喪 色 彫り の 鈴 玉 - 東京ガスがJR東を零封 鷺宮製作所も初戦突破 都市対抗東京2次

玉 の 鈴 彫り 喪 色 【エルデンリング】鍛石(喪色の鍛石)の入手方法と使い道【ELDENRING】

與謝野晶子 晶子詩篇全集

玉 の 鈴 彫り 喪 色 深いの使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

玉 の 鈴 彫り 喪 色 【エルデンリング】鍛石掘りの鈴玉【4】の入手方法と使い道

玉 の 鈴 彫り 喪 色 東京ガスがJR東を零封 鷺宮製作所も初戦突破

玉 の 鈴 彫り 喪 色 【エルデンリング】喪色の鍛石の入手方法まとめ|喪色掘りの鈴玉で購入する方法など

玉 の 鈴 彫り 喪 色 【DMMのお葬式】お葬式・お坊さんの手配、法事法要、お墓探しまで|ライフエンディングをトータルにサポート

玉 の 鈴 彫り 喪 色 【エルデンリング】鍛石(喪色の鍛石)の入手方法と使い道【ELDENRING】

玉 の 鈴 彫り 喪 色 【DMMのお葬式】お葬式・お坊さんの手配、法事法要、お墓探しまで|ライフエンディングをトータルにサポート

玉 の 鈴 彫り 喪 色 【エルデンリング】鍛石掘りの鈴玉【4】の入手方法と使い道

玉 の 鈴 彫り 喪 色 【エルデンリング】喪色の鍛石3~4のNPC販売条件と「喪色掘りの鈴玉2」の入手場所

【エルデンリング】喪色の鍛石3~4のNPC販売条件と「喪色掘りの鈴玉2」の入手場所

深いの使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

そして 折折 ( をりをり ) A ( エエ )の字は 道化役者のピエロオの 赤い 尖 ( とが )つた帽となり、 わたしの前に踊り出す。 花の秘密は知り 難 ( がた )い、 けれど、 百合 ( ゆり )をば見てゐると、 わたしの心は 涯 ( はて )もなく 拡がつて 行 ( ゆ )く、伸びて 行 ( ゆ )く。 皆さん、 もう 夜明 ( よあけ )前ですよ。 われは 猶 ( なほ )君に従はん、 わが生きて返れるは 纔 ( わずか )に 八 ( や )たびのみ 纔 ( わづか )に 八 ( や )たび絶叫と、血と、 死の 闇 ( やみ )とを超えしのみ。 世界の霊と身と骨が 一度に 呻 ( うめ )く時が来た。 わが 敬 ( けい )する画家よ、 願 ( ねがは )くは、我がために、 一枚の像を 描 ( ゑが )きたまへ。 母と 一所 ( いつしよ )にしたその旅の記憶を おまへの成人するにつれて おまへの叡智が思ひ出すであらう。 バツクには 唯 ( た )だ深夜の空、 無智と死と疑惑との色なる黒に、 深き悲痛の 脂色 ( やにいろ )を交ぜたまへ。 この世ひとりの君ならで ああまた 誰 ( たれ )を頼むべき。 けれど、わたしはそなたを頼んで、 祭の前夜の子供のやうに 「 明日 ( あす )よ、 明日 ( あす )よ」と歌ふ。 何 ( なに )なぐさめて 云 ( い )はんにも 甲斐 ( かひ )なき 明日 ( あす )の見通され、 それと知る身は 本意 ( ほい )なくも うち 黙 ( もだ )すこそ苦しけれ。 尊 ( たふと )くなつかしき日よ、われは今、 戦ひに傷つきたる者の 如 ( ごと )く 疲れて低く横たはりぬ。 丘の下には 多勢 ( おほぜい )の人間が眠つてゐる。 梅蘭芳 ( メイランフワン )、 あなたも 酔 ( ゑ )つてゐる、 あなたの 楊貴妃 ( やうきひ )も 酔 ( ゑ )つてゐる、 世界も 酔 ( ゑ )つてゐる、 わたしも 酔 ( ゑ )つてゐる、 むしやうに高いソプラノの 支那 ( しな )の 鼓弓 ( こきう )も 酔 ( ゑ )つてゐる。 木魂 ( こだま )は声の霊、 如何 ( いか )に 微 ( かす )かなる声をも 早く感じ、早く知る。 いまは戦ふ時である、 戦嫌 ( いくさぎら )ひのわたしさへ 今日 ( けふ ) 此頃 ( このごろ )は気が 昂 ( あが )る。 母はまだまだ 云 ( い )ひたきに、 金 ( きん )のお日様、 唖 ( おし )の 驢馬 ( ろば )、 おとぎ 噺 ( ばなし )が 云 ( い )ひたきに。 鍛石掘りの鈴玉【3】の入手場所 入手方法 にあるザミェルの廃墟の宝箱 購入解禁 で鍛石5、鍛石6を購入可能に 「鍛石の鈴玉【3】」は巨人の山嶺のザミェルの廃墟の地下を進んだ先の宝箱で入手できる。 屋根の 瓦 ( かはら )も、 破風板 ( はふいた )も、 剥 ( は )がれて紙のやうに飛ぶ。 それでゐて 何 ( なに )も手に 附 ( つ )かない、 人知れず廻る なまけぐせの 毒酒 ( どくしゆ )に ああ、わたしは 中 ( あ )てられた。 盥 ( たらひ )のなかに 湯浴 ( ゆあ )みする よき肉づきの生みの 児 ( こ )の 白き裸を見るときは、 母の心を引立たす。 