ずっ こい - 津軽弁対訳集

こい ずっ 津軽弁対訳集

こい ずっ しゃっこい、けっぱる、あずましい…知名度低めな北海道弁一覧【標準語変換】

こい ずっ 1500円の完全ワイヤレスイヤフォンは普通に使えるイヤフォンだった! サブにもってこいっ♪

こい ずっ 四の五の言わずに帰ってこいっ!

さんこいち古川優香とやっぴ、低評価の嵐…「妊婦を侮辱」で再び炎上

こい ずっ 津軽弁対訳集

こい ずっ 「世界最高の暗殺者」ルーグの能力は?トウアハーデの魔眼についても!

こい ずっ 新田みれい

こい ずっ ぬまずっきゅーん★素敵さんのここだけの話★~podcast~|note

こい ずっ さんこいち・やっぴの謝罪も火に油で解散炎上騒動が収束せず。視聴者離れに直結

さんこいち古川優香とやっぴ、低評価の嵐…「妊婦を侮辱」で再び炎上

こい ずっ ぬまずっきゅーん★素敵さんのここだけの話★~podcast~|note

さんこいち・やっぴの謝罪も火に油で解散炎上騒動が収束せず。視聴者離れに直結

1500円の完全ワイヤレスイヤフォンは普通に使えるイヤフォンだった! サブにもってこいっ♪

うずくまる しゃがらなす 【名】 1 浅はかな行い、同じ失敗を繰り返すこと 2 口の軽い人、思慮に欠ける人 [仙台] しゃくしょ 【名】 農家 しゃぐす 【名】 おたま [辞書記載] じゃげづ 【名】 セーター しゃ こ゜まる 【自動】 かがむ。 取れにくい 用例:このおまま、しっぺらこいごだ 意味:このごはん、取れにくいこと しとえぬ 【副】 いちずに、一所懸命 [辞書記載] しとたん か゜ぢ 一抱え しとばがぬすた 常識に欠けている。 B:全然ダメだった なんがかんが 何かしら なんがかんが持ってがにゃまねべな 何かしら持って行かなきゃいけないよね なんたかんた どうしても なんたかんたやねばまねだなして どうしてもやらなきゃいけないの? 名前の通りフリーで 勿論優先閲覧エリアはあって当選した場合はその分のお金が必要だけれど 、 多分良い意味で敷居が低いだろうから、なかなか「通りすがりの人にも見てもらう」は難しいかもしれないけれど、 きっと学生さんだったり、直近で好きになった人だったりにはもしかすると、都合さえ合えば行き易いだろうから。 知れたもの 用例:けらったのも しだもんだっちゃ 意味:貰ったのもほんの少しなんですよ しだりこに 【名】 左きき しだりめ 【名】 経済状態が悪い 左前 しっかだこい 【形】 ひどく硬い しつからすね うるさい。 音声 [ ] アクセント [ ] 北海道で生まれ育った人は、語彙や語尾の点では北海道方言と共通語の違いを認識することが多いものの、やの点では共通語と同じだとみなしがちである。 いだわしい もったいない いづだかんだ 今ごろ 機を逸している状態 いっつが もう いっつが行ってまった もう行っちゃった いっとごま 一時の間 いっとまが あっという間 いっぱんだすけ 変 いっぱんだすけだ格好して! すなびる 【自動】 しおれる、乾燥する [辞書記載] ずなんこ 【名】 次男 名取市農協冊子から ずなんぺ 【名】 次男 すね しない すねくてね ~しなければならない すねげね 【助動】 ~しないといけない 「~しなきゃない」の形で現在も使用される すねげわがんね 【助動】 ~しなければならない 用例:んだごったら、こしぇでけ ねげわがんめ 意味:そうだったら、作ってあげなければなりませんね すねっこ ~しない約束 すねった (しなければならないことを)していなかった すねのっしゃ ~しないんですよ すばらくて 久しぶり! しばらくぶりだね。 まましたぐ ごはんの準備 まましたぐさにゃまねはんで ご飯の準備をしないといけないから まむしい げんきだ まむししてらが 元気にしてましたか? 仙臺方言集より さんざぱら 【副】 さんざん 用例: さんざぱらまだせで 意味:さんざん待たせて ざんぞ 陰で言う悪口 ざんぞかだる 陰で他人の悪口をいう。 