一般 的 な 麻雀 は 何 個 の 牌 を 使っ て 行う - 【麻雀用語】初心者が覚えるべき基本用語を全て解説

何 麻雀 て 行う 牌 使っ 一般 は 個 な を 的 の 麻雀の役 一覧表

「一般的な麻雀は何個の牌を使って行う?」ふろん太さんのブログ(2016/07/06)

何 麻雀 て 行う 牌 使っ 一般 は 個 な を 的 の 麻雀の役 一覧表

何 麻雀 て 行う 牌 使っ 一般 は 個 な を 的 の 2015

麻雀の役 一覧表 シンプル見やすい!

何 麻雀 て 行う 牌 使っ 一般 は 個 な を 的 の 【麻雀用語】初心者が覚えるべき基本用語を全て解説

配牌

何 麻雀 て 行う 牌 使っ 一般 は 個 な を 的 の これで恥をかかなくて済む!麻雀の席決めから親決めの簡単方法

何 麻雀 て 行う 牌 使っ 一般 は 個 な を 的 の これで恥をかかなくて済む!麻雀の席決めから親決めの簡単方法

何 麻雀 て 行う 牌 使っ 一般 は 個 な を 的 の 【麻雀用語】初心者が覚えるべき基本用語を全て解説

麻雀初心者が覚えるべきルールをやさしく解説|役の一覧・基本・入門用ガイドブック|SMARTCAMP DEXIGN|note

何 麻雀 て 行う 牌 使っ 一般 は 個 な を 的 の 【麻雀用語】初心者が覚えるべき基本用語を全て解説

麻雀の役 一覧表 シンプル見やすい!

何 麻雀 て 行う 牌 使っ 一般 は 個 な を 的 の 麻雀初心者が覚えるべきルールをやさしく解説|役の一覧・基本・入門用ガイドブック|SMARTCAMP DEXIGN|note