ああ 我 ( わ )れとても人の 中 ( うち )。 牡丹 ( ぼたん )よ、 葉は地中海の 桔梗色 ( ききやういろ )と 群青 ( ぐんじやう )とを盛り重ね、 花は 印度 ( いんど )の太陽の 赤光 ( しやくくわう )を懸けたり。 わたしの 孤蝶 ( こてふ )先生は、 ものおやさしい、 清 ( す )んだ 音 ( ね )の 乙 ( おつ )の調子で話す 方 ( かた )、 ふらんす、ろしあの小説を わたしの 為 ( た )めに話す 方 ( かた )。 競馬の馬の打勝たんとする鋭さならで 曲馬 ( きよくば )の馬は我を 棄 ( す )てし 服従の 素速 ( すばや )き気転なり。 あな、悲し、わが 推 ( お )しあての手探りに、 肉色 ( にくいろ )の 被眼布 ( めかくし )は触るる 由 ( よし )も無し。 古い細身の 槍 ( やり )のよに。 児 ( こ )の 美 ( うつ )くしさ素直さに すべての親は 浄 ( きよ )まりぬ。 ぐれんどうの 命 ( みこと )の 御言葉 ( みことば )の荒さよ。 よれよれの 皺 ( しは )の波、 酒染 ( さかじみ )の雲、 煙草 ( たばこ )の 焼痕 ( やけあと )の 霰 ( あられ )模様。 ほんにどの木も冬に勝ち、 しかと 大地 ( たいち )に立つてゐる。 [#ここで段組み終わり] [#改丁] [#ここからページの左右中央] 女、女、 女は王よりもよろづ 贅沢 ( ぜいたく )に、 世界の香料と、貴金属と、宝石と、 花と、 絹布 ( けんぷ )とは女こそ 使用 ( つか )ふなれ。 ことに優れてめでたきは 牡丹 ( ぼたん )の花と人の 袖 ( そで )。 火の 鼻息 ( はないき )に 水晶の雨を吹き、 暴 ( あら )く斜めに、 駆歩 ( くほ )す、 駆歩 ( くほ )す。 曲馬 ( きよくば )の馬の 痩 ( や )せたるは、 競馬の馬の 逞 ( たくま )しく 美 ( うつ )くしき 優形 ( やさがた )と異なりぬ。 鍛石掘りの鈴玉【4】の入手場所 入手方法 火の窯イベントでいけるのボス「」撃破 購入解禁 で鍛石7、鍛石8を購入可能に 「鍛石の鈴玉【4】」は崩れゆくファルムアズラのボス「神肌のふたり」を倒す事で入手できる。 ……さて、わたしの声が 彷徨 ( さまよ )つてゐるのは 森か、 荒野 ( あらの )か、海のはてか…… ああ、どなたでも教へて下さい、 わたしの大事な 貴 ( たふと )い声の 在処 ( ありか )を。 あはれ欠けざることなき「孤独 清貧 ( せいひん )」の 御霊 ( みたま )、 ぐれんどうの 命 ( みこと )よ。 旅順の城はほろぶとも、 ほろびずとても、 何事 ( なにごと )ぞ、 君は知らじな、あきびとの 家 ( いへ )の習ひに無きことを。 遠いところで 鴨 ( かも )が 啼 ( な )き、 心に 透 ( とほ )る、海の秋。 口は堅く 緊 ( しま )りぬ、 未 ( いま )だ 一 ( ひと )たびも言はず歌はざる 其 ( そ )れの 如 ( ごと )く。 雛 ( ひな )の 初毛 ( うぶげ )はみすぼらし、 おぼつかなしや、 足取 ( あしどり )も。 もとより 痩 ( や )せに 痩 ( や )せ 給 ( たま )へば 衣 ( きぬ )を 透 ( とほ )して 乾物 ( ひもの )の 如 ( ごと )く骨だちぬ。 大陣痛 ( だいぢんつう )の時が来た、 生みの悩みの時が来た。 いとしき心余れども 児 ( こ )を養はんこと 難 ( がた )し。 空の 雲雀 ( ひばり )もさびしかろ、 はてなく青いあの 虚 ( うつ )ろ、 ともに 已 ( や )まれぬ歌ながら。 わが恋を人問ひ 給 ( たま )ふ。 髪に触れても 刄 ( は )の欠ける もろい 鑿 ( のみ )ゆゑ大事がる。 過ぎにし秋を 父君 ( ちゝぎみ )に おくれたまへる 母君 ( はゝぎみ )は、 歎きのなかに、いたましく、 我子 ( わがこ )を 召 ( め )され、 家 ( いへ )を 守 ( も )り、 安 ( やす )しと聞ける 大御代 ( おほみよ )も 母の 白髪 ( しらが )は増さりゆく。 と見れば、 嬉 ( うれ )し、 初冬 ( はつふゆ )のかよわなる 日の 蝶 ( てふ )の 出 ( い )づるなり。 あれ、柱の 割目 ( われめ )にも、 電灯の 球 ( たま )の中にも、 天井にも、卓の 抽出 ( ひきだし )にも、 手風琴 ( てふうきん )の波が流れ込む。 正月を、わたしは 元日 ( ぐわんじつ )から 月末 ( つきずゑ )まで 大なまけになまけてゐる。 入手方法 のボス「」撃破 購入解禁 で鍛石1、鍛石2を購入可能に 「鍛石の鈴玉【1】」はリエーニエにあるレアルカリア結晶坑道の「結晶人」を倒すと入手できる。 