用例:そづぎょうすてごったら、べんちょうすさい 意味:卒業したいなら勉強しなさい すてこび 【名】 ひたい、おでこ すてすける ~するのを助けてあげる 用例:てがみかぐの、かいで すけでけねが 意味:手紙を書くのを助けてあげてくれないか すてすまわい ~してしまいなさい すてんぺ 山の頂上 [亘理] 玉田さんから情報をいただきました すどけ 【名】 もみじがさ、しどけ(山菜) ずないのみょうずんさん 【固有名】 家の敷地内に祀られる神様 すなげね 【助動】 ~しないといけない 「すねげね」とも言う すなこい 【形】 (食べ物が)噛み切りにくい。 そういうところが気に入らない、というニュアンス 本当に嫌いなら「やんだ」 すかねごだ あらいやだ、いやだこと すかねでば すきじゃないんですよ。 ししゃみ 【名】 しらみ ししゃれ 【名】 日よけのために背中に着るもの。 さんび 寒い し 火 しこたぐ 火を焚く ~時打った ~時になった じがじがする 炭酸などが喉を通る感じ じぐね 意気地がない じぐなし 意気地なし しじむげ 斜め向かい したっきゃ そしたら したはんで だから したはんでしゃんべったっけな だから言ったじゃない したんつこ 出汁 しっこ ひっこ ひ孫 してまる してしまう しなべる しぼんでいる しなべっこ 鬼になるのが免除されている子 石川のみ? しゃがみこんで小さくなる すぐもた 【名】 水はけが悪く、ぬかるむ田んぼ 底に「すくも」がたまっている田んぼ すけえ 【形】 酸っぱい すけどしょる 【自動】 年齢の割に年老いて見えること すける 【他動】 手伝う [辞書記載] ずげる 【自動】 SEXする すこっつづ 【副】 少しづつ ずごねる だだをこねる。 いままで、そのやり方でうまくいかなかったから、 トレーナーにお願いしているわけで、それなら、 つべこべ言わずにやってみればいいのに、 そういう人に限って、全然変わらない、と、 クレームを出して来たりするらしい。 難しすぎて分かんない考えすぎちゃうね もんもん だから心のやじるしがさす方へゴー グラデーションでぃず やった! 文法 [ ] 動詞の活用 [ ] 北海道方言でも動詞の活用は・・・(以下カ変)・(以下サ変)の5種類であり、ほとんど共通語と同じ活用をするが、命令形と仮定形に北海道方言の特徴が現れる。 すぐ 【形】 少ない 用例:いま、わらすも すぐだから 意味:最近子供も少ないから すぐだまる 【自動】 ちぢこまる。 さきっぽ 福永さんからコメントを頂きました さっかげ 【名】 その場しのぎの仕事 用例: さっかげばりすて! 意味:みんな中途半端でしょう! さっかげおろす 母屋からの別の屋根(こまい)を作る さっちな 【副】 先ほど さっくべる 【他動】 薪を(追加して)くべる ざっこ 【名】 小魚 さっざらげる 畳などが日に焼けて変色する。 サツマイモを煮て薄く切り、乾燥させたもの [名取] ざど 【名】 目の不自由な人(座頭) [辞書記載] さどめ こ゜ 【形】 ことさらに可愛い さどめんこ 可愛い。 1度、メンエラ メンタルエラー のフリラの時にも、 グループのことやメンバーのことに比較的詳細に触れた内容を書いたので、 今回も似たようなことをしてみます。 はんちゃ どてら はんつけ 仲間はずれ はんつっこ 端っこ なに、したはんつっこさかぐれでらのよ なにそんな端っこに隠れてるの はんばがる またがる はんばげる げぇっとくる はんぷかげ 中途半端 しごどはんぷかげにしねんでさっさどやなが 仕事を中途半端にしてないでさっさとやったら? どんず おしり どんずぐ つっつく みんなでどんずで食べし みんなでつっついて食べようよ おしりで食べるわけではない どんだ どうだい? しとばがぬすて 人をばかにして!(軽んじられたときに憤る) からかってるんでしょう! しとめわれ 【形】 みっともない、かっこ悪い しとんで 【副】 1 自分で、ひとりでに、自動的に 2 一人で じぬ 【名】 お金 用例: じぬししょったど。 「さらけづらすて」の形で使用される さらさらいぼ 【名】 鳥肌 さらさらする 【自動】 1 寒気がする 2 いやな客が来た されかまね 【他動】 放置しておく、放っておく、手入れをしないでおく 用例: されかまねでおげ! 意味:ほっときなさい されころんだ 転んだ されわしだ (持ってくるのを)忘れてしまった。 す か゜だつぢわれ 見栄えがよくない すかっとする 【形】 (片付けられたり捨てられたりして)さっぱりする。 すぢふ 【名】 敷布 すっかげる 【他動】 ちょっかいをかける。 