個人 住民 税 と は - 住民税と市民税の違いは何か?税金についてわかりやすく解説!

は と 住民 個人 税 総務省|地方税制度|個人住民税

は と 住民 個人 税 総務省|地方税制度|個人住民税

は と 住民 個人 税 年金を受給している65歳以上の方の個人住民税(市民税・県民税)特別徴収制度

は と 住民 個人 税 住民税の計算方法と納付方法をわかりやすく徹底解説【2021年】 [税金]

は と 住民 個人 税 個人住民税とは|富士見市

個人事業主が知っておくべき個人事業税と住民税額の仕組み

は と 住民 個人 税 個人住民税とは? 計算方法と税金対策について解説

は と 住民 個人 税 個人住民税とは|富士見市

総務省|地方税制度|個人住民税

は と 住民 個人 税 住民税と市民税の違いは何か?税金についてわかりやすく解説!

は と 住民 個人 税 個人住民税の「特別徴収税額」とは何?経営者なら知るべき特別徴収制度の基本

は と 住民 個人 税 個人住民税と特別徴収について |

年金を受給している65歳以上の方の個人住民税(市民税・県民税)特別徴収制度

課税譲渡所得 *1 取得費 … 売却した資産を取得したときの購入代金や購入手数料などです。 普A 事業所の総従業員数が2人以下 (他の区市町村を含む事業所全体の受給者の人数で、以下の普B~普Fの理由に該当して普通徴収とする対象者を除いた従業員数) 普B 他の事業所で特別徴収 普C 給与が少なく税額が引けない。 東京都の例: ・区市町村民税 … 3,000円 ・都民税 … 1,000円 平成26年度から平成35年度までの間は、都民税額:1,500円・区市町村民税額:3,500円(区市町村により異なります。 所得の種類 内容 営業等所得 販売・製造・修理・飲食店・サービス業等の営業または外交員・大工・漁業・畜産業などから生じる所得 農業所得 米・野菜・花・果樹などの栽培、農家が兼営する家畜の育成の事業などから生じる所得 不動産所得 地代・家賃・建物や土地の貸付などにより生じる所得 雑・年金所得 公的年金収入、生命保険契約に基づく個人年金、講演料などの所得 給与所得 勤務先から受け取る給料・賞与などの所得 利子所得 預貯金や公社債の利子、貸付信託等の収益の分配などにかかる所得 配当所得 株主や出資者が法人から受ける配当や公社債信託以外の証券投資信託の収益の分配にかかる所得 山林所得 山林を伐採して、または立木のまま譲渡することによって生じる所得 一時所得 生命保険の満期返戻金、賞金、競輪等の払戻金など他の所得に該当しない一時的な性質の所得 譲渡所得(総合課税) 土地・建物以外の資産(骨董品・車両・機械・特許権など)の譲渡による所得 譲渡所得(分離課税) 土地・建物などの譲渡による所得 退職所得 退職に際し、勤務先から支給される退職金、一時恩給などの所得 所得控除の種類 所得控除とは、納税者に扶養親族がいるかどうか、病気や災害などによる出費があるかどうかなどの個人的な事情を考慮して、その納税者の実情に応じた税負担を求めるために、所得金額から差し引くことになっているものです。 人的控除の差に基づく調整控除 課税所得金額 減額措置 200万円以下 A と B のいずれか小さい額の5%(市民税3%・県民税2%)を所得割額から減額します。 根拠条文 〈地方税法32条、34条、35条、37条~37条の4、38条、39条、41条、313条、314条の2、314条の3、314条の6~314条の9、318条~320条、321条の3、321条の5、321条の7の2〉 5 個人住民税の所得金額 前年1年間の収入金額から、必要経費等を差し引いた金額のことです。 【税額や計算方法等に関する具体的な内容について】 【ふるさと納税について】 寄附先の自治体の担当課 《参考》 【特別徴収の手続について】 従業員の方がお住まいの区市町村の住民税担当課 【特別徴収の推進にかかるチラシ、取組について】 徴収部個人都民税対策課 03-5388-3046 【その他の内容について】 課税部課税指導課個人事業税班 03-5388-2969 個人住民税の概要 1 個人住民税とは 個人の都民税と区市町村民税はあわせて、一般に「個人住民税」と呼ばれています。 区分 所得割 均等割 1月1日現在、都内に住所がある方 かかる かかる 1月1日現在、都内に事務所・家屋敷を持っている方(借りている場合も含むが、貸している場合は除く。 ) 根拠条文 〈地方税法50条の2~10、328条~328条の16〉 12 土地・建物等の譲渡所得にかかる住民税 譲渡所得は、不動産、機械装置などの資産を売却したときなどの所得で、その他の所得と合算して税額を計算するのが原則です。 税額控除 配当控除 市民税 県民税 課税標準額が1,000万円以下の部分 1.

