国際 興業 バス - 国際興業バス

バス 国際 興業 国際興業バス飯能営業所

バス 国際 興業 国際興業

国際興業

バス 国際 興業 国際興業バス赤羽営業所

国際興業バス

バス 国際 興業 国際興業バス飯能営業所

高速バス

バス 国際 興業 国際興業バス

国際興業バス|バス時刻表やバス停検索|路線バス情報

バス 国際 興業 国際興業バスの時刻表・路線図・五十音順・運賃・定期代などの紹介

バス 国際 興業 国際興業バス|バス時刻表やバス停検索|路線バス情報

国際興業バス

バス 国際 興業 国際興業バス飯能営業所

国際興業バス

バス 国際 興業 国際興業

バス 国際 興業 国際興業バス

国際興業

池袋駅 - 高島平駅 - 高島平操車場線 [ ]• 医大12:高麗川駅 - 日高市役所入口 - 埼玉医大保健医療学部 - 埼玉医大国際医療センター• 王22: - 住宅 - - 四丁目 -• 「交道会しもべ病院 負債総額30億円 事実上の倒産に」『』山梨版 2007年(平成19年)2月2日 参考文献 [ ]• 飯01-2:飯能駅 - 東飯能駅 - 岩根橋 - 永田会館 - 新寺 - 原市場 - 上赤沢 - 名栗川橋 - ノーラ名栗・ - 名栗車庫 - 柏木橋 - 名郷 - 湯の沢• 学06:小殿役場 - ヒッ沢 - 名郷• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 埼玉高速鉄道線の開業に伴う再編 [ ] (平成13年)3月28日に( - )が開業したため、川口・鳩ヶ谷両営業所管内で創設以来となる大規模再編を実施した。 路線網は戦前より鳩ヶ谷自動車が鳩ヶ谷方面、川口乗合が川口方面、板橋乗合(東都乗合)が志村 - 赤羽 - 志茂を運行するなど早くから路線バス交通が発達していたが、これらは全て国際興業の前身事業者である。 飯02:飯能駅 - 東飯能駅 - 岩根橋 - 永田会館 - 新寺 - 原市場 - 上赤沢 - 名栗川橋 - 名栗車庫• 東都乗合自動車 [ ] (昭和10年)、との共同出資により 東都乗合自動車を設立。 赤31:東口 - 東十条四丁目 - - - - 豊玉中二丁目 - 北口 - 北口(と共同運行)• これら度重なる意匠変更により、車両前面は「ロゴ無し」・「Kokusai Bus」ロゴ(初期ノンステップ)・「Kokusai Kogyo」ロゴの3種類、非公式側表記が「国際興業バス」・「スバ業興際国」、後面は「国際興業バス」・「Kokusai Bus」ロゴ(初期ノンステップ)・「Kokusai Kogyo」ロゴの3種類があった。 周辺に路線を有しており、当初は 王子乗合自動車商会から継承した - 板橋役場 - の路線を運行していたが、その後に埼玉県内でも中山道に沿って浦和・大宮へ路線を延伸していった。 武蔵浦和・池袋~東京ディズニーリゾート線 武蔵浦和・池袋 - 廃止路線 [ ]• 事業内容 [ ] 自動車教習所事業・町田ドライヴィングスクール 運輸・交通• 学05-2:原市場小学校 - 原市場中学校 - 唐竹橋 - 上赤沢• なお、側面・後面にて刻まれているローマ字表記では、グループ内の各社ごと(例えば、国際興業では「Kokusai Kogyo Bus」で表記し、またグループ事業者のでは「Towada Kanko」で表記)にて記されているが、近年投入されている新車及びグループ内各社への譲渡分については、原則「Kokusai Kogyo Group」で表記(ただしそれ以前に投入されている既存車に関しては、Group表記への書き換えは行われない)されており、この場合における所属事業者(社名)表示は「正面の行灯」及び「側面の前側上部または後面下部」でのみに記されているため、どこの所属であるかは見分けが付かなくなってきている。 本社所在地 104-8460 東京都中央区八重洲2丁目10番3号 設立 (15年) 事業内容 、、及び業 ほか 代表者 小佐野 隆正(代表取締役社長) 主要株主 国際興業ホールディングス 主要子会社 国際興業 外部リンク 国際興業株式会社(こくさいこうぎょう、 Kokusai Kogyo Co.