ししゃね 【形】 1 知らない 2 仕方がない ししゃねしとさであったようだ 料理の味付けが薄くておいしくない。 ~しないように注意しなさいよ 用例:つまかげ すんすなよ 意味:つまづかないように注意しなさいよ ずんだ 【名】 枝豆をつぶして作った緑色のあん ずんだもづ 「ずんだ」(大豆をつぶして作った緑色のあん)をつけたもち すんちょおゆ 【名】 新しく水を汲んで沸かした風呂 ずんつぁん 【名】 じいさん すんづか 【形】 静か すんでねえど ~するんじゃないよ 用例:やみぞこいで、いづげしょうぶ すんでねえど 意味:手を抜いて、いっぺんにやろうとするんじゃないよ (面倒でも何回かに分けてやりなさい) すんな ~するな ずんね ずるい [石巻] 石巻で震災ボランティアをされたキムラさんの情報 すんのっしゃ ~するんですよ ずんばん 【名】 順番 [辞書記載] すんもししゃねで 知りもしないで、分からないくせに せ ~しなさい。 2 大の字になる しっころぶ (走っていて)ころぶ じっじ 【名】 おじいさん(幼児語) じっしゃ こ゜ 【名】 グミの木 しっしょ 【名】 風呂 [仙台] しっしょもだら 【名】 風呂の手ぬぐい [岩切] じった 盗んだ しっちり 【副】 目いっぱい、精一杯 用例:しっちりかしいだ 意味:精一杯働いた しっつらがす 【他動】 ちらかす しっつらがすてる ひどくちらかしている。 変わってゆく私達 ほら摩訶不思議 なぞなぞだ 恋の研究だいっ 道の角で突然 おっと! そうだったら すたっぱら 【名】 下腹、下腹部、「すたばら」とも言う すたでや 【名】 仕立て屋 [辞書記載] すたどわ ~しましたよ。 なーげばやまがらもっこくるぞ 泣いてばっかりいると山から蒙古がくるぞ もっつい もたもたしている なんぼもっつやずだば 何てどんくさいヤツ もで 重い たんだもでもんでにゃ 重いなんてもんじゃないよ もふん 素っ裸 今何時? 編『日本のことばシリーズ 1 北海道のことば』、1997年 外部リンク [ ]• 「~すか」と同じ す か゜り 【名】 蜂(人を刺す恐れのある害虫として使用) す か゜る 1 【自動】 (子供が)まとわりつく 2 【自動】 (蜂などが)寄ってくる す か゜れる 【自動】 稲などが盛りを過ぎて枯れてくる様子 [辞書記載] すかんぽ 【名】 田んぼの畦などに生える草 [辞書記載] すぢ 【形】 好き すぢいん 【名】 敷居 すぢさあでる つぎを当てる す き゜っぱ 【名】 杉の葉。 いいきなな いい気になるな いいばぢ いい気味だ いが 行こう いが いいかい? 知っているのにさも知らないふりをして 気づいているのにさも気づかないふりをして ずらっぱ け゜ まるっきり禿げていること ずらもん 【名】 1 いいかげんな人、責任感のない人 2 うそをつく人、うそ 3 見かけ倒し すりつぐ 【自動】 腰を下ろす すりっぽ 【名】 尻尾、しっぽ するくへ ~できるくらい 用例:いた でるくへかし か゜い 意味:家を建てられるくらい働きなさい ずるこい 【形】 ずるい、ずるがしこい するごって ~するなら するすびぢ 【名】 もみすり。 すたばら 【名】 下腹、下腹部 [辞書記載] すたばりで ~してすぐに。 めぐせ 恥ずかしい めごい かわいい めごこ かわいい 子ども めったらだ 美味しそうだ めったに 何時になく あの二人めったにながいな あの二人何時になく仲がいいね めどご 美味しいところ めどごのごして 美味しいところを残して めね 見えない めへで 見せて めへや 店 めやぐ 迷惑 手間 をかけて申し訳ない めやぐだばってそれ取ってけねが 悪いけどそれ取ってくんない? 全部スキになりそう ダーリン そわそわ未知の領域へ突入 よっこい 興味あるぞ 『どきどき』から『ラブ』 ちゅちゅ 『ラブ』から『ラブラブ』へ いやぁん グラデーション私達 ほら摩訶不思議 なぞなぞだ 恋の研究さっ ワタシもアナタもキミもこいけん! 仙臺方言集より しゃっこい 【形】 (氷などが)冷たい しゃっつ 【名】 シャツ じゃっぽ 【名】 風呂 [幼児語] しゃで 【名】 弟 しゃでっこ 【名】 弟 じゃば おてんば 名取市農協冊子から じゃまはり 他人の邪魔をすること しゃむろ 【名】 スコップ しゃる 【自動】 どく、席を空ける しゃれ どきなさい じゃんこ 【名】 幼児が足を前に出して座ること じゃんする 【自動】 (足を投げ出して)すわる [幼児語] 食事などのためにちゃんとすわる。 