務める 例文 - 「努める」「勤める」「務める」の意味の違いと使い分けを解説

例文 務める 努める・勤める・務めるの意味の違いや使い分け【例文・類語】

例文 務める 「務める」の意味とは?勤める・努めるとの違いや敬語表現も解説

「務める」の用例・例文集

例文 務める 「要職を務める」の用例・例文集

例文 務める 「努める・勤める・務める・勉める」の違い

例文 務める 「務める」の敬語表現・務めるの使い方と例文・別の敬語表現例

例文 務める 「務める」「勤める」「努める」似ている意味の違いを例文を交えてスッキリ理解

努める・勤める・務めるの意味の違いや使い分け【例文・類語】

例文 務める 「努める」「勤める」「務める」の意味の違いと使い分けを解説

例文 務める 務めるの例文

「努める」「務める」「勤める」の違い

例文 務める 「要職を務める」の用例・例文集

例文 務める 「努める」「勤める」「務める」の意味の違いと使い分けを解説

「努める」「勤める」「務める」の意味の違いと使い分けを解説

務めるの意味・類語・言い換え

件名:新任のご挨拶(株式会社ビジマナねっと 山田) 〇〇株式会社 営業部 〇〇 〇〇 様 平素より大変お世話になっております。 She acted as a receptionist.

  • 「務める」の例文 ・初当選したので4年間市長を務めます ・新年度から会社の社長を務めます ・彼女は受付係を務めることになった ・今年は飲み会の幹事を務めます ・私は演劇の主役を務めます 「務める」の敬語と英語表現 「務める」の敬語表現 「務める」は、どちらかと言うと ビジネスシーンでよく使われますので、敬語表現にも注意する必要があります。 まとめ この記事のおさらい ・「務める」は「つとめる」と読み、「ある役割や役目を引き受けて、それを行うこと」という意味がある ・「勤める」は「勤務する」や「雇われて働く」という意味で、「務める」と混同しそうになるなら通勤が発生するかどうかで切り分けると分かりやすい ・「努める」には「努力する」や「力を尽くして行う」といった意味がある ・「務める」の尊敬語は「お務めになる」 ・「務める」の謙譲語は「務めさせていただく」だが、相手に許可を求める場合に使う表現であることに注意が必要 ・「務める」の類義語には「引き受ける」や「取り組む」などがある ・「務める」の英語表現は「serve」が適当.

  • 務めるの類語・言い換え 役割や任務を務める 務む///取り組む/取っ組む/遂行する/司る/役目を果たす/役割を果たす/任務を遂行する/ミッションを遂行する/執務する/役を担う/役を務める/衝に当たる/担任する/担当する/受け持つ/持つ/引き受ける/受ける/請け負う/請け合う/負担する/従事する/携わる/服務する/服する/勤仕する/仕事をする/事に当たる/働く/勤務する/勤労する/従業する/就業する/就任する/就役する/就く/座る 役を務める 演じる/演ずる/演技/芝居をする/役を務める/扮する/なりきる/演じ上げる/演じ切る/役に入り込む.

「務める」に関連した英語例文の一覧と使い方

He served as the mayor.

  • .

  • 担当 変更 の 挨拶 メールは、どんな内容で送ればよいのでしょうか? そこで今回お伝えするのが、 取引先やお客様へ送る場合の例文。 I played the leading role.




2022 www.electionhackathon.com