  • 主な所得控除の例: 基礎控除金額 所得税=38万円、住民税=33万円 生命保険控除 所得税=最大12万円、住民税=最大7万円 地震保険控除 所得税=最大5万円、住民税=最大2万5千円 また、その他、課税控除や調整額など、自治体によって多少の税額(税率)の差異があります。 根拠条文 〈地方税法37条の2、314条の7、地方税法施行令7条の17、48条の9〉 10 寄附金(東京都条例指定寄附金)を受領する団体の方へ 寄附者が個人住民税の税額控除を受けるためには、確定申告書に領収書等を添付する必要があります。 社会保険料控除 国民健康保険税・国民年金・介護保険料などで前年中に支払った額 小規模企業共済等掛金控除 前年中に支払った共済掛金の額 生命保険料控除 一般の生命保険料、個人年金保険料および介護医療保険料の支払額がある場合の控除です。 個人住民税の額の決まり方 個人住民税は、おおきく「 均等割」と「 所得割」の2種類の税から構成されています 「 均等割」というのは、所得にかかわらず、住民に定額の負担を求めるもので、通常、都道府県民税として1,500円、市区町村民税として3,000円と定められています(合計で4,500円) 一方、「 所得割」は、所得に応じて負担するもので、通常は、前年の所得(給与や年金などの所得)に対して税率10%で算定されます(都道府県民税として4%、市区町村民税として6%など) なお、土地などの譲渡による譲渡所得については、通常、他の所得と区分して課税されます また、一定の配当や株式等の譲渡益については、県民税配当割・県民税株式等譲渡所得割として特別徴収の方法によって課税されています 標準より高めの自治体もあります 個人住民税は「 超過課税」といって、標準より高めの税率を課すことが認められています 都道府県民税の「均等割」では、実に37団体が標準である1,500円より高い均等割をとっています (岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、神奈川県、富山県、石川県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県) 37団体が超過課税しているとなると、都道府県民税「均等割」が、標準とされる「1,500円」の都道府県のほうが少ないのが実状です 都道府県民税「均等割」が最も高いのは、宮城県の2,700円 神奈川県の都道府県民税「均等割」1,800円も、全国的にみると高くはないようです これに対して、 市町村民税の「均等割」で超過課税を行っているのは、• 根拠条文 〈地方税法23条、34条、314条の2、地方税法附則4条の4〉 8 個人住民税の税額控除 税額控除とは、税額を算出した後にその税額から差し引く額のことで、住民税には次のような控除があります。 ) 普E 事業専従者(個人事業主のみ対象) 普F 退職者又は退職予定者(5月末日まで) (休職等により4月1日現在で給与の支払を受けていない方を含みます。.

  • 根拠条文 〈地方税法38条、310条、地方税の臨時特例に関する法律〉 4 納める時期と方法 給与所得者については、6月から翌年5月までの毎月の給料から特別徴収されます。 申告書は、その年の 1月1日現在における住所地の市 区 町村に対して、毎年 3月15日までに提出しなければならないこととされており、原則として市 区 町村内に住所のある人全員に申告義務があります。 配偶者の合計所得金額 本人の合計所得金額 900万円以上 900万円超 950万円以下 950万円超 1000万円以下 48万円超~100万円以下 33万円 22万円 11万円 100万円超~105万円以下 31万円 21万円 11万円 105万円超~110万円以下 26万円 18万円 9万円 110万円超~115万円以下 21万円 14万円 7万円 115万円超~120万円以下 16万円 11万円 6万円 120万円超~125万円以下 11万円 8万円 4万円 125万円超~130万円以下 6万円 4万円 2万円 130万円超~133万円以下 3万円 2万円 1万円 133万円超 ー ー ー 扶養控除 前年の合計所得金額が48万円以下であり、他の人の扶養控除の対象になっていない、生計を一にする配偶者以外の扶養親族がいる場合に控除が受けられます。 根拠条文 〈地方税法37条、37条の3、37条の4、314条の6、314条の8、314条の9 地方税法施行令7条の19、48条の9の2、地方税法附則5条、5条の4〉 9 個人住民税の寄附金税額控除 【寄附金税額控除の概要】 地方自治体や一定の団体等に対して2,000円を超える寄附金を支払った場合、個人住民税から税額控除することができます。 )を超えた人が均等に負担するもの 所得割 個人住民税のうち、その人の所得金額に応じて負担するもの 税率 均等割の税額• 、 根拠条文 〈地方税法23条、24条、39条、292条、294条、318条〉 2 個人住民税の所得割 所得割は、前年の所得金額に応じて課税されます。 区分 控除額 地震保険料 年間支払額の2分の1(上限25,000円) 長期損害保険料 (期間10年以上満期返戻金あり) 平成18年末までに締結したものは、旧長期損害保険料控除が適用できます。 住民票の続柄に「夫 未届 」「妻 未届 」の記載がある人は該当となりません。 ただし、「 前年中の所得が給与のみであり、給与の支払者から給与支払報告書が市 区 町村に提出された人」および「 前年中の所得が公的年金のみであり、公的年金の支払者から公的年金支払報告書が市 区 町村に提出された人」については、申告義務が免除されます。 (ア)新しい会社に就職し、引き続き特別徴収を申し出た場合 (イ)6 月1 日から12 月31 日までの間に退職した方で、残りの税額を退職金等からまとめて特別徴収されることを申し出た場合 (ウ)翌年1月1日から4月30日までの間に退職した方で、5月31日までの間に支払われる予定の退職手当等が残りの税額を超える場合(ただし、(1)に該当する場合を除きます。 課税条件(事業所1つにつき) 均等割額 資本金等1000万円以下 従業員数50人以下 7万円 資本金等1000万円以下 従業員数50人超 14万円 資本金等1000万円超1億円以下 従業員数50人以下 18万円 資本金等1000万円超1億円以下 従業員数50人超 20万円 資本金等1億円超10億円以下 従業員数50人以下 29万円 資本金等1億円超10億円以下 従業員数50人超 53万円 上記の表は、東京都の特別区内にのみ、事業所が1つ存在する場合の均等割額を指しています。 課税長期譲渡所得 税 率 6,000万円以下の部分 4%(所得税・復興特別所得税10.

個人住民税の「特別徴収税額」とは何?経営者なら知るべき特別徴収制度の基本

.

  • .

  • .




2022 www.electionhackathon.com