「しんまい」ではなく「しんこめ」と言う しんころ この前、先日 しんし 【名】 先生 しんで 【固有名】 仙台 井上ひさしの「吉里吉里人」では仙台の駅のアナウンスを以下のように表現しています。 ちょっかいをかけて相手に迷惑をかける したず (形容詞をつけて)~のような人たち しだもん 【形】 ほんの少し。 ちなみに、ちょこぼは1月にも最新のアルバム、 メンバープロデュース楽曲7曲が収録された「produce of 7」発売記念でフリラを行っているので、 間を置かずの開催になった。 (食用になる)若い芽 ずんさ 【名】 警察、おまわりさん [辞書記載] すんじゃり あとじさり。 使い方を見てみましょう! 「(いたずらばかりする子に対して)こら、はんかくさいことすんでないよ!」 意味)「こら、ばかなことするんじゃないよ!」 「はんかくさいこと言ってないで、ちゃんとして!」 意味)「あほらしいこと言ってないで、ちゃんとして!」 「はんかくさい」は北海道だけでなく、東北の青森や秋田、北陸の石川などの一部地域でも使われています。 あだまもぢ 頭の調子・状態 あだまもぢいぐね 頭の具合がわるいなぁ あだこ 子守役 あだる 脳卒中になる あっちゃ あっちへ あっちゃ行ぐべし あっちへ行こうよ あっちゃ お母さん? すぢっぱら 【名】 空腹 [辞書記載] 用例: すぎっぱらささげのむどちぐんだおねや 意味:空腹時に酒を飲むと効くんですよね すぢる (ものを取り出したあとに)すき間があく。 しつこいくらいにうるさい しっからびる 【自動】 からからに乾燥する しっからまる 【自動】 からまる、まとわりつく しっくりげす 【他動】 ひっくり返す。 ずるがしこい すっこだねえ ~する必要はない すっこったら ~するんだったら すっころぶ 【自動】 勢い余ってころぶ すっしょ 【名】 お風呂 佐藤さんからコメントいただきました すった 下(通常は「すた」だが、「すった」とも言う) すっと ~するよ。 例:たべれ(食べろ)、ねれ(寝ろ)、すれ・しれ(しろ) 仮定形 [ ] カ変活用動詞「来る」の仮定形は、命令形「来い」と同じ「来いば」という形が聞かれる。 ずうずうしい すぺ 【助動】 ~でしょう? 用例:くうすぺ。 すっとごすた 【助動】 ~するところだった すっぱね 【名】 (泥道を走ったりしたときに)ふくらはぎの付近につく泥はね はねがあがること。 [辞書記載] 高瀬さんからコメントをいただきました さがさづめ 【名】 ささくれ。 」 しんね 【名】 昼寝 しんねする 【自動】 昼寝する しんのめ 【名】 午前中 用例: しんのめのうづぬくさかっておげよわ 意味:午前中のうちに草を刈っておきなさい しんま 【名】 昼間、正午 しんまがら 【名】 午後 ずいぢ 水田が暖まっていたところに冷たい風が吹き込んできて出来る湯気・もや 田植え頃によく発生する 「ずいぎあがる」の形でも使われる 「どいぎ」とも言う ずいぎ 【名】 サトイモの茎、「あかから」ともいう。 手の爪の付け根が荒れてはがれてくること さかぶ 【自動】 大声を出す、叫ぶ 用例:どんなぬ さかんだってちがねど 意味:どんなに大声を出してもだめですよ さぢおどでな 3日前 さぢっぺ 【名】 先端。 ししゃ く゜ 【他動】 つぶす、変形させる ししゃ け゜る 【自動】 つぶれる、箱の形がくずれる ししゃっぱ け゜る 【他動】 色あせる。 6つと言っても基本的に暗殺で使うのは、地・火・風・水の4つだそうです! 全部使うと 上達速度が遅くなるというデメリットもあるとのことで、暗殺の制限時間も限られていたからという結論に至ります! 4つしか使えなかったとして極めればなんとかなるので十分ですよね! 幼い頃から大量の魔力があるのでトレーニングさえすれば詠唱も短くできます。 一部の場所では「つっぱね」という すっぺ 【助動】 ~しましょう すっぺがら (他の誰かが)~するだろうから。 むずかる すさい 【助動】 ~しなさい すさいわ (もうそろそろ)~しなさいね。 