ああ颱風、 初秋 ( はつあき )の野を越えて 都を襲ふ颱風、 汝 ( なんぢ )こそ 逞 ( たくま )しき 大馬 ( おほうま )の 群 ( むれ )なれ。 林檎 ( りんご )が腐る、人は死ぬ、 最後の 文 ( ふみ )が人を打つ、 わたしは君を 悲 ( かなし )まぬ。 おまへは 何 ( なに )も意識して居なかつたであらう、 そして 直 ( す )ぐに忘れてしまつたであらう。 手足も、胴も、 面 ( おも )ざしも 汝 ( な )を飼ふ親に似たるこそ、 かの異類なる 金糸雀 ( カナリヤ )の 雛 ( ひな )にまさりて親しけれ。 わたしに 還 ( かへ )らうとするあの 幽 ( かす )かな声が 乱される……紛れる…… 途切れる…… 掻 ( か )き消される…… ああどうしよう……また逃げて行つてしまつた…… 「 手風琴 ( てふうきん )を鳴らすな」と 思ひ切つて 怒鳴 ( どな )つて見たが、 わたしにはもう声が無い、 有るのは真剣な 態度 ( ゼスト )ばかり…… 手風琴 ( てふうきん )が鳴る…… 煩 ( うる )さく鳴る…… 柱も、電灯も、 天井も、卓も、 瓶 ( かめ )の花も、 手風琴 ( てふうきん )に合せて踊つてゐる…… さうだ、こんな 処 ( ところ )に待つて居ず 駆け出さう、あの 闇 ( やみ )の方へ。 晶子、ヅアラツストラを 一日一夜 ( いちにちいちや )に読み終り、 その 暁 ( あかつき )、ほつれし髪を 掻 ( かき )上げて 呟 ( つぶや )きぬ、 「 辞 ( ことば )の過ぎたるかな」と。 しかも 威 ( ゐ )のある A ( エエ )の字は 埃及 ( エヂプト )の野の朝ゆふに 雲の 間 ( あひだ )の日を浴びて はるかに光る 金字塔 ( ピラミツド ) [#ルビの「ピラミツド」は底本では「ピラミツト」]。 よしや、そなたが涙を、 悔 ( くい )を、愛を、 名を、歓楽を、 何 ( なに )を持つて来ようとも [#「来ようとも」は底本では「来やうとも」]、 そなたこそ 今日 ( けふ )のわたしを引く力である。 いたましく、いたましく、 流行 ( はやり )の 風 ( かぜ )に 三人 ( みたり )まで 我児 ( わがこ )ぞ病める。 身一つで踊るより 外 ( ほか )に わたしには 何 ( な )んにも無い。 素焼の 壺 ( つぼ )にらちもなく 投げては挿せど、 百合 ( ゆり )の花、 ひとり 秀 ( ひい )でて、清らかな 雪のひかりと白さとを 貴 ( あて )な 金紗 ( きんしや )の 匂 ( にほ )はしい エルに隠す 面 ( おも )ざしは、 二十歳 ( はたち )ばかりのつつましい そして 気高 ( けだか )い、やさがたの 侯爵夫人 ( マルキイズ )にもたとへよう。 わたしの 内 ( うち )の火は消えたか。 古き世界は古きままに、 日は 真赤 ( まつか )なる空を渡り、 花は緑の枝に咲きみだれ、 人は皆春のさかりに、 鳥のごとく歌ひ 交 ( かは )し、 うま酒は 盃 ( さかづき )より 滴 ( したゝ )れど、 われ 一人 ( ひとり )そを見ざるにやあらん。 わが恋を 如何 ( いか )に答へん、 譬 ( たと )ふれば 小 ( ちさ )き塔なり、 礎 ( いしずゑ )に 二人 ( ふたり )の命、 真柱 ( まばしら )に愛を立てつつ、 層 ( そう )ごとに学と芸術、 汗と血を塗りて固めぬ。 [#「故郷」は底本では「故」] 堺 ( さかい )の街の妙国寺、 その門前の 庖丁屋 ( はうちよや )の 浅葱 ( あさぎ ) 納簾 ( のれん )の 間 ( あひだ )から 光る 刄物 ( はもの )のかなしさか。 あのじつと涙を 呑 ( の )むやうな 鼠色 ( ねずみいろ )の雲よ、 そなたも泣きたかろ、泣きたかろ。 飾り 気 ( け )の無い A ( エエ )の字は 掘立 ( ほつたて )小屋の 入 ( はひ )り 口 ( くち )、 奥に見えるは 板敷 ( いたじき )か、 茣蓙 ( ござ )か、 囲炉裏 ( いろり )か、 飯台 ( はんだい )か。 猶 ( なほ ) 卑 ( ひく )し、今立つ所、 猶 ( なほ )狭し、今見る所、 天 ( あま )つ日も多くは 射 ( さ )さず、 寒きこと二月の 如 ( ごと )し。 「我」とは 何 ( なに )か、 斯 ( か )く問へば 物みな急に 後込 ( しりごみ )し、 あたりは白く静まりぬ。 屋根の上に屋根、 部屋の上に部屋、 すべてが温泉 宿 ( やど )である。 アルター高原のゲルミア火山の祝福「ゲルミア火山、一合目」から南東に進んだ場所 アルター高原の王都ローデイルの祝福「王都下層、教会」から北西に進んだ場所 喪色の鍛石【7】の入手方法 喪色掘りの鈴玉【4】を円卓にいる双子の老婆に捧げると購入可能 喪色の鍛石【7】は、を円卓にいる双子の老婆に捧げると購入できるようになります。 