何 麻雀 て 行う 牌 使っ 一般 は 個 な を 的 の 配牌

麻雀初心者が覚えるべきルールをやさしく解説|役の一覧・基本・入門用ガイドブック|SMARTCAMP DEXIGN|note

槓ドラ(カンドラ) プレイヤーが カン した場合に、 ドラ表示牌 の隣の牌を開き ドラ表示牌 が追加されるルール。 翻牌(ファンパイ) 刻子(コーツ) や 槓子(カンツ) を作ると 翻(ファン) が付く 役牌(ヤクハイ)のこと。 嶺上牌(リンシャンハイ) 牌山(ハイヤマ) を 開門(カイメン) した際、王牌(ワンパイ) の内、ドラ表示牌 の隣の最後の4枚。 河(ホー) 捨牌 を並べる 山牌 に囲まれた卓上の中央部分の場所。 三元牌 [ ] 三元牌(サンゲンパイ)とは、のうち、 白(ハク、しろ)、 發(ハツ、あお、漢字は発の旧字)、 中(チュン、なか、あるいはあか)の3種類の牌の総称である。 メンゼン/食い系用語 メンゼン役 ポン、チー、明カン などせず、ツモ で 面子(メンツ) を全て揃えて アガる 役。 四風連打(スーフーレンダ) 全プレイヤーの最初の 捨牌 が同じ 風牌 だった場合に 流局 となる。 闇聴(ヤミテン) 門前(メンゼン)で テンパイ している状態で 立直 せずに黙っている状態。 スジ系用語 筋(スジ) あと1枚揃えば 順子(シュンツ) が完成する2枚組を塔子(ターツ)と言い、この 塔子 の 両面待ち(リャンメンマチ) となる両端の待ち牌のことを筋と言う。 中張牌(チュンチャンパイ) 数牌(シュウパイ) の中の 2 ~ 8 までの牌の総称。 待ち系用語 嵌張待ち(カンチャンマチ) テンパイ の際、例えば完成していない最後の面子(メンツ)が[ 1・3 ]であり、真ん中の数字がない状態で、真ん中の数字の牌が来れば、順子(シュンツ)が完成し和了(ホーラ=アガり)となる1枚の待ちの形。 暗槓(アンカン) 配牌 や 自摸(ツモ) で 槓子(カンツ) を作る行為。 回し打ち(マワシウチ) テンパイ者 や リーチ者 に対して、安全牌を打牌(ダハイ)し危険牌を避けて ロン を回避しつつ、自分の 手牌 を揃えて アガり を目指す戦法。 栄和(ロンホー) 他家 の 捨牌 で アガリ形 を完成させ、アガり を宣言して 手牌 を開く行為。 倍満(バイマン) アガり役 が 8、9、10翻 の場合に付与される点数。 上家(カミチャ) 自分から見て左隣の人 下家(シモチャ) 自分から見て右隣の人 対面(トイメン) 自分から見て正面の人 仮東(カリトン) ゲーム開始時、プレイヤーの場所を決める際、東の牌を取った人が座る位置。 圏風牌(チャンフォンパイ) 現在の 局 における場と同じ 風牌(フォンパイ) のこと。 その 局 で アガる ことはできない。 場風牌(バカゼハイ) 現在の 局 における場と同じ 風牌(フォンパイ) のこと。 打牌(ダハイ) 自摸(ツモ) や ポン・チー・カン などの後に、牌を1枚 河(ホー) に 捨てる/切る 行為。 手役(テヤク) アガり役 や 手牌 の 役 のこと。 槓ウラ(カンウラ) 槓ドラが追加されている際、立直(リーチ) をかけて アガッた場合に、槓ドラ表示牌 の真下に位置する牌も ドラ表示牌 となるルール。 塔子(ターツ) [12] や[56] や[79]など2枚の 数牌(シュウパイ) の組み合わせ。 萬子(ワンズ/マンズ) 漢数字に 萬 の図柄の描かれた 数牌(シュウパイ)で一萬から九萬までの9種類の牌の総称。 双碰待ち(シャンポンマチ) テンパイ の際、例えば完成していない最後の面子(メンツ)が[ 3・3・中・中 ]とあり、待ちの形が対子(トイツ)2組ある状態で、どちらか一方の種類の牌が来れば、一方が アタマ となり、一方が 刻子(コーツ)となり 和了(ホーラ=アガり)する2枚の待ちの形。 オタ風(オタカゼ) 場風(バカゼ) や 門風(メンフォン) でない 風牌(フォンパイ) のこと。 アガった 時に揃えられている 待ちの種類 や 役 などの形。 カン の時に 配牌 する 牌。 跳満(ハネマン) アガり役 が 6、7翻 の場合に付与される点数。 =メンゼンツモ 一発(イッパツ) 立直(リーチ) をかけてから 1巡内 に ツモ や ロン で アガる こと。 配牌 から アガる 勝者が出るまで、或いは、誰も アガら ない 流局 までが 1局。 小場(コバ) 小さな アガり役 で安い点数のやり取りが続く 場 の状況のこと。 平場(ヒラバ) 親が1回目で 積み棒 が1本もない 局 のこと。 客風牌(コーフォンパイ) 場風(バカゼ) や 門風(メンフォン) でない 風牌(フォンパイ) のこと。 プレイヤー名称の用語 親(オヤ) 現在の 局 における 東家(トンチャ) のこと。 ヤオの漢字について [ ] 「么九牌」の「ヤオ」は幺の異体字で、「 么」 である。 門風牌(メンフォンパイ) 現在の 局 における自分の 風牌(フォンパイ) のこと。 「ほんとうに何にも知らない私でも覚えられるの?」や 「他の健康麻雀施設で苦い経験をしたんだけど、どこもそんな感じかな?」 のような本気の意見など、健康麻雀に関してなら何でも親身にお答えします! 健康麻雀を楽しみたいみなさんのためなら何でもおまかせ! 「おまかせと言ってもあんた誰?」と思っているかもしれませんね! ちゃんと信頼できる人なんだということを猛アピールさせて下さい。 明槓(ミンカン) 鳴き(副露:フーロ) で 槓子(カンツ) を作る行為。 聴牌(テンパイ) 残り1枚必要な牌が 手牌 に加われば 和り(アガリ) となる状態。 本場(ホンバ) 親が 連荘 か ノーテン で 流局 した場合に 本場 が増える。 積み棒(ツミボウ) 親 が 連荘(レンチャン) している目印として卓上に置く100点棒のこと。 不聴(ノーテン) 面子(メンツ) や アタマ が揃っていない、テンパイ していない状態。 風牌の表記は英語表記の頭文字 East, South, West, North 、三元牌の表記は白 Pi 、発 Fa 、中 Chung の頭文字と考えられる。 ワンチャンス 場に同じ種類の数牌(シューハイ)が3枚見えており、それにより 両面待ち に対応した安全牌の壁スジが出現し、その牌を打牌して ロン を回避する守備の戦法。 スジ追い スジのメカニズムに従って安全と思われる牌を 打牌(ダハイ)する、または、 危険と思われる牌を打牌しないしないで ロン を避ける戦術。 同巡内振聴(ドウジュンナイフリテン) テンパイ の状態で 他家(ターチャ) が 打牌 した アガり牌 を見逃してしまった後、自分のツモ巡が来ていない一巡する前までの状態。 席を移動する がある席が仮東の席になるので、 の牌を持っている人が の席に移動をして、残りの人は反時計回りに の順番に席につきます。 ノベタン テンパイ の際、アタマ が1枚しかなく、例えば手牌に[ 2・3・4・5 ]とあり、 2 か 5 のどちらか一方が来れば 対子(トイツ) となり アタマ が完成し 和了(ホーラ=アガり) する 2枚待ちの形。 包則(パオ) 役満(ヤクマン) を確定させるような行為をした場合に 罰符(バップ) を支払うルール。 四風子連打(スーフォンツリェンター) 全プレイヤーの最初の 捨牌 が同じ 風牌 だった場合に 流局 となる。 戦術系用語 オリる テンパイ者 や リーチ者 に対して、自分の 手牌 を揃えることより、他家 に ロン されないように安全な牌を捨てたり、危険牌の打牌(ダハイ)を避けたりすることを優先する守備の戦法。 ダブ東(ダブトン) 東場(トンバ) の 東家(トンチャ) の状態で東の 刻子(コーツ) を作ると2翻付く。 即リー(ソクリー) テンパイ したら即 立直 をかけること。 また、それにより 両面待ち に対応した安全牌の壁スジが出現し、その牌を打牌して ロン を回避する守備の戦法。 喰いタン 他家(ターチャ) の 捨牌 で ポン、チー、明カン などして 鳴き(副露:フーロ) ながら タンヤオ を揃えること。 オタ風牌(オタカゼハイ) 場風(バカゼ) や 門風(メンフォン) でない 風牌(フォンパイ) のこと。 暗カン(アンカン) 3枚同じ種類の牌がある 刻子(コーツ) の状態で 自分のツモ牌を利用して4枚の 槓子(カンツ) を作る行為。 