ロシア 渡航 禁止 - 「ロシア上空が飛べない」航空業界が苦悩

渡航 禁止 ロシア 「ロシア上空が飛べない」航空業界が苦悩

渡航 禁止 ロシア 外務省、ロシアに「渡航中止勧告」 ウクライナ情勢巡る警戒感高め退避勧告も

渡航 禁止 ロシア ロシアに渡航中止勧告、在留邦人の安全確保に万全期す=官房長官(ロイター)

ロシア上空の航空機通過、欧各社の運航に影響 ANA・JALは運航継続

渡航 禁止 ロシア 【日本への入国制限66ヶ国】新型コロナによる世界各国の規制リスト

英、ロシア銀への制裁強化へ ロ船舶入港禁止 渡航中止勧告も

渡航 禁止 ロシア 【日本への入国制限66ヶ国】新型コロナによる世界各国の規制リスト

渡航 禁止 ロシア 韓国外交部、ロシア・ベラルーシ内ウクライナ隣接地域「渡航禁止発令」│韓国政治・外交│wowKora(ワウコリア)

渡航 禁止 ロシア ロシアほぼ全域の危険情報を引き上げ 渡航中止を勧告

渡航 禁止 ロシア ロシア上空通過禁止の影響、3/1まで日本路線で約20便キャンセル

ロシア全土に渡航中止勧告 外務省、邦人に出国呼びかけ: 日本経済新聞

渡航 禁止 ロシア ロシア、欧州の飛行機発着を禁止、対ロ制裁への対抗措置(欧州、ウクライナ、ロシア)