黄銅 ( くわうどう )の 背 ( せな )、 鉄の 脚 ( あし )、 黄金 ( きん )の 蹄 ( ひづめ )、 眼に遠き太陽を掛け、 鬣 ( たてがみ )に銀を散らしぬ。 わたしは 今日 ( けふ )病んでゐる、 生理的に病んでゐる。 曲馬 ( きよくば )の馬は泣くべき 暇 ( いとま )も無し、 慳貪 ( けんどん )なる 黒奴 ( くろんぼ )の 曲馬 ( きよくば )師は 広告のため、楽隊の 囃 ( はや )しに 伴 ( つ )れて彼を 歩 ( あゆ )ませぬ…… 手風琴 ( てふうきん )が鳴る…… そんなに、そんなに、 驢馬 ( ろば )が 啼 ( な )くやうな、 鉄葉 ( ブリキ )が 慄 ( ふる )へるやうな、 歯が浮くやうな、 厭 ( いや )な 手風琴 ( てふうきん )を鳴らさないで下さい。 それを眺めた 京之介 ( きやうのすけ )、 もう 一 ( いつ )ぱいに目がうるむ。 まあ 何 ( なん )と 云 ( い )ふ 優しい、なつかしい 他 ( た )の一面を 冬よ、そなたの持つてゐることぞ。 明日 ( あす )よ、 明日 ( あす )よ、 死と 飢 ( うゑ )とに追はれて歩くわたしは たびたびそなたに失望する。 新しき生活の 諧音 ( かいおん )の 如何 ( いか )に生じ、 如何 ( いか )に移るべきかを。 わたしは黙つて目を 開 ( あ )いて 産前 ( さんぜん )の 床 ( とこ )に横になつてゐる。 年 ( とし ) 四十 ( しじふ )となり 給 ( たま )へども、 若き人、 みづみづしき人、 初秋 ( はつあき )の陽光を全身に受けて、 人生の 真紅 ( しんく )の 木 ( こ )の実 そのものと見ゆる人。 春の寒さに 音 ( ね )が細る、 こころ余れど身が 凍 ( こほ )る。 いとしき、いとしき 我子等 ( わがこら )よ、 世に生れしは 禍 ( わざはひ )か、 誰 ( たれ )か 之 ( これ )を「 否 ( いな )」と 云 ( い )はん。 「我」とは 何 ( なに )か、答へぬも まことあはれや、 唖 ( おし )にして、 踊 ( をどり )を知れる肉なれば。 海に 真赤 ( まつか )な日が落ちる。 たそがれどきか、 明方 ( あけがた )か、 わたしの泣くは決まり無し。 今こそわれは 冷 ( ひやゝ )かに いとよく我を 見得 ( みう )るなれ。 じつと身ゆるぎもせず 坐 ( すわ )りて、 尽きぬ涙を手に受けつつ傾く。 いとよし、答ふる声なくば みづから 内 ( うち )に 事 ( こと )問はん。 心ばかりは 形無 ( かたちな )し、 偽りとても 如何 ( いか )にせん。 街を縦に貫く 本道 ( ほんだう )は 雑多の店に 縁 ( ふち )どられて、 長い長い石の階段を作り、 伊香保 ( いかほ )神社の前にまで、 H ( エツチ )の字を無数に積み上げて、 殊更 ( ことさら )に建築家と絵師とを喜ばせる。 論じたまふな、 善 ( よ )き、 悪 ( あ )しき、 何 ( なに )か 此 ( この )世に 分 ( わか )つべき。 言ひ寄る男をつれなく過ぐす自由も 女に許されたる楽しき特権にして、 相手の男の相場に負けて破産する日も、 女は 猶 ( なほ )恋の 小唄 ( こうた )を 口吟 ( くちずさ )みて男ごころを 和 ( やはら )ぐ。 羨 ( うらや )まし、 友は童顔、 いつまでも童顔、 今日 ( けふ ) 逢 ( あ )へば、いみじき 気高 ( けだか )ささへも添ひ 給 ( たま )へる。 片おもひとて恋は恋、 ひとり光れる 宝玉 ( はうぎよく )を 君が 抱 ( いだ )きて 悶 ( もだ )ゆるも 人の 羨 ( うらや )む 幸 ( さち )ながら、 海をよく知る船長は 早くも 暴風 ( しけ )を 避 ( さ )くと 云 ( い )ひ、 賢き人は涙もて 身を 浄 ( きよ )むるを知ると 云 ( い )ふ。 青春を引立てる季節、 ほんたうに血を流す 活動の季節、 意力を 鞭 ( むち )打つ季節、 幻想を醗酵する季節、 冬よ、そなたの前に、 一人 ( ひとり )の 厭人主義者 ( ミザントロオプ )も無ければ、 一人 ( ひとり )の 卑怯 ( ひけふ )者も無い、 人は皆、十二の偉勲を建てた ヘルクレスの子孫のやうに見える。 世 ( よ ) 離 ( はな )れたれば、人を見て 路 ( みち )を譲らぬ牛もある。 [#ここで段組み終わり] [#改丁] [#ここからページの左右中央] 明日 ( あす )よ、 明日 ( あす )よ、 そなたはわたしの前にあつて まだ踏まぬ未来の 不可思議の 路 ( みち )である。 「真実」は 美 ( うつ )くしい人魚、 跳 ( は )ね 且 ( か )つ踊る、 ぴちぴちと踊る。 