  • 池11:池袋駅西口 - 池袋車庫 - 北口 - 南長崎二丁目 - - - - 五丁目 - (と共同運行)• 赤羽駅西口 - ときわ台駅線 [ ] 混雑する赤53に投入される標準尺ワンステップ車 8223• 赤57:赤羽駅西口 -(トンネル)- 本蓮沼駅 - 大和町 - 豊島病院 - 日大病院 2016年3月16日に池袋営業所へ移管された。 1957年9月20日に開通した赤羽二丁目(現・赤羽台坂下付近) - 常盤台駅 - 池袋駅線が起源で、その後、常盤台駅折返便が開通して赤羽駅発着に変更されたのち、ときわ台駅の踏切による渋滞を避けるために1974年頃に池袋直通便が廃止されて折返便が残ったものが現在に至る。 武浦01:武蔵浦和駅 - 美女木 - 彩湖・道満グリーンパーク入口 - 下笹目• 飯80:車庫前 - 六道 - 双柳市営住宅 2015年10月16日の双柳地区路線再編によって廃止された。 赤57:西口 - - - - 日大病院• 有間01-2:飯能駅 - 東飯能駅 - 岩根橋 - 永田会館 - 新寺 - 原市場 - 上赤沢 - 名栗川橋 - さわらびの湯 - 有間渓谷観光つり場 土曜・休日のみ運行していた観光路線。 - 鳩ヶ谷車庫 - - 間を運行開始。 (昭和22年)には乗り入れ路線として、 - 降車口、志村橋 - 東京駅降車口が運行開始、続いて - 東京駅降車口、川口駅 - 赤羽駅 - 東京駅降車口、川口駅 - - 東京駅降車口などが相次いで運行を開始した。 国際興業管理株式会社 Kokusai Kogyo Kanri co.

