二 次元 コード - 2次元コードの種類と特徴

コード 二 次元 二次元バーコード/QRコードとは?二次元バーコードの特長と種類|ウェルコムデザイン

二次元コード基礎知識

コード 二 次元 バーコードの種類と特徴|バーコード・二次元コード基礎知識|資料室|株式会社ウェルキャット

二次元コードとは

コード 二 次元 JIS X

コード 二 次元 二次元コードとは

コード 二 次元 二次元コード

コード 二 次元 エクセルでQRコードを作成する方法|Office Hack

コード 二 次元 【Java】二次元コード(QRコード)の作成/読取のサンプル紹介

2次元コード登場の背景

コード 二 次元 エクセルでQRコードを作成する方法|Office Hack

コード 二 次元 QRコードをスマホで読み込む方法

コード 二 次元 2次元コード登場の背景

バーコードの種類と特徴|バーコード・二次元コード基礎知識|資料室|株式会社ウェルキャット

1 数字モード 入力データ文字列を 3 けたのグループに分割し,各グループを 10 ビットの 2 進値に 変換する。 b 初期入力データが 8 ビットバイト文字の排他的部分集合の場合,8 ビットバイトモードを選択する。 これらの位置は,すべての型番に共通し, 附属書 M 図 6 及び附属書 M 図 7 に示す。 附属書 M 図 2 及び附属 書 M 図 3 は,モデル 1 の 1 型,2 型,13 型及び 14 型の構造を示す。 これらの位置は,すべての型番に共通し, 図 14 及び図 15 に示す。 37 X 0510 :2004 8.

  • 手順 3 誤り訂正符号 誤り訂正アルゴリズムを実行するため,コード語列を要求するブロック数(表 13 〜 表 22 で定義)に分割する。 モード指示子(M4-M 型は 000)及び文字数指示子を 2 進データに付加 000 001000 0000001100 0101011001 1000011 108 X 0510 :2004 例 2.

  • ここに,V は型番号(1〜40)を示し,E は 誤り訂正レベル(L,M,Q 及び H)を示す。 これら の幾つかは,シフト符号化表現では第 1 バイトとして使用し,8 ビット符号及びシフト符号化表 現を区別するのにも適用できる。 ]につい て行われるが,評価される領域はシンボル全体とする( 図 2 参照)。 91 X 0510 :2004 M.

バーコードの種類と特徴|バーコード・二次元コード基礎知識|資料室|株式会社ウェルキャット

b マスク処理[必す(須)] 復号効率を妨げるようなモジュール配置が現れるのを最小限に抑え,シン ボルの明及び暗のモジュール比率を 1:1 に近づける。 これ は, 附属書 K の K.