アガり系用語 和了(ホーラ) 決められたルールに従って揃えた 手牌 を ツモ か ロン を宣言して全員に見せること=和り(アガり)。 王牌 はツモれないが、カン の時に 配牌 する嶺上牌(リンシャンハイ) は例外。 その 局 で アガる ことはできない。 風牌: E, S, W, N または 1z・2z・3z・4z• 鳴き用語 ポン 手牌に2枚同じ種類の牌が揃っている 対子(トイツ) がある状態で、 他家(ターチャ) が切った牌を貰って3枚の 刻子(コーツ) を作る行為。 例えば、[ 4・6 ]の嵌張待ちで[ 7 ]をツモ し、[ 4 ]が切り出された場合、待ちは[ 5-8 ]となる。 一二三 4 5 6 789東東東中中 筒子全体をまとめて 456 などと表記する場合もある。 門前(メンゼン) 他家(ターチャ) の 捨牌 で ポン、チー、明カン などによる 鳴き(副露:フーロ) をせず、ツモ によって自力で手牌を揃えること。 ダブルリーチ 1巡目に 立直 を宣言することで2翻役が成立する アガり役。 ツッパる テンパイ者 や リーチ者 に対して、危険牌と思われる牌でも打牌(ダハイ)し、 手牌 を揃え アガる ことを優先する一打。 西家(シャーチャ) 現在の 局 の親の 東家(トンチャ) から見て正面の人。 起家(チーチャ) 半荘(ハンチャン) で 東1局 の最初の親など対局開始時の最初の親のこと。 尖張牌(センチャンパイ) 数牌(シュウパイ) の中の 3 と 7 であり、端から3番目の牌の総称。 中筋(ナカスジ) 他家(ターチャ) が 両面待ち(リャンメンマチ) をしている場合にフリテンルールにより安全とされる 牌 のことで、他家 の 捨牌 に[ 1・7 ]がある場合は[ 4 ]の待ちはない、[ 2・8 ]がある場合は[ 5 ]の待ちはない、[ 3・9 ]がある場合は、[ 6 ]の待ちはない、とする考えのもと、 捨て牌[ 1・7 ]に対する筋[ 4 ]、捨て牌[ 2・8 ]に対する筋[ 5 ]、捨て牌[ 3・9 ]に対する筋[ 6 ] が中筋の3筋である。 辺張待ち(ペンチャンマチ) テンパイ の際、例えば完成していない最後の面子(メンツ)が[ 1・2 ]であり、端の数字がない状態で、端の数字の牌が来れば、順子(シュンツ) が完成し和了(ホーラ=アガり)となる1枚の待ちの形。 アガった 時に揃えられている 待ちの種類 や 役 などの形。 ttf 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• 赤牌(アカハイ) 手牌 にあるだけで ドラ 扱いとなる特別な牌。 ゲームルールの用語 頭ハネ(アタマハネ) あるプレイヤーの 打牌(ダハイ) に対して2人以上が同時に ロン を宣言した場合、打牌 した人から反時計回りで最も近いプレイヤーに アガる 優先順位があるルール。 [ 1 ]が捨牌にある場合[ 2-5 ]、 [ 2 ]が捨牌にある場合[ 3-6 ]、 [ 3 ]が捨牌にある場合[ 4-7 ]、 [ 4 ]が捨牌にある場合[ 5-8 ]、 [ 5 ]が捨牌にある場合[ 1-4 ][ 6-9]、 [ 6 ]が捨牌にある場合[ 2-5 ]、 [ 7 ]が捨牌にある場合[ 3-6 ]、 [ 8 ]が捨牌にある場合[ 4-7 ]、 [ 9 ]が捨牌にある場合[ 5-8 ]。 門前清自摸和(メンゼンツモ) 自摸(ツモ) によって、 アガリ形 を完成させ、アガり を宣言して 手牌 を開く行為。 河底牌(ホウテイハイ) 最後の 海底牌(ハイテイハイ) を取得した人が 打牌 した 最後の 捨牌。 風牌(フォンパイ/カゼハイ) 牌 の中の 東(トン)・南(ナン)・西(シャー)・北(ペー) の 牌。 荘風牌(チャンフォンパイ) 現在の 局 における場と同じ 風牌(フォンパイ) のこと。 2 右2(ウニ) 3 対3(トイサン) 4 左4(サシ) 5 自5(ジゴ) 6 右6(ウロク) 7 対7(トイシチ) 8 左8(サハ) 9 自9(ジク) 10 右10(ウジュウ) 11 対11(トイジュウイチ) 12 左12(ヒダリジュウニ) サイコロの出目の呼び方は、人によっても異なりますが、対応をする席は同じになります。 