  • 赤27-2:赤羽車庫 - 上十条五丁目 - 東十条四丁目 - 鹿浜橋 - 椿二丁目 - 江北陸橋下 - 西新井大師 - 西新井駅( 赤羽駅非経由)• 池袋駅 - 熊野町循環線 [ ]• 前身事業者の統合 [ ] 板橋乗合自動車 [ ] (大正8年)、 板橋乗合自動車が創業。 国際興業本社(東京・) 本社所在地 104-8460 2丁目10番3号 設立 (24年) (15年)創業(第一商会)。 営業所および営業路線 [ ] 営業所、案内所 [ ] 国際興業の乗合バス営業所は下記の通り、東京都内に4ヶ所、埼玉県内6ヶ所の計10ヶ所がある。 学01:南高麗小学校 - 上畑- 保入沢 - 岩根橋 - 飯能駅• 飯09:飯能駅 - 東飯能駅 - 岩根橋 - 永田会館 - 新寺 - 原市場折返場 の西武池袋線ダイヤ改正に合わせた改正で、県道沿いにあった折返場が廃止されたことで路線も廃止された。 さらに、 - 庚申塚、 - - 、 - - などの路線を開設した。 南浦06-2:南浦和駅 - 武蔵浦和駅 - 美女木 - 彩湖・道満グリーンパーク - 下笹目• 現行路線 [ ] 飯能駅 - 原市場 - 名栗車庫 - 湯の沢線 [ ] 飯能駅を出発する飯03-2。 にすでに開通していた池袋駅 - 練馬病院 - 江古田駅線と統合され、両回りの江古田・椎名町循環(池袋駅 - 椎名町八丁目 - 江古田駅 - 練馬病院 - 池袋駅)として運行されるようになった。 池袋駅 - 中野駅線 [ ] 池11 3033• 高麗12:高麗川駅 - 高麗支所 - 高麗駅 - 西武飯能日高 2003年3月12日に飯12を高麗川駅発着に短縮した上で新設した。 日大病院 - 赤羽駅線 [ ]• 飯07:飯能駅 - 飯能第一小学校 - 永田会館 - 西武不動産営業所 - ( 東飯能駅非経由) 飯能駅から西側に向かう路線であるが、この路線のみ東飯能駅を経由しない。 赤羽駅東口 - ハートアイランド循環線 [ ]• 飯能駅 - 高麗駅 - 高麗川駅 - 埼玉医大線 [ ]• 池20:池袋駅西口 - 要町駅 - - 志村坂上 - - - 高島平操車場(と共同運行)• 学04:原市場小学校 - 曲竹 - 新寺 - 堂西 - 種木橋 - 釣場 - 中藤• 赤06(三代):赤羽駅東口 - 放水路 - 北赤羽駅入口 - 東京北医療センター - 浮間一丁目 - 浮間工場街 - 浮間舟渡駅 2016年10月1日に廃止された。 池袋駅 - 中丸町循環線 [ ]• また、同じく東急傘下を離脱したとは東都乗合自動車時代から交流を深め、(昭和24年)に両社共同管轄の池袋駅 - (現:池11)を立ち上げ、にはを経由する - - 赤羽駅(現:赤31)を開設した。 学02:南高麗小学校 - 両郡橋 - 前ヶ貫入口 - 飯能駅• 飯06:飯能駅 - 東飯能駅 - 岩根橋 - 永田会館 - 新寺 - 原市場 - 上赤沢(早朝、夜間のみ運行)• に現行の江古田二又まで開通したが、翌に循環運行が廃止されたことで、現行区間( サンシャインシティ南 - 池袋駅 - 江古田二又線)だけが残り、現在に至る。 飯30:飯能駅 - 飯能高校 - 滝不動 - 木綿沢 - 赤坂公園 - 山脈公園 - 西武不動産営業所 - 西武飯能日高(深夜バスあり)• 4 - 5頁 [ ]• 屋根の塗装が白色へ変更された車両 5243 高速・貸切・深夜急行車 [ ] 観光・高速・深夜急行用の各車両のカラーリングは、のメーカーのカタログ撮影車塗装(通称:)を採用しているが、観光車および深夜急行車と高速車とでは塗り分けが若干異なる。 [ ] にはの - 間が開業し、エリアが重なる池袋営業所の路線は大打撃を受けた。 池袋駅 - 要町循環線 [ ] 池03 1038• 南浦06:南浦和駅 - 武蔵浦和駅 - 美女木 - 下笹目• 池05:池袋駅西口 - 要町駅 - - 二丁目 -• 池07:南 - - 池袋駅西口 - 立教大学 - 要町駅 - 千川駅 - 六丁目 - 六丁目 - 入口 - 江古田二又• 赤羽駅西口 - 東京北医療センター線 [ ] 赤羽駅を出発する赤58。 (令和4年)1月4日:赤27H系統(赤羽駅-東京女子医大足立医療センター-西新井駅)運行開始(予定) 現行路線 [ ] 車庫の表記は「赤羽車庫」のみとする。 国際興業で唯一無二のF尺ノンステも末期は赤羽所属だった 2501 脚注 [ ]• 飯能駅 - 間野黒指線 [ ]• (十和田観光電鉄) (平成14年)12月 - (平成20年)1月までと共同運行していた 深夜急行路線「ミッドナイトアロー」 [ ] ミッドナイトアロー成増・朝霞台 国際興業では、一般路線の深夜バスとは別に、池袋・大宮両駅を起点とする中距離の深夜急行バスを運行している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 赤26:赤羽駅東口 - 東十条四丁目 - 鹿浜橋 - 椿二丁目 - 加賀団地 - 流通センター入口 - 入谷東 - 舎人団地 川口営業所との共同運行を経て、2011年3月16日の改正で川口へ全面移管された。 「」および「」も参照 2000年代 [ ] に保健医療学部が開設されたことに伴い、飯能駅 - 高麗川駅線を延長する形でまでの路線が開設された。 赤24:赤羽駅東口 - 荒川大橋 - 領家工場街 - 鹿浜 - 西新井公団 - 西新井警察署 西新井駅ロータリーが未完成で駅前まで乗り入れることが出来なかったため、一つ手前の西新井警察署で折り返していた。 西コース:日高市役所 - 高麗川駅 - 高麗神社 - 高麗駅 - 武蔵台公民館 - 高麗駅 - 武蔵横手駅東 - 巾着田 - 高麗川駅 - 日高市役所• 乗車券類 [ ] 定期券 [ ]• 飯能駅 - 西武飯能日高線 [ ]• 高速バス [ ] 夕陽号 [ ] 東京圏とを結ぶ「」をと共同運行する。 医大31:飯能駅 - 飯能高校 - 滝不動 - 木綿沢 - 高麗駅 - 高麗支所 - 高麗川駅 - 日高市役所入口 - 埼玉医大保健医療学部 - 埼玉医大国際医療センター - 埼玉医大(毛呂山)• 国際興業バスの成立 [ ] はの将来性に着目し、(昭和15年)に自動車部品販売会社として 第一商会を創業。.