否 ( いな )とよ、また思へば、幸ひは かの 肉色 ( にくいろ )の 被眼布 ( めかくし )にこそありけれ、 いでや再びそれを結ばん。 生れ故郷に 来 ( き )は 来 ( き )たが、 親の無い身は巡礼の さびしい気持になりました。 後ろから来る女の 一列 ( いちれつ )、 みんな 何 ( なに )かを持つてゐる。 生むことは、現に わたしの内から 爆 ( は )ぜる 唯 ( た )だ一つの真実創造、 もう是非の 隙 ( すき )も無い。 もう、わたしの上に 春の日は 射 ( さ )さないのか、 春の鳥は 啼 ( な )かないのか。 恋の 脆 ( もろ )さも麦の笛、 思ひつめたる心ゆゑ よく鳴る時は裂ける時。 元気に満ちた A ( エエ )の字は 広い 沙漠 ( さばく )の砂を踏み さつく、さつくと 大足 ( おほあし )に、 あちらを向いて急ぐ人。 わたしは 断 ( た )えず動きたい、 何 ( なに )かをしたい、 さうでなければ、この 家 ( いへ )の 大勢が皆飢ゑねばならぬ。 晶子の 幻 ( まぼろし )に見るは、ヅアラツストラの 黒き巨像の上げたる右の手なり。 一人 ( ひとり )は両手に大きな 竪琴 ( たてごと )。 陰険な 狙撃 ( そげき )の矢に 中 ( あた )つたのである。 物みな 今日 ( けふ )は身に 与 ( くみ )す。 石で 圧 ( お )されたやうに 我我の 呼吸 ( いき )は苦しい。 知らんとするは、ほだされず 模 ( ま )ねず、 雑 ( まじ )らず、従はぬ、 初生 ( うぶ )本来の我なるを、 消えよ」と 云 ( い )へば、 諸声 ( もろごゑ )に 泣き、 憤 ( いきどほ )り、 罵 ( のゝし )りぬ。 宿は岬の松の 岡 ( をか )。 わが 敬 ( けい )する画家よ、 若 ( も )し 此 ( この )像の女に、 明日 ( あす )と 云 ( い )ふ日のありと知らば、 トワルの 何 ( いづ )れかに 黄金 ( きん )の目の光る 一羽 ( いちは )の 梟 ( ふくろふ )を添へ 給 ( たま )へ。 譬 ( たと )ふれば 我心 ( わがこゝろ )は 薄墨いろの桜、 唯 ( た )だ時として 雛罌粟 ( ひなげし )の夢を見るのみ。 Ai ( アイ ) ( 愛 ( あい ))の 頭字 ( かしらじ )、片仮名と アルハベツトの書き 初 ( はじ )め、 わたしの好きな A ( エエ )の字を いろいろに見て歌ひましよ。 弱い者と 怠 ( なま )け者とには もとより 辛 ( つら )い季節。 わたしは泣かない気でゐれど、 からりと晴れた 今朝 ( けさ )の窓 あまりに青い空に泣く。 されど、わが新しき感激は 拝日 ( はいにち )教徒の信の 如 ( ごと )し、 わがさしのぶる 諸手 ( もろで )を受けよ、 日よ、 曙 ( あけぼの )の 女王 ( ぢよわう )よ。 そして、 此 ( この )絵を 描 ( か )いたのは 小 ( ち )さい、優しい 京之介 ( きやうのすけ )。 それも苦しい夢か知ら、 人が心で人を 斬 ( き )る。 収穫 ( とりいれ )の 後 ( のち )の田に 落穂 ( おちほ )を拾ふ女、 日の出前に霜を踏んで 工場 ( こうば )に急ぐ男、 兄弟よ、とにかく私達は働かう、 一層働かう、 冬の日の汗する快さは わたし達無産者の 景福 ( けいふく )である。 われは 戦 ( をのゝ )く身を 屈 ( かゞ )めて 闇 ( やみ )の底に冷たき手をさし伸ぶ。 もう、 夜 ( よる )では無い、 太陽は 中天 ( ちうてん )に近づいて光つてゐる。 いとしき、いとしき 我子等 ( わがこら )よ、 今、君達のために、 この母は告げん。 唯 ( た )だ片手ながら、 空に 聳 ( そび )えて動かず、 その指は じつと「死」を [#「「死」を」は底本では「「死」と」]指してゐます。 唯 ( た )だやさしきは 明日 ( あす )の時、 われに 著 ( き )せんと、光る 衣 ( きぬ ) 千 ( ち )とせをかけて手に編みぬ。 日よ、君にも 夜 ( よる )と冬の悩みあり、 千万年の昔より幾億たび、 死の苦に 堪 ( た )へて若返る 天 ( あま )つ焔の力の 雄雄 ( をを )しきかな。 頼む男のありながら 添はれずと 云 ( い )ふ君を見て、 一所 ( いつしよ )に泣くは 易 ( やす )けれど、 泣いて添はれる 由 ( よし )も無し。 人の言葉を持たぬ牛、 云 ( い )はずに死ぬることであろ。 君は 何 ( いづ )れを 択 ( えら )ぶらん。 わたしは 唯 ( た )だ ほれぼれと 其 ( そ )れを眺めるだけですよ、 喜んで目を見張るだけですよ。 でも 猶 ( なほ )心は見て見ぬ 振 ( ふり )…… 泣かうにも涙が切れた、 叫ぼうにも声が立たぬ。 