不聴罰符(ノーテンバップ) 誰も アガり なしで 局 が終了した場合、 ノーテン のプレイヤーが テンパイ のプレイヤーに点数を支払うこと。 チー 手牌に2枚連続した 数牌(シュウパイ)の 塔子(ターツ) がある状態で、 上家(カミチャ) が切った牌を貰って3枚の 順子(シュンツ) を作る行為。 洗牌(シーパイ) 各 局 のゲーム開始時、牌 をプレイヤー全員で良く混ぜる行為。 和了る(アガる) 決められたルールに従って揃えた 手牌 を ツモ か ロン を宣言して全員に見せること=和了(ホーラ)。 和る(アガる) 決められたルールに従って揃えた 手牌 を ツモ か ロン を宣言して全員に見せること=和了(ホーラ)。 喰い下がり(クイサガリ) 他家(ターチャ) の 捨牌 で ポン、チー、明カン などして 鳴き(副露:フーロ) によって1翻(イーファン)下がること。 圏風牌 [ ] 圏風牌(チャンフォンパイ、 荘風牌、 場風牌、 場風とも)はの一種で、場と同じ牌(東場なら東、南場なら南、西場なら西、北場なら北)のことをいう。 ベタオリ テンパイ者 や リーチ者 に対して、完全に勝負を諦めて、現物(ゲンブツ) や 完全安全牌(カンゼンアンゼンハイ) を最優先で打牌(ダハイ)し、現物などがなければ、スジ追いによる安全牌や危険牌の推測によって ロン を極力回避し守備に徹する戦法。 副露(フーロ) 他家 の 捨牌 を ポン、チー、明カン などして取得することで面子(メンツ)を揃えること。 ツモ切り(ツモギリ) 牌山 から 自摸(ツモ) した牌を 手牌 に混ぜないでそのまま捨てる行為。 ドラ系用語 ドラ アガった場合に、 ドラ を持っていれば1枚で1翻(イッパン/イーファン)加算される特別な牌。 足止め立直(アシドメリーチ) 他家(ターチャ)を牽制し、聴牌(テンパイ) を遅らせたり崩させたりするための 安手 や 愚形 の 立直。 場風(バカゼ) 現在の 局 における場と同じ 風牌(フォンパイ) のこと。 [ 2・3 ]に対しての[ 1-4 ] [ 3・4 ]に対しての[ 2-5 ] [ 4・5 ]に対しての[ 3-6 ] [ 5・6 ]に対しての[ 4-7 ] [ 6・7 ]に対しての[ 5-8 ] [ 7・8 ]に対しての[ 6-9 ] 以上6筋 表筋(オモテスジ) 他家(ターチャ) が 両面待ち(リャンメンマチ) をしている場合にフリテンルールにより安全とされる 牌 のことで、他家 の 捨牌 に[ 4 ]がある場合は[ 1-4 ][ 4-7 ]待ちはない、[ 5 ]がある場合は[ 2-5 ][ 5-8 ]待ちはない、[ 6 ]がある場合は、[ 3-6 ][ 6-9 ]待ちはない、とする考えのもと、 捨て牌[ 4 ]に対する筋[ 1-7 ]、捨て牌[ 5 ]に対する筋[ 2-8 ]、捨て牌[ 6 ]に対する筋[ 3-9 ] が表筋の3筋である。 裏ドラ(ウラドラ) 立直(リーチ) をかけて アガッた場合に、ドラ表示牌 の真下に位置する牌も ドラ表示牌 となるルール。 対子(トイツ) [22] や [77] など2枚同じ種類の牌の組み合わせ。 単騎待ち(タンキマチ) テンパイ の際、すべての面子(メンツ)が完成しているが、アタマ が1枚しかなく、もう1枚来れば 対子(トイツ) が完成し和了(ホーラ=アガり)となる1枚待ちの形。 三元牌: D, H, T(プログラム記述などの場合に多い) または P, F, C(など) または 5z・6z・7z• 東家(仮東)A 南家 B 西家 C 北家 D 最初に仮東である、Aさんがサイコロを振り、出た目に該当する席に座っている人が親と呼ばれる立場になります。 暗刻(アンコ) 配牌 や 自摸(ツモ) で 刻子(コーツ) を作る行為 明刻(ミンコ) 鳴き(副露:フーロ) で 刻子(コーツ) を作る行為。 例えば、他家(ターチャ) の 捨牌 に、[ 1 ]と[ 6 ]がある場合、[ 1 ]の 裏筋 は[ 2-5 ]であり、[ 6 ]の裏筋も[ 2-5 ]であるので、[ 2-5 ]筋は 間四軒 となる。 