国際興業

池87:池袋車庫 - 要町駅 - 千川駅 - 長崎六丁目 - 江古田二又• 赤04:赤羽駅東口 - 放水路 - 赤羽北二丁目 - 浮間工場街 - 公害研究所 - 西台駅 - 高島平操車場 1985年10月1日の埼京線開業時に廃止された。 これを受け、飯能営業所ではに飯能駅 - 湯の沢線の「さわらびの湯」乗り入れを始めるとともに、グループ会社ので保存されていたを再生して「 」と命名、観光シーズンに飯能駅 - 名栗方面の路線で季節運行することとなった。 赤羽駅東口 - 大和町 - 野方駅 - 高円寺駅線 [ ] 環七・野方駅付近を赤羽へ向けて走る赤31 6214• 飯01:飯能駅 - 東飯能駅 - 岩根橋 - 永田会館 - 新寺 - - 上赤沢 - 名栗川橋 - 名栗車庫 - 柏木橋 - 名郷 - 湯の沢• その後、1970年代に王子駅 - 板橋駅間に短縮され、平成に入って中央公園 - 板橋一丁目間が帝京大学病院経由に迂回する経路に変更された。 1952年7月30日に王子駅 - 金沢橋 - 板橋駅 - 金井窪 - 池袋駅として開通したものである。 赤27:東口 - 東十条四丁目 - 鹿浜橋 - 椿二丁目 - 江北陸橋下 - 西新井大師 - 朝・夜のみ運行• 鳩ヶ谷自動車 [ ] 埼玉県内では、(大正5年)に 鳩ヶ谷自動車が創業。 赤27H:赤羽駅東口 - 東十条四丁目 - 鹿浜橋 - 椿二丁目 - 東京女子医大足立医療センター - 江北陸橋下 - 西新井大師 - 西新井駅 朝~夕方頃まで運行• 池21:池袋駅西口 - 要町駅 - 板橋区役所 - 志村坂上 - - (志村営業所と共同運行)• 飯15(初代):飯能駅 - 東飯能駅 - 市役所 - 六道 - 双柳市営住宅 に飯14と統合廃止された。 赤羽駅西口 - 赤羽車庫線 [ ]• 医大12-2:高麗川駅 -( 直行)- 埼玉医大保健医療学部 - 埼玉医大国際医療センター(埼玉医大保健医療学部の休校日は運休)• 飯能駅 - 中藤・中沢線 [ ]• 西コース:日高市役所 - 高麗川駅 - 巾着田 - 高麗駅 - 山脈公園 - 西武飯能日高(おはよう便・ゆうやけ便) が運行していた。 有間01:飯能駅 -(直通)- さわらびの湯 - 有間渓谷観光つり場• 王子駅 - 板橋駅線 [ ]• 廃止路線 [ ] 一般系統 [ ]• 飯能交通より継承した路線は、飯能駅 - 名栗 - 山伏口など9系統が存在していたが、には早くも路線が新設され、から・飯能駅を経由して名栗村観世音センターまで結ぶ急行運転が開始された。 ワンコインバス実証実験 [ ] より、1年間限定で飯能駅 - 飯能河原・市役所前・間において、(通常運賃大人100円、小児10円)制度の実証実験を行っていた。 飯02-2:飯能駅 - 東飯能駅 - 岩根橋 - 永田会館 - 新寺 - 原市場 - 上赤沢 - 名栗川橋 - ノーラ名栗・さわらびの湯 - 名栗車庫• 池88:池袋車庫 - 池袋二丁目 - 千川• 赤93:赤羽車庫 - 志村一丁目 - 前野小学校 - 常盤台三丁目 - ときわ台駅 赤羽駅から南西の小豆沢・前野町を横断し、東武東上線ときわ台駅へ至る路線。 飯12:飯能駅 - 飯能高校 - 滝不動 - 木綿沢 - 高麗駅 - 高麗支所 - 高麗川駅 最盛期には川越営業所と共管で高麗川駅から先、高麗川団地を経由し川越駅まで運行していた。 国際興業成立と事業拡大 [ ] (昭和22年)、現在まで続く社名「 国際興業」に社名変更した。 グループ外のへの譲渡車両 さいたま国際バス [ ] 国際興業では、バス事業の規制緩和を前にした経営効率化の流れの中で、(平成13年)9月1日に子会社「 さいたま国際バス」を埼玉県に設立し、(平成14年)から一部路線の移管を行った。 埼玉県日高市: - のみ受託 車両 [ ] 概説 [ ] 車番は基本的に4桁で表記され、超小型車や貸切など車両数が少ないタイプは3桁(上一桁が0の省略と考えればよい)でまとめられる。 