四階 ( しかい )の窓の横からは 長い 梯子 ( はしご )が地に届き、 五階は更に最大の 望遠鏡が天に向く。 一人 ( ひとり )は右の手の上に 小さな 青玉 ( せいぎよく )の宝塔。 大樹 ( だいじゆ )は 逃 ( のが )れんとして、 地中の足を挙げ、 骨を 挫 ( くじ )き、手を折る。 こは既に日の 入 ( い )りはてしか、 夜 ( よ )のまだ明けざるか、 はた、とこしへに光なく、音なく、 望 ( のぞみ )なく、 楽 ( たのし )みなく、 唯 ( た )だ大いなる 陰影 ( かげ )のたなびく国なるか。 唯 ( た )だ 折折 ( をりをり )に 叫び 且 ( か )つ笑ふのみ。 そして 此 ( こ )の人間の 蛙 ( かへる )からは血が 滴 ( た )れる。 今日 ( けふ )の言葉に 気息 ( いき )がせぬ、 絵筆を 把 ( と )れど色が出ぬ、 わたしの窓に鳥が 来 ( こ )ぬ、 空には白い月が死ぬ。 わが知れる 一柱 ( ひとはしら )の神の 御名 ( みな )を 讃 ( たた )へまつる。 「真実」は 何処 ( どこ )に在る。 時の言葉は 隔 ( へだ )つれど 冴 ( さ )ゆるは歌の 金 ( きん )の韻。 否 ( いな )とよ、思へば、 これや我が目の 俄 ( には )かにも 盲 ( し )ひしならめ。 とゆき、かくゆき、さまよへる 此処 ( ここ )は 何処 ( いづこ )ぞ、 かき曇りたる我が目にも 其 ( そ )れと知るは、 永き 夜 ( よ )の土を 一際 ( ひときは )黒く 圧 ( お )す 静かに 寂 ( さび )しき 扁柏 ( いとすぎ )の森の 蔭 ( かげ )なるらし。 背丈の高きは冬の 老木 ( おいき )のむきだしなるが 如 ( ごと )し。 蟻 ( あり )よ、 蟻 ( あり )よ、 繊弱 ( かよわ )な体で なんと 云 ( い )ふ 活撥 ( くわつぱつ )なことだ。 これは不思議な 家 ( いへ )の絵だ、 家 ( いへ )では無くて塔の絵だ。 わたしは 唯 ( た )だ 一人 ( ひとり )、 天にも地にも 唯 ( た )だ 一人 ( ひとり )、 じつと唇を 噛 ( か )みしめて わたし自身の不可抗力を待ちませう。 人は 怖 ( おそ )れて戸を 鎖 ( さ )せど、 世を裂く 蹄 ( ひづめ )の音に 屋根は崩れ、 家 ( いへ )は船よりも揺れぬ。 大きな黒い手、 それは 弥 ( いや )が上に黒い。 うれしや、うれしや、 梅蘭芳 ( メイランフワン ) 今夜、世界は (ほんに、まあ、 華美 ( はで )な 唐画 ( たうぐわ )の世界、) 真赤 ( まつか )な、 真赤 ( まつか )な 石竹 ( せきちく )の色をして 匂 ( にほ )ひます。 わたしも同じもろい 鑿 ( のみ )。 いとしき、いとしき 我子等 ( わがこら )よ、 世に生れしは幸ひか、 誰 ( たれ )か 之 ( これ )を「 否 ( いな )」と 云 ( い )はん。 勿論 ( もちろん )遊ぶことは骨が折れぬ、 けれど、 外 ( ほか )から思ふほど 決して、決して、おもしろくはない。 馬に乗る身は 厭 ( いと )はぬか、 野を白くする砂の中。 友は 何処 ( いづこ )に 行 ( い )く、 猶 ( なほ )も 猶 ( なほ )も高きへ、広きへ、 胸張りて、踏みしめて 行 ( い )く。 塔は 是 ( こ )れ 無極 ( むきよく )の塔、 更に積み、更に重ねて、 世の風と雨に当らん。 若いお医者がわたしを慰めて、 生むことの 幸福 ( しあはせ )を述べて下された。 おまへは 何 ( なに )も意識して居なかつたであらう、 そして 直 ( す )ぐに忘れてしまつたであらう、 けれど母は驚いた、 またしみじみと 嬉 ( うれ )しかつた。 花を 透 ( とほ )して日のひかり うす紫の 陰影 ( かげ )を 着 ( き )す。 われはその足音に聞き 入 ( い )り、 その 行方 ( ゆくへ )を見守る。 けれど 蛙 ( かへる )は死なない、 びくびくと 顫 ( ふる )ひつづけ、 次の 刹那 ( せつな )に もう 直 ( す )ぐ前へ一歩、一歩、 裂けてはみだした 膓 ( はらわた )を 両手で抱きかかへて跳ぶ、跳ぶ。 君は 何 ( いづ )れを 択 ( えら )ぶらん、 かく問ふことも我はせず、 うち 黙 ( もだ )すこそ苦しけれ。 前なる目に見えぬ 無底 ( むてい )の 淵 ( ふち )を 覗 ( のぞ )く 姿勢 ( かたち )。 遠い 高嶺 ( たかね )と我がこころ すこしの雪がまだ残る。 金糸雀 ( カナリア )の 雛 ( ひな )を飼ふよりは 我子 ( わがこ )を飼ふぞおもしろき。 青き 夜 ( よ )なり。 よくも 揃 ( そろ )うた赤インキ、 ろしあまがひの 左書 ( ひだりが )き、 先 ( ま )づは 二三日 ( にさにち )あたらしい。 