小柳 ルミ子 春の おとずれ - 小柳ルミ子 / 春のおとずれ

春の おとずれ ルミ子 小柳 春のおとずれ /

春のおとずれ 小柳ルミ子 歌詞情報

春の おとずれ ルミ子 小柳 小柳ルミ子 2

春の おとずれ ルミ子 小柳 小柳ルミ子 春のおとずれ

小柳ルミ子 春のおとずれ LYRICS

春の おとずれ ルミ子 小柳 春のおとずれ 小柳ルミ子

春の おとずれ ルミ子 小柳 Lyrics 小柳ルミ子

春の おとずれ ルミ子 小柳 Lyrics 小柳ルミ子

春のおとずれ / 小柳 ルミ子 のギターコード譜

春の おとずれ ルミ子 小柳 Lyrics 小柳ルミ子

小柳ルミ子 / 春のおとずれ

春の おとずれ ルミ子 小柳 春のおとずれ /

小柳ルミ子「春のおとずれ」の楽曲(シングル)・歌詞ページ|1001517817|レコチョク

春の おとずれ ルミ子 小柳 春のおとずれ 小柳ルミ子

春のおとずれ 小柳ルミ子 歌詞情報

春の おとずれ ルミ子 小柳 春のおとずれ 小柳ルミ子

Lyrics 小柳ルミ子

春のおとずれ 小柳ルミ子 歌詞情報

net Lyrics Rumiko Koyanagi 小柳ルミ子 — 春のおとずれ 歌詞 Kindly like and share our content.

  • ^^ 淡く優しい情緒、、これから訪れる暖かな幸せの予感のある「春のおとずれ」 愛の溢れている今の情感に不安ながらも満たされていくらしい「恋にゆれて」 漂う和の趣きが豊かながら、、本来のさんらしさのパワフルさを帯びてきた「の君」 悲恋を哀切に、、早口をまじえて泣きながらの様なファルセットで叙情的に描く「恋の雪別れ」 清純な小娘へと 見事なりきられて?^^笑 心の戸惑いと不安を秘めながら恋を想う「花のようにひそやかに」 平尾昌晃さん作曲の流れの最後となる、、 涙ながらに別れた京都での、遥かな恋を悔やむ、祭りの笛の音が風流な「ひとり囃子」 などなど思わぬ結末を迎えてしまう恋の行方を悲痛に歌唱されると右に出る方はいない様な、、 消え入りそうな高音とファルセットの 悲嘆を醸し出す、、細やかで繊細な抑揚をまじえた、、涙の表現力に驚かされます。.

  • Lyrics 小柳ルミ子 — 春のおとずれ 歌詞 Singer: Rumiko Koyanagi 小柳ルミ子 Title: 春のおとずれ 春のなぎさを あなたとゆくの 砂に足跡 のこしながら はじめて私の家にゆくのよ 恋人がいつか 出来たらば家へ つれておいでと 言っていた父 夢に見てたの 愛する人と いつかこの道 通るその日を お茶をはこんだ 障子の外に 父とあなたの 笑う声が 聞こえて来たのよ とても明るく 幸せなくせに なぜ泣けてくるの 母のほほえみ 胸にしみたわ 帰るあなたを 見送る道は おぼろ月夜の春の宵なの Find more lyrics at myjpop.




2022 www.electionhackathon.com