じぬとり 【名】 (仕事の)稼ぎ しびらっこい 【形】 しぶとい [仙台] ずぶ か゜ 【代名】 自分自身 用例: じぶ か゜のごどは じぶ か゜ですさい 意味:自分のことは自分でしなさい しぼ 【名】 ひも。 宮城の方言:仙台弁メモ【さ行】 宮城の方言:仙台弁メモ【さ行】 さ行 単語 発音 意味、用例 関連語 さ 【助】 ~に(方向、場所をさす) 用例:どご さまってだのっしゃ? 意味:どこに寄り道していたの? ざあま (片付いていない、できの良くない)様子。 草で編んで作る ししゃんぷり 【名】 知らんぷり ししょい 【形】 広い ししょい 【形】 白い ししょ-う 【他動】 拾う ししょ か゜る 【自動】 広がる ししょ け゜る 【他動】 広げる しすて 【副】 一日中、1日 しずね 【形】 うるさい。 ハハ のれそれ 全力で ぱー 長方形のメンコ? 日常生活でたくさん使えそうですね! どのように使うのか例文を見ていきましょう! 「大変そうだけど、もう少しけっぱれ!」 意味)「大変そうだけど、もう少し頑張れよ!」 「明日のピアノのコンクール、けっぱるわ」 意味)「明日のピアノのコンクール、頑張るわ」 「これが最後の試合だ。 しっぱだく 【他動】 はたきつける 用例:ちゃんとすねど しっぱだぐど 意味:ちゃんとしないとたたくぞ しっぺらこい 【形】 しつこい。 com] 作品の詳細 著者:タカヤマノン 出版社名:カゲキヤ出版 レーベル:カゲキヤコミックス 発売日:2021年08月18日 シリーズ名:「すごい…奥まで挿入ってるっ」たまらず絶頂!? 魔の媚肉激震貫通マシーン Part2 秘奥の深層に至るまで凄絶な波動で突き上げる残酷装置に もがきながら為す術なく昇天し続ける7名の哀しき敏感女体(2月13日、BabyEntertainment) 他出演:、、片瀬仁美、雪奈真冬、三葉優花、• 本当は 「はい!」 と言いさえすれば、 聖霊によって敷かれた新たな道が待っているのに、 〝慣れ親しんだ安定〟を捨てることができずにいた。 するよりししゃね ~することしか知らない ずろ 【名】 精液 ずろこぢ 【名】 (男性の)自慰行為 すんけたがり 【名】 1 精神病 2 (極端な)神経質 ずんけねえ 【形】 やりがいがない、際限がない、気が休まらない すんこ 【名】 新芽。 なした どうした なずぎ おでこ なすて どうして なにや なにか用か? 「ししゃます」とも言う 米澤さんからコメントをいただきました すずけたった 夏が終わって涼しくなってきた すずなめ 【名】 へび すすはぎ 【名】 すす払い(年末の大掃除) すすぱっくん 【名】 獅子舞 すずめんどくせ 【形】 しち面倒くさい [辞書記載] すそ 【名】 下手。 ししゃます、とも言う しゃ か゜まる 【自動】 かがむ。 すよししゃね ~しかたがわからない ~する方法を知らない ずら 【名】 うそ すらい 【助動】 ~しなさい、丁寧な命令 用例:いだめふぎ すらい 意味:ぞうきんがけしなさい すらいわ (もうそろそろ)~しなさいね すらいん してください 用例:だれ~、おしょすくてほいなごどすさんねっちゃ!んだごって、あんだ すらいん。 「すつける」とも言う すっこ ~する約束 ずっこい 【形】 ずるい。 すさんね 【助動】 ~できない すずつまる 足がつる。 死後硬直する しょぐほそい 【形】 小食 じょさね 【形】 1 すぐにできる(造作ない)、簡単だ 2 あっという間だ しょすい 【形】 はずかしい しょっこら 【副】 突然、思いがけずに しょってる 【自動】 うぬぼれている しょっとおもいださね のどまで出かかっているのに思い出せない しょっとででこねえ 覚えているはずなのに、思い出せない とっさに出てこない しょっぺ 【形】 しょっぱい [辞書記載] 用例:このおつよ しょっぺごだ 意味:この味噌汁しょっぱいねえ しょでがら 最初から、以前から しょろこぎ あわてんぼう じょんた 上手だ。 > ボンジュール、デゴ・コステケバ・メドゥーン こんにちは、大根はこうして食うと美味しいよ < > A: わのかでパン、しけるめになべさフォンデュせば、うだでくめよ~ん 私のフランスパン、焼きたてのうちにお鍋でフォンデュすれば、とても美味しいですわよ B: せばだばやってみら~ん それでは、やってみますわ Appendix A.

