異動に攻略法はない さて、 人事異動の決まり方ですが、そういう訳で一部のよく出来る社員、そして逆によく出来ない社員を除き、 人事が作る案を基にした関係者協議 トレード会議という程ではありませんが少し近い部分もあります が行われ、組織強化、業務遂行、育成などの観点からきめられていくのが実態です。 「人事異動の大まかな流れを掴みたい」 「あらためて人事異動の正しい手順を確かめたい」 「人事異動のプロセスを幹部社員に説明したい」 というあなたに、今回は、 人事異動の準備段階から候補者選び、内示や辞令、発令後のフォローまで、その流れや手順を時系列に沿ってわかりやすく解説いたします。 ・仕事がよく出来る人の異動(取られる側が反対する) ・仕事が出来ない人の異動(配置される側が反対する) ・特定の業務に長期間携わっている人の異動(その人に業務がくっついてしまっていて後任に引き継ぐのが大変) ・仕事は通常にこなすが性格に難がある人の異動(人間関係で問題が生じることを懸念され配置予定先から反対される) 少なくとも配置される側に反対されて異動が難航するキッカケになる様な社員にはならないようにしたいですね。 最初は、「新宿営業所のリニューアルを1ヶ月ほど手伝って欲しい」 ということだったので、大阪の自宅をそのままにして、東京に乗り込んだのですが、もう少しで1ヶ月になろうかというときに、 「やっぱり軌道に乗るまで3ヶ月ほど滞在して欲しい」 と告げられ、3ヶ月目が終わろうかというときに、 「1年くらいやってみるか!」 と言われ、大阪の自宅を引き払って東京へ引っ越しすることに…。 (規模の大きい自治体だと職員数が1万人ぐらいいて、人事課にいる数人で全職員の異動について考えるわけですから、人事がなぜ異様に忙しいのか分かってもらえるかと思います…) なぜ異動希望は通らないのか どうしても行きたい部署があるのに、今年も希望が通らなかった… 人事は職員の異動希望なんて見てないに違いない! 役所にいると、こういった意見がよく聞かれます。 「 選択と集中」を実行する前に、会社の事業をあらためて見直して、 「無理や無駄はないか?」 「もっとシンプルにできないか?」 「顧客ニーズに応えられているか?」 という質問を自身に投げかけてみると、為すべきことが見えてくるでしょう。 人事異動から生まれた好循環が社内全体に広がると、 「自分も新しい環境でリスタートしたい」 という社員が現れたり、 「うちの会社はまだまだこれから!」 といった上昇ムードも高まります。 どういうことかと言うと、 ・部長級の異動は人事部長が ・課長級の異動は人事課長が ・係長級の異動は人事係長が ・一般職員の異動は人事担当者が それぞれ案を作るイメージです。 その際、 「なぜこの時期にそれを行うのか?」 「どんな未来を実現したいのか?」 「具体的にどのような活動を行うのか?」 をできるだけ自分の言葉で熱く語ってください。.

  • .

  • .




2022 www.electionhackathon.com