ゼンツッパ テンパイ者 や リーチ者 に対して、危険牌 を打牌(ダハイ)してでも自分の 手牌 を揃え アガる ことを最優先する戦法。 ロン 他家 の 捨牌 で アガリ形 を完成させ、アガり を宣言して 手牌 を開く行為。 幺九牌(ヤオチュウハイ) 数牌(シュウパイ) の 1 と 9 と 字牌(ツーパイ) の牌の 総称。 例えば、手牌に、[ 4・5 ]がある場合においての[ 3-6 ]待ちなどである。 三元牌(サンゲンパイ) 字牌(ツーパイ) の中の 白・發・中(ハク・ハツ・チュン) の総称。 アリス メンゼン 或いは 立直(リーチ) で 和了(ホーラ=アガり)した場合、ドラ表示牌 の隣の牌を捲り、手牌に同じ種類の牌があればチップを貰えるルール。 片筋(カタスジ) 他家(ターチャ) が 両面待ち(リャンメンマチ) をしている場合に片方のみの待ちに絡む 牌 のことで安全牌読みで使用される筋。 両面待ち(リャンメンマチ) テンパイ の際、例えば完成していない最後の面子(メンツ)が[ 3・4 ]であり、両面塔子(リャンメンターツ)の状態で、両端のどちらの牌が来ても順子(シュンツ)が完成し和了(ホーラ=アガり)となる2枚の待ちの形。 連風牌(リェンフォンパイ/レンフォンパイ) 圏風牌(チャンフォンパイ) でかつ 門風牌(メンフォンパイ) でもある牌のこと。 振聴(フリテン) 自分の アガり牌 が 自分の 捨牌 の中にある状態や、立直後に他家(ターチャ) が 打牌 した アガり牌 を見逃してしまった状態。 喰い制限なし(クイセイゲンナシ) 他家(ターチャ) の 捨牌 で ポン、チー、明カン などして 鳴き(副露:フーロ) をしても 役 が成立すること。 黙聴(ダマテン) 門前(メンゼン)で テンパイ している状態で 立直 せずに黙っている状態。 (資料を使って30分ほど説明) 森重: ここまでの説明で理解度はどれくらいですか? 古橋: 資料の説明は抜群にわかりやすかったです! 麻雀の書籍を出すのは構いませんが、世界観が強すぎるので気にはなります。 門風(メンフォン) 現在の 局 における自分の 風牌(フォンパイ) のこと。 加槓(カカン) ポン している状態で 同じ種類の牌を 自摸(ツモ) した場合に、 カン をして 槓子(カンツ) を作る行為。 三元牌: 白, R, 中 これは日本国内で主に用いられるので、風牌(のうち、漢字の画数が多い東と南)は英語の略である 'E' 'S' ではなく、「トン」「ナン」「シャー」「ペー」の頭文字を取るなどしている。 立直(リーチ) テンパイ 状態で 立直 と宣言して1,000点棒を 場 に出すことで付く アガり役。 花牌 [ ] マレーシアの花牌:四季牌(春夏秋冬)と四君子牌(梅蘭菊竹)と四芸牌(琴棋書画)と四業牌(漁樵耕読) 花牌を使う麻雀は花麻雀と呼ばれ、各地で様々な花牌が登場している。 点数系の用語 翻(ファン、ハン) 手役の種類 や ドラの枚数 によって点数を数える場合の単位。 自風牌(ジカゼハイ) 現在の 局 における自分の 風牌(フォンパイ) のこと。 流局(リュウキョク) 麻雀ゲームで誰も アガり がなく 局 が終了すること。 立直/テンパイ系用語 一向聴(イーシャンテン) 残り1枚必要な牌が 手牌 に加われば 聴牌(テンパイ)となる状態。 ダブ南(ダブナン) 南場(ナンバ) の 南家(ナンチャ) の状態で南の 刻子(コーツ) を作ると2翻付く。 牌の組み合わせに関する用語=面子(メンツ) 頭(アタマ) 雀頭(ジャントウ)といって アガりの形 の中で同じ種類の牌2枚1組で作る組み合わせ。 スジを追う スジのメカニズムに従って安全と思われる牌を 打牌(ダハイ)する、または、 危険と思われる牌を打牌しないしないで ロン を避ける戦術。 王牌(ワンパイ) 各 局 の 配牌 時に 牌山 の最後に残す2段7列の14枚の牌。 つまり、[ 5-8 ]は[ 4 ]の隣の牌である[ 5 ]から成る筋である。 例:東1局2本場(東場 の最初の 局 で親が3回 続いている状態) 荒れ場(アレバ) 大きな アガり役 で高い点数のやり取りが続く 場 の状況のこと。 