  • 用例:い か゜ せ、か せ 意味:行きなさい、食べなさい ぜえ こ゜ 【名】 いなか(在郷) [辞書記載] ぜえ こ゜ったろ 【名】 いなかもの せえず 【固有名】 せいいち せえづづ 【名】 かなづち せずぐ 【他動】 せっつく、催促する [辞書記載] せづ 【名】 季節、時期、盛りの期間 用例:とみ き゜の せづもおわりだなや 意味:とうもろこしが採れる時期も終わりですね せづもの 旬の食べ物 せど 【名】 せともの せんしょぐばづ 【名】 洗濯用のたらい せんだって 先日。 みらさる 見てしまう みんず ミズ 山菜 みんつけ 短い むがしっこ 昔話 むげ 向かい むじゃげる 破れる むすばさる 結んだ状態になる むすらっと 黙って むったど いつも むっつ 物を食べて口が渇く状態 このパンなんぼむっつば このパン、ずいぶんのどが渇くよ むる 漏れる このバケツむっちゃでば このバケツ漏れてるよ むんつけら ~ごと むんぱ 無免許 め 美味しい なんぼめば なんておいしいんだろう め 甘い なんぼめば 甘すぎるよ め 前 ちとめさきへ ちょっと前にきて め 痛い目 めにあったじゃ 痛い目にあったよ めぐね まずい めくされ 目が悪い人 蔑視語? すばらぐどって しばらくぶりに すぴた 【名】 (果物の)へた、大根のしっぽ すぴたれ 物惜しみ。 淫獣猟奇倶楽部 肛虐炎上 ~妖艶美少女イキ地獄~ Part7:アナルを嬲られ恥辱に痙攣する箱入り令嬢の惨い昇天 新田みれい(1月25日、BabyEntertainment)• 海側 すだぐね 【助動】 ~したくない すたっけ 【間】 そしたら。 もう一度チャンスを差し上げます」 解答者「 しじゃかぶ!!(ひざ)」 ブブー!!! 解答者のゴンドラは無情にも降りていきましたとさ。 しゃづ 【名】 スプーン、さじ じゃっけ あばた。 グラデーションはぁと ですよ 君のスキをください ダーリン 焦るな このときめきは深いぞ ふむふむ 興味あるぞ 『気になる』から『きゅん』 きゅんきゅん 『きゅん』から『どきどき』へ なんだ!? 使い方はこんな感じです! 「余ったおかず、冷蔵庫から出して置いたらあめるよ!」 意味)「余ったおかず、冷蔵庫から出して置いたら腐るよ!」 「ニオイをかいでみたけど、これあめでるど」 意味)ニオイをかいでみたけど、これ傷んでるよ。 からかう すっかど 【副】 すっかり、全部 用例:のごすどもってねがら すっかどくってすまわい 意味:残すともったいないので全部食べてしまいなさい すっからびる 【自動】 からからに乾燥する ずっく 【名】 ズック靴、運動靴 [辞書記載] すつける 【他動】 据え付ける。 するぬいい ~するのに都合がよい するぬことかいで (ほかにやることはあるだろうに)こんなことをするなんて ずるべまわる 【動】 1 目的地がはっきりわからないために、あちこち迷って目的地に着かないこと 2 這いまわること するよししゃね やり方がわからない。 しずねっこの うるさいっ! しずる 【他動】 (子供を)からかう。 さわす 【他動】 柿の渋を抜く(塩・ぬるま湯につける) [辞書記載] さんけ 【名】 三毛猫 さんけえりくらせる (注意されたのに対して)逆にやっつける。 これは赦せるけど、あれはだめ、とか、 コース理論の解釈ではどーのこーの、とか、 無意識に〝100%〟を避け、 自分の考えでやりたい、という部分を保持しながら、 天国へ帰ってゆくことを望んでいる。 気づかないうちに ししゃねっぷり 【名】 知らないふり ししゃねな 仕方がないなあ あきらめ口調 ししゃます 【名】 手こずる。 だんだん破れてくる (服が)すりきれてくる 口内炎ができる そっくり け゜って ふんぞりかえって そったらもの そんな(つまらない)もの そっぱ 【名】 出っ歯 [辞書記載] そっぺ 【名】 はぎれの板。 意味:食べるでしょう? 来るんでしょう? すべがだ 片付け方 すべる 【他動】 片付ける すまっこ 【名】 (部屋・箱などの)すみ すまづわれ 【形】 手のつけようがない すまぶり 宴会の席などで最後まで残って酒を飲んでいる人 すまる 1 【形】 閉めることができる、閉まる 2 【他動】 しまう すまんね 【形】 閉めることができない すみどうふ 高野豆腐。.