榛名山 ( はるなさん )の一角に、 段また段を成して、 羅馬 ( ロオマ )時代の 野外劇場 ( アンフイテアトル ) [#ルビの「アンフイテアトル」は底本では「アンフイテトアル」]の 如 ( ごと )く、 斜めに刻み 附 ( つ )けられた 桟敷 形 ( がた )の 伊香保 ( いかほ )の街。 同じ世に生れて 相知れること二十年、 友の見る世界の片端に 我も 曾 ( かつ )て触れにき。 われは前をば選びつれ、 わかき仲間は 後 ( のち )の夢。 ひとり世界を敵とする、 日耳曼人 ( ゲルマンじん )の大胆さ、 健気 ( けなげ )さ、しかし 此様 ( このやう )な 悪の力の 偏重 ( へんちよう )が 調節されずに 已 ( や )まれよか。 曲馬 ( きよくば )の馬の 爛 ( たゞ )れて 癒 ( い )ゆる 間 ( ま )なき 打傷 ( うちきず )と 何 ( いづ )れぞ。 その指は 猶 ( なほ ) じつと「死」を指して居ます。 さうして、わたしは 唯 ( た )だ 一人 ( ひとり )……… 二歳 ( ふたつ )になる 可愛 ( かは )いいアウギユストよ、 おまへのために書いて置く、 おまへが 今日 ( けふ )はじめて おまへの母の 頬 ( ほ )を打つたことを。 ひろい 野中 ( のなか )の小鳥の巣。 わたしも 逢 ( あ )ひたや、 猶 ( なほ )ひと目、 載せて帰らぬ遠い夢、 どこにゐるやら、 真赤 ( まつか )な帆。 指を触れたか触れぬ 間 ( ま )に 石から 虹 ( にじ )が舞ひあがる。 大錯誤 ( おほまちがひ )の時が来た、 赤い 恐怖 ( おそれ )の時が来た、 野蛮が 濶 ( ひろ )い 羽 ( はね )を伸し、 文明人が一斉に 食人族 ( しよくじんぞく )の 仮面 ( めん )を 被 ( き )る。 猶 ( なほ )かはいいアウギユストよ、 おまへは母の 胎 ( たい )に居て 欧羅巴 ( ヨオロツパ )を 観 ( み )てあるいたんだよ。 ぐれんどうの 命 ( みこと )の 顳 ( こめかみ )は音楽なり、 断 ( た )えず不思議なる 何事 ( なにごと )かを弾きぬ。 けものも、鳥も、物 云 ( い )はぬ 木さへ、草さへ、おのづから 雛 ( ひな )と 種 ( たね )とをはぐくみぬ。 裂けた心を目にしても 廿 ( にじふ )世紀は横を向く、 太陽までがすまし 行 ( ゆ )く。 婦人運動を排する 諸声 ( もろごゑ )の 如何 ( いか )に高ければとて、 女は 何時 ( いつ )までも新しきゲエテ、カント、ニウトンを生み、 人間は 永久 ( とこしへ )うらわかき母の慈愛に育ちゆく。 近き世の 木魂 ( こだま )は 市 ( いち )の中、 大路 ( おほぢ )の 並木の 蔭 ( かげ )に 佇 ( たゝず )み、 常に耳を澄まして聞く。 いつも優しい A ( エエ )の字は 象牙 ( ざうげ )の 琴柱 ( ことぢ )、その 傍 ( そば )に 目には見えぬが、 好 ( よ )い 節 ( ふし )を 幻 ( まぼろし )の手が弾いてゐる。 他 ( た )を見るに過ぐ、目を閉ぢよ、 乏しきものは 己 ( おの )れなり。 アウギユスト、アウギユスト、 母の粗末な芸術なんかが ああ、 何 ( なん )にならう。 君達は知れかし、 我等 ( わがら )の 家 ( いへ )に誇るべき祖先なきを、 私有する一尺の土地も無きを、 遊惰 ( いうだ )の日を送る 財 ( さい )も無きを。 うら 耻 ( はづ )かしと知りながら、 すべて貧しい身すぎから。 さても悲しや、今の世は 働く 能 ( のう )を持ちながら、 職に離るる親多し。 一人 ( ひとり )は 薔薇 ( ばら )と 睡蓮 ( すいれん )の ふくいくと香る花束。 蟻 ( あり )よ、 蟻 ( あり )よ、 お前さん達はみんな 可愛 ( かは )いい、元気な 8 ( はち )の字少年隊。 乾いた心の唇をじつと 噛 ( か )みしめ、 黙つて 唯 ( た )だうろうろと ( もが )くのは 人形だ、人形だ、 苦痛の 弾機 ( ばね )の上に乗つた人形だ。 鏡の 間 ( ま )には 塵 ( ちり )も無し、 あとに静かに映れかし、 鸚哥 ( インコ )の色の 紅 ( べに )つばき。 被眼布 ( めかくし )したる女にて我がありしを、 その 被眼布 ( めかくし )は 却 ( かへ )りて 我 ( わ )れに 奇 ( く )しき光を導き、 よく物を 透 ( とほ )して見せつるを、 我が 行 ( ゆ )く 方 ( かた )に 淡紅 ( うすあか )き、白き、 とりどりの石の柱ありて 倚 ( よ )りしを、 花束と、 没薬 ( もつやく )と、 黄金 ( わうごん )の枝の果物と、 我が 水鏡 ( みづかゞみ )する 青玉 ( せいぎよく )の泉と、 また我に 接吻 ( くちづ )けて 羽羽 ( はば )たく 白鳥 ( はくてう )と、 其等 ( それら )みな我の 傍 ( かたへ )を離れざりしを。 