  • a マスク処理 復号効率を妨げるようなモジュール配列の出現を最小限に抑え,シンボルの明及び暗の モジュール比率を 1 : 1 に近づける。 8 終端パターン シンボルのデータの最後は,終端パターン 0000 で示し,最終のモードセグメント に続いてデータビット列に付加する。 入力データ文字数を,8 ビット,10 ビット又は 12 ビットの 2 進値に変換し,モード指示子の後で 2 進データ列の前に付加する。 x タイミングパターン( timing pattern) シンボル内のモジュール座標を決定する明モジュールと暗モ ジュールとの交互列。 ただし,型番 M1 及び M3 の最後のデータコード語は 4 ビ ット長とする。 2 ビット列からコード語への変換 モデル 1 シンボルでは,ビット列をまず,4 ビットコード語に分 割,残りを 8 ビットコード語に分割する。 入 力データ文字数を,10 ビット,12 ビット又は 14 ビットの 2 進値に変換し,モード指示子の後で 2 進デー タ列の前に付加する。 本体の表 14 に示すとおり,L〜H の 4 レベルで誤りを検出し訂正する能力があるが,レベルを 上げると与えられたメッセージの長さに対してシンボルの寸法が大きくなることがある。 5 及び 附属書 E に示す座標で定義す る各位置合せパターンの中心座標を求め,サンプリンググリッドを設定する( 図 26 参照)。 また,2 列が次のシンボルキャラ クタに使用される前にキャラクタが終了する場合,次のキャラクタの最上位ビットは 1 列で配置する ( 図 13 参照)。 シンボルの型番情報領域から読み取られたコード語を 附属書 D 表 1 の 34 種類の 型番情報ビット列とビットごとに比較する。 奇数のシンボル型番では,最初の 8 モジュールブロックは,右辺の 17 行目から 20 行目まで及び下辺の 17 列目から 20 列目までに位置する。 5 3 )と同様の手順で,位置合せパターン P3 の実際の中心座標を求める。 250 mm の口径で得られるシンボルコントラスト(又は最大走査反射率から最小走査反射率を通し て得られるシンボルコントラスト値, 若しくは反射計測で得られる最大値及び最小値の差のいずれか) は, 画像に起因するシンボルコントラスト値と相互関係があることが分かっている。 73 X 0510 :2004 附属書 G(参考)シンボルの符号化例 序文 この附属書は,本体及び附属書(規定)に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。 b データ表示 暗のモジュールは 2 進法の 1,明のモジュールは 2 進法の 0 を意味する。 j マスクパターン参照子( mask pattern reference) シンボルに適用されるマスク処理パターンのため の 3 ビットの識別子。 附属書 G 図 2 最終的なシンボル 75 X 0510 :2004 附属書 H(参考)ビット列の長さの最適化 序文 この附属書は,本体及び附属書(規定)に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。 2 位置検出パターン 位置検出パターンは,図 2 に示すシンボルの左上,右上及び左下に配置される 3 個の位置検出要素パターンから構成する。 d 誤り訂正 誤り検出及び誤り訂正コード語はモデル 2 と同様に計算するが,幾つかの型番に対する誤り訂正ブ ロックの数及び大きさは異なる。 また,モデル 1 及びモデル 2 シンボルは,形式情報のマスクパターンを分析すること によって自動識別が可能となる。 手順 2 で得られたコード語を 本体の 8.

  • 92 X 0510 :2004 附属書 M 表 2 モデル 1 の 1 型〜10 型のデータコード語数及び入力データ容量 データ容量 型番 誤り訂正 データ データ 数字 英数字 8 ビット 漢字 レベル コード語数 2 ビット数 3 バイト 1 L 19 148 40 24 17 10 M 16 124 33 20 14 8 Q 13 100 25 15 11 6 H 9 68 16 10 7 4 2 L 36 284 81 49 34 20 M 30 236 66 40 28 17 Q 24 188 52 31 22 13 H 16 124 33 20 14 8 3 L 57 452 131 79 55 33 M 44 348 100 60 42 25 Q 36 284 81 49 34 20 H 24 188 52 31 22 13 4 L 80 636 186 113 78 48 M 60 476 138 84 58 35 Q 50 396 114 69 48 29 H 34 268 76 46 32 19 5 L 108 860 253 154 106 65 M 82 652 191 116 80 49 Q 68 540 157 95 66 40 H 46 364 105 63 44 27 6 L 136 1 084 321 194 134 82 M 106 844 249 151 104 64 Q 86 684 201 122 84 51 H 58 460 133 81 56 34 7 L 170 1 356 402 244 168 103 M 132 1 052 311 188 130 80 Q 108 860 253 154 106 65 H 72 572 167 101 70 43 8 L 208 1 660 493 299 206 126 M 160 1 276 378 229 158 97 Q 128 1 020 301 183 126 77 H 87 692 203 123 85 52 9 L 246 1 964 585 354 244 150 M 186 1 484 441 267 184 113 Q 156 1 244 369 223 154 94 H 102 812 239 145 100 61 10 L 290 2 316 690 418 287 177 M 222 1 772 526 319 219 135 Q 183 1 460 433 262 180 111 H 124 988 291 176 121 74 注 2 最初のコード語は 4 ビット長で,後続するすべてのコード語は 8 ビット長とする。 二つのタイミングパターンをそれぞれとり(水平方向及び垂直方向の伸縮は異なるので) ,各タイミング パターンに隣接する位置検出要素パターンの外側の正方形の内側から各タイミングパターンに沿って,も う一つの位置検出要素パターンに隣接する分離パターンの外縁まで進み,出現する明( N L )及び暗( N D ) のピクセル数を合計する。 附属書 1 表 6 終端パターンのビット数及びビット列 型番 終端パターンビット数 終端パターンビット列 M1 3 000 M2 5 00000 M3 7 0000000 M4 9 000000000 2.




2022 www.electionhackathon.com