  • .

宮城の方言:仙台弁メモ【さ行】

すぐでるぞ お楽しみにですっ 宝物を一緒につくろっ 春夏…いつでも 秋冬…どこでも グラデな恋 しよ! 「さちぺ」とも言う さぢまり 【副】 (他のものより)先に さぐぐ 【副】 遠慮しないで。 引菜 しぇくせ 【形】 食べ物が腐って、すえた臭いがすること すけざむい 【形】 湿っぽくて寒い天気 (普通は湿っぽいときは暑く、寒いときは乾燥している) しけす か゜ま 【名】 火消し壷、燃えている炭を密封した壷に入れて消し炭を作る すけっぽい 【形】 (洗濯物や布団などが)しめっぽい。 (否定の言葉に使われる) 用例: そ け゜なごどきゅうぬづわってもでぎねっちゃ 意味:そんなこと急に言われてもできないですよ そこっと 【副】 こっそり そざす 【他動】 汚す。 なんだがかんだが なんとかそんとか なんだがかんだがってしゃんべってった なんとかそんとかって言ってたよ なんど あなた達 なんぼ なんて なんぼまんだいぐねわらすだば なんて悪い子でしょ にかむ しわになる ズボンにかんでまった ズボンがシワになったよ にぐらっと にっこり にげ 苦い にげ 二階 にこかこ ニコニコ にしってら 干上がっている にしずまる 煮物の水分が蒸発してしまった状態 にだる 沸騰する にっとどしてる しっかりしている にどまめ えんどう豆 にら 家の中の作業場? 前を向いて座ったまま後ろに下がる すんしょ 【名】 財産、身代 すんしょもづ 【名】 家計のやりくり、やりくり上手 すんすなよ ~しないようにしなさいよ。 しづつり 【名】 ひじ じっともす 【自動】 出された料理の量が多くて、見ただけでおなかがいっぱいになる じっともすた 料理が沢山用意されているので、おなかがいっぱいで食べきれない。 トレーナー氏いわく、 現在受け持っている22人の生徒さんの中で、 筋肉量、体脂肪率、体重、扱えるウェイトの重さなど、 どれを取っても、最年長である僕の肉体の変化が、 ずばぬけているのだという。 丁寧な質問 用例:はらくっつぐなった すか 意味:おなかいっぱいになりましたか す か゜ 【名】 (水溜りなどにできる)薄氷 すかげでで (ご飯を炊く釜を)セットしておいて 用例:ごはん すかげででけろ 意味:ご飯を炊いておいてください すかげる 【他動】 1 ちょっかいをかける 2 炊飯の釜をセットする すかすか 【副】 仕事の分担を抜けなく処理していく様子。 そのとおり 同様に、思ったとおりに そべぐった 失敗した そべっこ 【名】 甘えん坊 そべる 【自動】 甘える そまづにする ものを大事にしない、食べ物を残して捨てる [辞書記載] そらまど 【名】 屋根に開けた開閉式の窓。 しょ-う 【他動】 背負う じょう く゜づ 【名】 家の敷地への入り口 じょうぶん 【形】 元気にしている じょえんとなる 【他動】 足を伸ばしきる。 まあ、社長(新しい社長)は、 ただ普通に、淡々と話していたのだろうが、 このとき、僕にはなんていうか、 「もう、後のことはちゃんとやってやるから、 ぐずぐず言わず、とっとと帰ってこいっ!」 と、社長を通して聖霊から言われているように思え、 気が付けば 「はい。 すみる 【自動】 凍る [辞書記載] すもう 【自動】 味がしみる。 「~すたばんで」とも言う すたばんで ~してすぐに ずだぶぐろ 【名】 巾着からリュックくらいの大きさの何でも入る袋 [辞書記載] すたよわ ~しましたよ。 「〜 かい」【問いかけ、疑問、推測、ソフトな断定】 「これで合ってるかい」=「これで合ってる?」、「あんた風邪ひいたんでないかい」=「あんた風邪ひいたんじゃないの?」、「お父さん、そろそろ帰ってくるんでないかい」=「お父さん、そろそろ帰ってくるんじゃないかな?」、「飲まない方がいいんでないかい」=「飲まない方がいいんじゃない?」、「予定では明日じゃなかったかい」=「予定では明日じゃなかったっけ」 敬語 [ ] 北海道では、尊敬・謙譲の表現に当たる方言が用いられることがなく、敬語を用いる場面では共通語の敬語表現を用いる。 Copyright C 1994, 2018, Moritaka Ogasawara.