ツモと捨て牌 自摸(ツモ) 局 の最初に作った 牌山 からプレイヤーが順番に牌を1枚取る行為。 また、それにより 両面待ち に対応した安全牌の壁スジが出現し、その牌を打牌して ロン を回避する守備の戦法。 鳴く(晒す、叩く) 他家 の 捨牌 を ポン、チー、明カン などして取得することで面子(メンツ)を揃えること。 数え役満(カゾエヤクマン) アガり役 が 13翻以上 の場合に付与される点数。 捨牌(ステハイ) 打牌(ダハイ) によって捨てられた 牌、又は、その牌が並べられた 河(ホー)にある牌のこと。 符(フ) 待ち の種類や 面子(メンツ) の種類によって点数を計算する場合の単位。 順子(シュンツ) [123] や [567] など3枚連続した数牌(シュウパイ) を揃えた面子(メンツ)のこと。 放銃(ホウジュウ) 自分の 打牌 に対して 他家 が ロン して アガられてしまうこと。 満貫(マンガン) アガり役 が 5翻 の場合に付与される点数。 槓子(カンツ) [2222] や [東東東東] など4枚同じ種類の牌を揃えた面子(メンツ)のこと。 老頭牌(ロートーハイ) 数牌(シュウパイ) の 1 と 9 の牌の総称。 二向聴(リャンシャンテン) 残り2枚必要な牌が 手牌 に加われば 聴牌(テンパイ)となる状態。 三倍満(サンバイマン) アガり役 が 11、12翻 の場合に付与される点数。 南家(ナンチャ) 現在の 局 の親の 東家(トンチャ) から見て右の人。 裸単騎(ハダカタンキ) ポン、チー、カン、などによってすべての 面子(メンツ) を晒している状態で アタマ の残り1枚を待っている状態。 開門(カイメン) 配牌 時に親のサイコロの出目に従って 牌山 を切り開くこと。 明カン(ミンカン) 3枚同じ種類の牌がある 刻子(コーツ) の状態で 他家(ターチャ) が切った牌を貰って4枚の 槓子(カンツ) を作る行為。 初心者:スマートキャンプ代表の古橋、正社員の倉光 解説者:デザイナー森重(麻雀歴:半年/好きな役:四暗刻単騎待ち) 森重: そもそもなんで麻雀をはじめたいと思ったんですか? 古橋: 尊敬するサイバーエージェント藤田社長も、麻雀に対する強い愛と、Mリーグというプロ競技になったことで興味を持つようになりました。 四家同風(スーチャトンフォン) 全プレイヤーの最初の 捨牌 が同じ 風牌 だった場合に 流局 となる。 風牌: T, N, 西, 北• 北家(ペーチャ) 現在の 局 の親の 東家(トンチャ) から見て左の人。 刻子(コーツ) [222] や [東東東] など3枚同じ種類の牌を揃えた面子(メンツ)のこと。 子(コ) 親 以外の 南家(ナンチャ) 西家(シャーチャ) 北家(ペーチャ) のこと。 ロン や ツモ で アガッた牌。 風牌(フォンパイ)の 東西南北(トンナンシャーペー) の4種と 白發中(ハクハツチュン) の 三元牌(サンゲンパイ) の3種の合計7種。 風牌 [ ] 風牌(フォンパイ、カゼハイ)とは、のうち、 東(トン、ひがし)、 南(ナン、みなみ)、 西(シャー、にし)、 北(ペー、きた)の4種類の牌の総称である。 振り込み 自分の 打牌 に対して 他家 が ロン して アガられてしまうこと。 一本場(イッポンバ) 現在、親 の 連荘(レンチャン) 或いは、流局(リュウキョク) によって 積み棒 を一本卓上に出した状態。 「」も参照 客風牌 [ ] 客風牌(コーフォンパイ、きゃくふうはい)とは、役牌ではない風牌のことである。 他家 の 捨牌 に [ 1 ]がある場合は[ 4 ]、 [ 2 ]がある場合は[ 5 ]、 [ 3 ]がある場合は[ 6 ]、 [ 7 ]がある場合は[ 4 ]、 [ 8 ]がある場合は[ 5 ]、 [ 9 ]がある場合は[ 6 ] の筋のこと。 和り(アガり) 決められたルールに従って揃えた 手牌 を ツモ か ロン を宣言して全員に見せること=和了(ホーラ)。 自風(ジカゼ) 現在の 局 における自分の 風牌(フォンパイ) のこと。.

  • .

  • .




2022 www.electionhackathon.com