飯05:飯能駅 - 東飯能駅 - 岩根橋 - 永田会館 - 新寺 - 天神橋 - 中藤(青石橋) この路線は新寺 - 中沢間に狭隘道路が存在するため、まで車掌が乗務していた。 池85:池袋車庫 - 要町駅 - 千川駅 - 大谷口二丁目 - 日大病院• 飯11-2 : 飯能駅 - 東飯能駅 - 岩根橋 - クリーンセンター - 大河原工業団地入口 - 成木一丁目四ツ角 - 南高麗 - 間野黒指 飯11-2は大河原工業団地内へ乗り入れていた路線で朝の間野黒指行1本と夕方の飯能駅行の1本のみ設定されていた が、2021年4月1日に廃止。 豊島区地域公共バス [ ] 「としまななまる」のラッピングが貼られた池07専用車 1001• 池袋駅 - 日大病院線 [ ]• 池08:池袋駅西口 - 池袋二丁目 - 千川• 西武バスの路線は既に廃止しており、現存および面影を残すのは、飯41(飯能駅南口 - 加治橋 - - ・線)のみである。 飯13:飯能駅 - 東飯能駅 - 市役所 - 県合同庁舎 - 双柳市営住宅 - ぶしニュータウン - 新光• 赤06(二代):赤羽駅東口 - 放水路 - 北赤羽駅入口 - 浮間一丁目 - 浮間工場街 - 浮間舟渡駅 2000年5月1日に赤05を改番のうえ新設したが、2015年4月16日に東京北医療センターへの乗り入れを開始したため三代目へ変更。 赤97:赤羽車庫 - 本蓮沼駅 - 大和町 - 豊島病院 - 大山 - 熊野町 - 池袋駅東口(平日始発出庫・土休日入庫のみ) 赤羽駅から都営三田線・東武東上線方面および、都営三田線・東武東上線方面からサンシャインシティ・池袋駅へ、などと、埼京線から離れたエリアを効率よく結んでおり、沿線に豊島病院などの医療施設を抱えることから利用者が多い。 鳩ヶ谷自動車の流れを汲む古い路線だが、戦前の両駅間を結ぶ運行は岩槻街道経由で行われており、加えて赤羽駅 - 同潤会入口 - 稲付西町(現・西が丘二丁目付近)、王子駅 - 西町終点(現・上十条四丁目付近)という2つの支線が存在した。 赤羽駅東口 - 江北陸橋(環七経由)- 西新井駅線 [ ]• 飯11:飯能駅 - 東飯能駅 - 岩根橋 - クリーンセンター - 成木一丁目四ツ角 - 南高麗 - 間野黒指 を経由し直竹(間野黒指)方面に行く。 飯03-2:飯能駅 - 東飯能駅 - 岩根橋 - 永田会館 - 新寺 - 原市場 - 上赤沢 - 名栗川橋 - ノーラ名栗・さわらびの湯 - 名栗車庫 - 柏木橋 - 名郷• 埼玉医大保健医療学部 - 埼玉医大間ではの - 埼玉医大線と並走するが、などは自社線内のみ使用可能である。 (元年) - 深夜急行バス(西口 - 東口)が運行開始。 医大32:飯能駅 - 飯能高校 - 滝不動 - 木綿沢 - 高麗駅 - 高麗支所 - 高麗川駅 - 日高市役所入口 - 埼玉医大保健医療学部 - 埼玉医大国際医療センター 飯能駅から高麗駅・・高麗川駅方面へ向かう路線で、全系統で東飯能駅を経由しない。 学05:原市場小学校 - 原市場中学校 - 唐竹橋 - 上赤沢 - 久林 久林付近では折り返しが出来ず、飯能営業所から直接回送されて運用に入ったり、久林から一旦名栗車庫まで回送されていた。 荒川大橋経由の赤23より早く西新井・赤羽両駅へ到着できることから、全線乗り通す乗客などで終日に渡って混雑しているため、赤羽駅 - 椿二丁目までは赤26(赤羽駅 - 舎人団地:川口担当)と8-10分間隔で交互で運行されている。 ( 2017年1月) 全車両がいすゞ製で統一されているが、赤羽駅 - 社会保険病院線の事項にも記述している通り、日野製の車両が在籍していた時期もあった。 