名工 ( めいこう )のきたへし刀 一尺に満たぬ短き、 するどさを我は思ひぬ。 しかは 云 ( い )へ、突かんとすなる その胸に、 夜 ( よる )としなれば、 額 ( ぬか )よせて、いとうら 安 ( やす )の 夢に 入 ( い )る人も我なり。 今、第一の陣痛…… 太陽は 俄 ( には )かに青白くなり、 世界は 冷 ( ひや )やかに 鎮 ( しづ )まる。 登つて 行 ( ゆ )く人、 行 ( ゆ )く人が 丘の上に顔を出し、 胸を張り、両手を拡げて、 「兄弟よ」と呼ばはる時、 さつと 血煙 ( ちけぶり )がその胸から立つ、 そして 直 ( す )ぐ 其 ( その )人は後ろに倒れる。 その胸を 今日 ( けふ )は 仮 ( か )さずと たはぶれに 云 ( い )ふことあらば、 我 ( わ )れ 如何 ( いか )に 佗 ( わび )しからまし。 入口 ( いりくち )からは機関車が 煙を吐いて首を出し、 二階の上の 露台 ( ろたい )には 大 ( だい )起重機が据ゑてある。 ああ颱風、 人は 汝 ( なんぢ )によりて、 今こそ 覚 ( さ )むれ、 気不精 ( きぶしやう )と 沮喪 ( そさう )とより。 うれしや、うれしや、 梅蘭芳 ( メイランフワン )。 じつと 観 ( み )、 じつと愛し、 じつと抱きしめて作る。 暖簾 ( のれん )のかげに伏して泣く あえかに若き 新妻 ( にひづま )を 君忘るるや、思へるや。 蛋白石色 ( オパアルいろ ) [#「蛋白石色」は底本では「胥白石色」]のあの空が ふつと渦巻く海に見え、 波間 ( なみま )に [#「波間に」は底本では「波問に」]もがく白い手の 老 ( ふ )けたサツフオオ、死にきれぬ 若い心のサツフオオを ありあり眺めて共に泣く。 小 ( ち )さくて 繊弱 ( きやしや )な A ( エエ )の字は 遠い岬に灯台を ほつそりとして一つ立て、 それを 繞 ( めぐ )るは白い 浪 ( なみ )。 荒い 血汐 ( ちしほ )の洗礼で、 世界は更に新しい 知らぬ命を生むであろ。 人の身にして 己 ( おの )が 児 ( こ )を 愛することは 天地 ( あめつち )の 成しのままなる心なり。 正月は 唯 ( た )だ 徒 ( いたづ )らに 経 ( た )つて 行 ( ゆ )く。 しかも、晶子の 動悸 ( どうき )は 羅 ( うすもの )を 透 ( とほ )して 慄 ( ふる )へ、 その全身の汗は 産 ( さん )の 夜 ( よ )の 如 ( ごと )くなりき。 疑ふ人は来て見よ、 わが両手の中の人魚は 自然の海を出たまま、 一つ一つの 鱗 ( うろこ )が 大理石 ( おほりせき ) [#ルビの「おほりせき」はママ]の 純白 ( じゆんぱく )のうへに 薔薇 ( ばら )の花の反射を持つてゐる。 われは 其等 ( それら )をうち眺め、 しばらくありてつぶやきぬ。 わたしは更に冬を 讃 ( たゝ )へる。 十月 ( とつき )も添はで別れたる 少女 ( をとめ )ごころを思ひみよ。 鳴らさないで下さい、 そんなに 仰山 ( ぎやうさん )な 手風琴 ( てふうきん )を、 近所 合壁 ( がつぺき )から 邪慳 ( じやけん )に。 わたしはあの 鼠色 ( ねずみいろ )の雲だ、 晴れた空に 重苦しく 停 ( とゞま )つて、 陰鬱 ( いんうつ )な心を見せて居る雲だ。 木魂 ( こだま )は 稀 ( まれ )にも 肉身 ( にくしん )を示さず、 人の 狎 ( な )れて 驚かざらんことを 怖 ( おそ )る。 そして、 榛 ( はん )の若葉の光が 柔かい緑で 街全体を 濡 ( ぬら )してゐる。 全身を太陽に 暴露 ( さら )して、 疲れもせず、 怠 ( なま )けもせず、 さつさ、さつさと進んで 行 ( ゆ )く。 こころよきかな、全身は 巨大なる 象牙 ( ざうげ )の 喇叭 ( らつぱ )のここちして、 颱風と共に 嘶 ( いなゝ )く。 君を迎へて春の 園 ( その ) 路 ( みち )の砂にも歌がある。 なぜか 行 ( ゆ )くほどその道が 今日 ( けふ )のわたしに遠ざかる。 あはれ、 此夜 ( このよ )のむし暑さ、 氷ぶくろを取りかへて、 団扇 ( うちは )とり 児等 ( こら )を 扇 ( あふ )げば、 蚊帳 ( かや )ごしに蚊のむれぞ鳴く。 いと 寂 ( さび )しきも我が心、 いと楽しきも我が心。.

  • .

  • .

深いの使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

.

  • .

  • .




2022 www.electionhackathon.com