渡航 禁止 ロシア ロシア全土に渡航中止勧告 外務省|テレ朝news

【入国制限まとめ】3/28更新:入国者数10,000人へ引き上げ/日本・世界のコロナ対策渡航制限 最新情報が一目でわかる一覧表

(3月23日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 原則として新規入国を禁止(12月28日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) インドネシアからの入国者は、所長の指定する場所での6日間の待機が求められる。 (6月9日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年2021年1月14日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) フランスからの入国者は、所長の指定する場所での3日間の待機が求められる。 (3月1日から) ベトナム 〇 ベトナムに入国する者に対する発給を停止 免除の者、その他特別な場合については、入国時に新型コロナウイルス感染症が陽性でないことを証明する証明書が必要 (2020年3月18日から) 日本に対する免除措置を停止 (3月21日から) 特別な場合を除き、すべての外国人の入国を停止 (3月22日から) 入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、ビジネス目的の渡航者に限り受け入れを再開(6月25日から) レジデンストラックの運用を開始(7月29日から) ビジネストラックの運用を開始 (11月1日から) 一定の条件を満たしたワクチン接種者について、入国後の隔離期間を7日間、その後の健康観察期間を7日間とすることを発表。 (3月1日から) 5 イギリス 〇 いつ入国したか、どの国に渡航していたかに関係なく、新規に発症した継続的な咳や高熱が見られる場合は、原則として7日間は自宅等で待機 (2020年3月13日から) 入国前にインターネット上で滞在情報を登録し、入国後は14日間自宅等で待機 (6月8日から) 日本を含む免除リストに掲げられた国・地域からの入国者について、入国後の自己隔離を免除 入国前の滞在情報登録は引き続き必要 (7月10日から) 日本を含む一部の国・地域からの入国に対する自己隔離免除措置が一時停止となり、直近10日間にコモン・トラベル・エリア(アイルランド、マン島及びチャネル諸島)以外を出発、または経由した英国へのすべての入国者は、10日間の自己隔離が必要(2021年1月18日から) 日本から英国に入国する際は、10日間の自己隔離、自己隔離期間中の2日目と8日目の検査の受検、全国的なルールの遵守が求められる(2月15日から) コモン・トラベル・エリアの外からイングランドに到着する場合は、10日間の自己隔離、隔離期間中の2日目と8日目の検査の受検、政府が発表している感染対策の遵守という措置に従うことが求められる。 (7月19日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 当分の間、イギリスに滞在歴のある外国人の新規入国を拒否(12月24日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) 「新型コロナウイルス流行国・地域」に指定、すべての入国者及び帰国者について入国後3日目に改めて検査、陰性の場合はそのまま自宅待機の措置(2月5日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) イギリスからの入国者は、所長の指定する場所での6日間の待機が求められる。 (3月1日から) 香港 〇 海外から香港国際空港に到着したすべての非香港居民の入境禁止 (2020年3月25日から9月18日まで) 香港空港の全トランジットを停止 (3月25日から) 香港への入境を伴わないトランジットに限り再開 (6月1日から) 中国本土、マカオ、台湾からであれば非香港居民も入境可能。 (3月1日から) シンガポール 〇 短期滞在者の入国及びトランジットを禁止 滞在許可・就労保有者でも、保健や運輸等の公共に関連する業種の労働者以外は帰国不可 (2020年3月23日から) 航空会社が当局の許可を得ること等の条件の下、一部トランジットを許可 (6月2日から) ビジネストラックの運用を開始 (9月18日から) レジデンストラックの運用を開始(9月30日から) ビジネストラック、レジデンストラックの運用を停止(2021年1月14日から) シンガポールの長期滞在パスを持っている日本人に限り事前承認を受ければ入国可能(1月17日から) 日本等からの新規入国承認受付は原則として停止(5月7日から) 日本を含む他国からの入国承認は無効化、長期滞在パス所持者は条件のもと入国可能(5月11日から) ワクチン接種が完了していることを条件に長期滞在パスの入国承認申請を再開。 (2022年1月16日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 一部ビジネス関係者や投資家などの外国人の入国を許可 (11月1日から) 11月1日から適用している一部ビジネス関係者や投資家などに対する入国許可措置の対象を拡大 (11月20日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) フィリピンを「新型コロナウイルス流行国・地域」に追加。 (8月9日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航自粛)に引き下げ (10月30日から) ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームの運用を停止、「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームにおいて、発給済みの有効な査証を所持する者についても新規入国を拒否(1月21日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 全ての入国者は、出国前72時間以内の検査証明書の提示、空港での検査、14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存・提示、接触確認アプリの導入等についての誓約書の提出が求められる。 (5月24日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2021年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) スペインを「新型コロナウイルス流行国・地域」に追加。 (3月1日から) フィリピン 〇 全ての在外公館における新規発給を停止 日本を含む免除対象国からの入国を停止 発給済みのは、3月19日時点でフィリピン国内に滞在している者と駐在外交官の分を除き無効 (2020年3月22日から) 長期滞在を所持する外国人の入国を許可 (8月1日から) 一部ビジネス関係者や投資家などの外国人の入国を許可 (11月1日から) 11月1日から適用している一部ビジネス関係者や投資家などに対する入国許可措置の対象を拡大 (11月20日から) 新型コロナウイルスが確認されている日本を含む国・地域からの外国人(有効な査証を有し、フィリピン人家族を帯同する外国人配偶者及び未成年の子並びに緊急事由で渡航する者を除く。 )の入国を禁止(12月30日から) 新型コロナウイルス変異種が確認されている、日本を含む計36カ国・地域またはそれら地域を経由する外国人の入国禁止措置を解除(2021年2月1日から) 入国時に既存の有効なを持っている外国人と既存の有効な特別居住退職者及び9の保持者で、フィリピン到着時に入国管理局に入国免除文を提示できる外国人は入国を許可(2月18日から) 外国人の入国を原則禁止する(3月22日から) 特定のカテゴリーの外国人の入国は許可、観光目的での入国は認めない(5月1日から) 日本を渡航制限区分の「イエロー」国に分類。 (8月10日から) 入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、ビジネス目的の渡航者に限り受け入れを再開 (9月8日から) ビジネス目的の滞在者に加え、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者についても、受け入れを再開 (10月1日から) ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームの運用を停止、「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームにおいて、発給済みの有効な査証を所持する者についても新規入国を拒否(1月21日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 全ての入国者は、出国前72時間以内の検査証明書の提示、空港での検査、並びに、14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存・提示、接触確認アプリの導入等についての誓約書の提出が求められる。 (2021年4月16日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月29日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 日本政府は、ロシア(サハ共和国)で変異ウイルスの感染者が確認されたと発表。 (2022年1月1日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) レジデンストラックの運用を開始(7月29日から) 感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航自粛)に引き下げ (10月30日から) ビジネストラックの運用を開始(11月1日から) ビジネストラック、レジデンストラックの運用を停止、「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) ビジネストラック、レジデンストラックにおいて、発給済みの有効な査証を所持する者についても新規入国を拒否(1月21日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 全ての入国者及び帰国者は、所長の指定する場所で待機して入国後3日目の再検査を受けること、陰性の場合は、入国後14日間の残りの期間を自宅等で待機することが義務付けられる。 (3月1日から) カナダ 〇 カナダ国籍者以外の入国を禁止 (2020年3月16日から6月30日まで) カナダ国籍者及び永住者の外国籍の近親者については、新型コロナウイルスの症状がない・14日間の隔離措置をとるなどの条件付きで入国を許可 (6月8日から) 空路で入国する5歳以上の全ての者に対して、カナダへの出国前72時間以内の陰性証明取得を義務付けたうえで入国を許可(2021年1月7日から) 飛行機で入国するすべての旅行客に対して、カナダ到着時の空港を出る前と14日間の隔離期間終了時に検査を受けることを義務付ける(2月22日から) ワクチン接種完了者は、入国時の隔離、入国後8日目の検査受検、空路で到着の場合の政府認定ホテル滞在義務が免除される。 (7月2日から) 非台湾籍のビジネス関係者の来台を開放(3月7日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) レジデンストラックの運用を開始(9月8日から) 感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航自粛)に引き下げ (10月30日から) レジデンストラックの運用を停止、「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) レジデンストラックにおいて、発給済みの有効な査証を所持する者についても新規入国を拒否(1月21日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 全ての入国者は、出国前72時間以内の検査証明書の提示、空港での検査、14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存・提示、接触確認アプリの導入等についての誓約書の提出が求められる。 (11月15日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年5月27日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 日本政府は、インド国内で変異ウイルスの感染者が確認されたと発表。 (10月1日から) 隔離免除入国及びサンドボックス・プログラム(プーケット・サンドボックスを除く)新規受付一時的に停止(12月22日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) レジデンストラックの運用を開始 (7月29日から) ビジネス目的の滞在者に加え、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者についても、受け入れを再開 (10月1日から) 感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航自粛)に引き下げ (10月30日から) レジデンストラックの運用を停止、「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) レジデンストラックにおいて、発給済みの有効な査証を所持する者についても新規入国を拒否(1月21日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) タイを「新型コロナウイルス流行国・地域」に追加。.

  • .

  • .

ロシア上空の航空機通過、欧各社の運航に影響 ANA・JALは運航継続

.

  • .

  • .




2022 www.electionhackathon.com