飯14:飯能駅 - 東飯能駅 - 市役所 - 県合同庁舎 - 双柳市営住宅• 飯能駅 - 双柳循環線 [ ]• 医大11:高麗川駅 - 日高市役所入口 - 保健医療学部 - -• 赤96:赤羽駅西口 -(トンネル)- 体育館 - 志村四小 - 小豆沢住宅 - 赤羽郷 - 赤羽車庫 赤羽駅の北西に位置する桐ヶ丘団地への足となる路線で、赤53と並んで赤羽営業所の最主力路線である。 赤羽駅西口 - 西が丘 - 王子駅線 [ ] かつて赤50専属だったリフト付車両 2901• グループ会社の社名表記例(Kokusai Kogyo Group):貸切車両 廃車車両の譲渡 [ ] 概要 [ ] 国際興業で廃車となった車両は、一時的に敷地面積が広大なさいたま東営業所へ留置されることがあるが、多くは所属先から直接、専門業者によって回送される。 (昭和63年) - 国際興業初の・八重洲南口 - 線(現・)、運行開始。 赤羽駅西口 - 桐ヶ丘高校・体育館循環線 [ ]• 飯03:飯能駅 - 東飯能駅 - 岩根橋 - 永田会館 - 新寺 - 原市場 - 上赤沢 - 名栗川橋 - 名栗車庫 - 柏木橋 - 名郷• 赤羽駅東口 - 荒川大橋 - 鹿浜 - 西新井駅線 [ ]• 赤58:西口 - 赤羽台坂下 - 師団坂通り - 旧・国立王子病院跡地に開院した東京北社会保険病院(現:東京北医療センター)と赤羽駅を結ぶ。 産業機械販売事業 - ・機器の販売 歴史 [ ] 創業 [ ] 実業家・小佐野賢治が、(昭和15年)5月15日に興した自動車部品販売業「 第一商会」を淵源とする。 (平成29年) - 武蔵浦和・池袋 - 東京ディズニーリゾート線を新設。 武浦80:武蔵浦和駅 - 美女木 - 戸田車庫 同年秋からは、移管した上記路線以外の一部路線の運行管理業務の受託も開始した。 中仙道乗合自動車 [ ] (大正7年)、 中山道乗合自動車が創業。 飯能駅・東飯能駅 - メッツァ線 [ ]• 事業内容 旅客自動車運送業、外車販売、旅行業 代表者 小佐野隆正() 南正人(代表取締役) 資本金 1億円 売上高 376億円 (2016年3月期) 従業員数 2479名 (2016年(平成28年)7月現在 決算期 3月 主要株主 国際興業管理 主要子会社 関係する人物 (創業者) 外部リンク 特記事項:2014年(平成26年)3月1日に国際興業グループから社名変更。 この間、戦前の鳩ヶ谷自動車路線の流れを汲む赤羽 - 王子線が、1950年に経路変更によって運行を開始し、1952年には赤羽 - 池袋線(赤51)が開通、さらに昭和30年代にかけて常盤台・下赤塚など沿線へ向けての路線が整備されている。 飯04:飯能駅 - 東飯能駅 - 岩根橋 - 永田会館 - 新寺 - 天神橋 - 中藤(青石橋) - 中沢• 学07:小殿役場 - 四海橋 - 小沢 日高市内循環バス「せせらぎ号」 [ ]• 赤羽駅西口 - 豊島病院 - 池袋駅線 [ ]• 国際興業バスの路線バス 名前順 352路線 さいたま東営業所~アーバンみらい[春野図書館] 高島平操車場~四葉町 高島平操車場~徳丸西 与野本町駅~白鍬電建住宅 与野本町駅~与野西中学校 与野本町駅~与野公園入口 光が丘駅~練馬北町車庫 光が丘駅~池袋駅東口 光が丘駅~練馬北町車庫 光が丘駅~光が丘IMA 北朝霞駅~下宗岡二丁目 下宗岡四丁目~北朝霞駅 北朝霞駅~下宗岡二丁目 北朝霞駅~南与野駅西口 北浦和駅西口~埼玉大学[大学構内乗場] 北浦和駅西口~白鍬電建住宅 北浦和駅東口~さいたま新都心駅東口 北浦和駅東口~上木崎 北浦和駅東口~さいたま新都心駅東口 北浦和駅東口~領家二丁目[浦和区] 北浦和駅西口~西浦和車庫 北浦和駅西口~新中里三丁目 高麗川駅~埼玉医大 高麗川駅~埼玉医大保健医療学部 高麗川駅~埼玉医大国際医療センター 埼玉医大国際医療センター~高麗川駅 飯能駅~埼玉医大 飯能駅~埼玉医大国際医療センター 南与野駅西口~埼玉大学[大学構内乗場] 下大久保~南与野駅西口.

  • .

  • .




2022 www.electionhackathon.com