  • < 津軽弁 vs 札幌弁 > 似ている言葉集 津軽弁 札幌弁 意味 いたわしい いたましい もったいない おばんです おばんです こんばんは かっちゃぐ かっちゃぐ ひっかく かます かまかす かきまぜる くまる くぐまさる からまる したっきゃ したっけ そしたら こい こわい 疲れた なげる なげる 捨てる はんかくせ はんかくさい ばかじゃない? うずくまる じゃす 【名】 ジャージ(学校で使う運動着 これは祖母の時代の方言ではありませんが、 宮城県では広く使われていた方言なので載せました。 歌詞 ずいずいずっころばし ごまみそずい ちゃつぼにおわれて どっぴんしゃん ぬけたら どんどこしょ たわらのねずみが 米食って ちゅう ちゅう ちゅう ちゅう おっとさんがよんでも おっかさんがよんでも いきっこなしよ いどのまわりで おちゃわんかいたの だぁれ 関連ページ 「あんたがたどこさ」、「はないちもんめ」、「おちゃらかほい」、「ずいずいずっころばし」など、日本の古いわらべうたの歌詞の意味・解釈 『ずいずいずっころばし』、『一匹の野ねずみ』、『3匹の盲目ねずみ』など、ネズミに関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ。 本ブログでも書いた通り、 去年12月に日本へ出張した際、 東京本社への異動を打診されたのだが、 その時はまだ未知の生活への不安の方が大きく、 なんちゃらかんちゃら言い訳をして断っていた。 肉は食べるけど、鶏の胸肉はいやだ、とか、 朝ご飯は代謝が上がると知ってはいるけど、 自分には合わないから食べない、とか、 この種目は好きだけど、あの種目はやりたくない、 など、どうしても100%受け入れることをしない。 使い方の例を見てみましょう! 「私のカードとばくりっこしよう」 意味)「私のカードと(あなたのカードを)交換しよう」 「わたし野菜苦手だから、君のお肉とばくって~」「しょうがないな~、ばくってあげる」 意味)「わたし野菜苦手だから、君のお肉と交換して~」「しょうがないな~。 ~すべし すっぺったのおっぺったの あることないこと 用例: すっぺったのおっぺったのへらへらかだんな 意味:あることないこと、しゃべってはいけない すっぺど 【助動】 ~しようと 用例:はす っぺどすたっけすっころんだんだっちゃ 意味:走ろうとしたらころんだんですよ すっぺどもって ~しようとして すて ~したい。 用例:ほいづ さげあればいいんだげんとも 意味:それさえあれば、いいんだけれど さげもめ 土地の境界線についてのもめ事 ささ き゜ インゲン豆 [辞書記載] ざすざすする 【自動】 (すなぼこりなどで)床がざらざらすること さだ 【名】 裁判 さちぺ 【名】 先端。 レンタルイカせるだけの人【フルカラー】 年齢指定:18禁 作品形式:マンガ,単話 ファイル形式:専用ビューア ページ数:29 ジャンル:,,,, ファイル容量:20.

  • .




2022 www.electionhackathon.com